上水内山岳ロードマラニック

今日はこんなのやってきました。

 

地図を渡して、ルートを巡る山岳ロードのイベントです。

 

ちょっと実際とは違いますがこんなコース。

 

飯綱町から信濃町の山岳ロードをラウンドしてくる感じで。

ほとんど平らなとこは最後だけで、アップダウンの多いコースです。

 

ちょっと地図もきれいに作成できず、かなり苦戦したかも・・・

 

kamiminochi

20名の参戦&自分はちょっとやることあり、途中で帰還でしたが。

 

2名は30kmの黒姫駅まで、他は50km超えで完走でした。

 

kamiminochi

例年だと田んぼはまだ雪が残るのですが。

 

フキノトウも大きくなり、春が早いです。

幸い、雨にも降られることなく、走れば暑いぐらいでしたが。

 

ご参加のみなさん、お疲れさまでした。

一応結果

kamiminochi

 

最初はスローペースでしたが、途中から上げていたそうで。

 

※明日の五里ヶ峰は雨予報なので中止とします。

4月18日まで意外に時間が無いですね。

4月18日長野トレイルマウンテン

こんな状況下にて不謹慎かもしれませんが。

人の移動を伴うことを、この状況下でやっていいものかどうか悩みましたが。

長野マラソンの受付予定日に山のイベントやりたいと企画しました。

 

詳しくはこちら

 

先の見えない状況ですので、当然中止の可能性はあります。

参加費は地図と引き換えにて当日渡しにて、

先の見えない状況ですので随時、キャンセルはOKにしています。

 

募集人数も50名ぐらいでこじんまりとしたプライベートイベントです。

 

概要マップです。

基本は40kmコースになります。

どなたでもご参加しやすく、山の区間が多い、おすすめコースです。

 

長野マラソンを意識してますので、最後は岩野橋から長野マラソンコースにて

南長野運動公園をゴールにしています。

 

7時半スタートで、17時制限ですが、無理なく戻ってこれると思います。

エイドは五里ヶ峰と鏡台山の鞍部と、ゴールの南長野で何か用意します。

 

合わせて4名ぐらいスタッフを募集します。

最悪自分一人でも何とかできると思いますが、ちょっと大変なのでご協力いただければ助かります。

 

ちょっと40kmでは物足りない方に、ツールド長野のコースで申し訳ありませんが。

プラス60km超で店舗ゴールの100km設定しました。

 

エイドはスタッフが集まれば前提にて、馬超峠と大峰山とゴールの店舗の3か所

店舗は自分が常駐しているので、最小限の形ですが安全管理はしたいと思います。

 

基本は40kmと100kmの2本になります。

ぜひお気軽にご参加いただければと思います。

 

正直こんな状況下ですので人の移動を伴うことは自重すべきかな?とは思いましたが。

こんな状況下だからこそ、みんなに元気に山で遊んでもらいたいと。

もちろん先の状況が見えないので、開催は流動的にはなってしまいますが、準備はしておこうと。

もしダメなら、またの機会にやればいいかなと。

 

※200kmも

たぶんお申し込みはほとんど無いと思いますが、100%自己完結スタイルで、サポートゼロで200kmも一応設定してます。

100km走ってのさらに100kmなので、選手の判断能力低下を考慮して、ロードがメインです。

店舗は自分が常駐するので、万が一の時は連絡もらう形ですが、基本自己完結で全て安全面など自己判断いただきます。

 

基本は40kmで、物足りない方は100kmという形でやりたいと思います。

 

もしご興味があればお気軽にご参加ください。

スポルティバ ウルトララプター

スポルティバの「ウルトララプター」

前身のラプターから考えるともう10年以上変わることなく販売しつづけています。

 

唯一無二のトレイルランシューズとなりました。

 

ウルトララプターと同性能のタイプのシューズが本当に無い。

軽量性最優先で、本来の足をしっかり守ってくれるトレランシューズが少なくなってきています。

 

今年はこのカラーが追加に

ウルトララプター

詳しくはこちら

 

アッパー部分に関しては

●つま先部分のしっかりした補強によりつま先が岩に当たる際のガードをしてくれます。

 

●両サイドに岩の擦れとかでもしっかりガードしてくれる素材を二重で補強

 

●両サイドのしっかりしたシューレースからの包み込み(ホールド)をしっかりしてくれる補強

 

●踵には今どきのトレランシューズにはない、しっかりしたヒールカップでがっちり踵をホールド

 

上記4点だけでも今こんなに守ってくれるトレランシューズはほとんど無いです。

 

ウルトララプター

 

スポルティバといえば抜群のグリップ力と抜群のホールド性ですが。

10年以上変わらない抜群のグリップ力と足をしっかりホールドしてくれている性能があります。

 

とくに濡れた岩場でのグリップ力は、昨年のユニカに次ぐレベルです。

※ほかのメーカーのシューズはグリップ力に関してはスポルティバのどのシューズにもかなわないと思いますが。

 

ウルトララプター

このつま先、とこのヒールカップ

とことん守られています。

 

新しいシューズが次々発売される中、10年以上店で展開していますが。

このシューズでないとダメというお客さんが多いんです。

 

自分も毎年は新調しませんが、必ず使える状態のウルトララプターは一足はキープしてます。

とくにアルプスなどの岩場やガレ場の多いところでは。

「ウルトララプター」「アキラ」が絶対で

昨年は「ユニカ」愛用してましたが、廃盤になる方向ですので。

 

他のメーカーでは、サロモンのXAプロ3Dが、唯一しっかり足を守る系ですね。

サロモンのXAプロ3D・ゴアテックスもほんとベストセラーで大きく変わらない。

こちらも店頭で今割引販売中です。

 

初めてトレランシューズで登山をしてみようかな?というかた。

もっと身軽なシューズで楽に山に登りたい方。

絶対この「ウルトララプター」がおすすめですよ。

土日ツアー

3月21日、22日も朝のツアーでした。

 

21日は、もし長野マラソンが中止の時に開催する

「長野トレイルマウンテン」の地図作成のための下見を兼ねて

 

南長野〜妻女山〜天城山から屋代方面へくだり

森将軍から千曲川堤防へ〜南長野へ

 

実際はさらに山をラウンドするので、40kmぐらいになります。

 

321run

お天気は最高でした。

 

自分的にはまだまだ底から抜け出せない感じです。

とにかく走れない、体が自分の体でない感覚です。

コツコツやるしかないですね。

 

22日はしばらくお休みしていたファミリーツアー再開。

 

あいにくの天気予報でしたが、なんとか最初はやりたいと思い決行!

駐車場最上部に変更して、雨が降る前に!と思い

 

いざ茶臼山へ。

 

322chausu

アルプスは見えませんでしたが、まあいい感じの景色でした。

 

322chausu
茶臼山の看板の位置が変わってた。

 

ファミリーツアーはまあボチボチとのんびりやっていきます。

 

多分次回は4月12日(日) 5月5日子供の日にはやると思います。

ぜひお気軽にご参加ください。

 

春らしくなってきて、山はいい感じです。

里山の一番いい季節。

 

3月〜4月は自分が一番好きな季節。

なんかいろんなことが前向きになれる季節だと思います。

 

下のチビが保育園入園になるし、上の子もこの一年でだいぶ成長したし、

暗いニュースが多い中ですが、楽しんでいきたいですね!

善光寺トレイルツアー

今朝は

 

 

のんびりとラウンドしてきました。

時折雪がちらつきましたが、寒いという感じではなく。

 

長野の里山トレイルを楽しめました。

 

320kazu1

パワーポイント

ここからの市内の眺めが好きです。

遠すぎず、近すぎず、長野市街がよくわかります。

 

320kazu2

地附山

 

320kazu3

葛山

 

今日はここから静松寺まわりで頼朝山へ。

往生時へのトレイルは相変わらず倒木多かったです。

 

4月の善光寺ラウンドトレイルはどうなるんだろう?

ぜひこのトレイルを楽しんでもらいたいですね。

 

道中、長野マラソン開催されるか話題になりましたが。

ほぼ中止で決まりかなという雰囲気です。

 

もう山に行くしかない。

明日は長野マラソン中止時のプライベートイベントの試走兼ねて。

 

ずっとレース出てないけど、そんなにレースに固執しなくていい気分です。

マイペースで山を楽しむには長野は最高の環境ですので。

 

ご参加の皆さん、お疲れさまでした。

ALTRA ロードシューズ

今朝ポストを開くとこれが入っていた。

長野

 

お!開催することに決まったのか!よくこの状況下でこの決断したな!

と感心していて。

 

HPの内容からは、やる方向で、コロナ対策の協議を25日にするみたいです。

さすがにこのタイミングでナンバーカード発送して中止はないでしょう。

中止の可能性があれば、発送経費をかけて、この状況下で発送しないでしょう。

 

でもまだ心の奥では「ほんとに決行するのかな?」的なところがあり、

でも開催になれば長野の一大レースなので、コロナ対策には全面協力していきます。

 

【ALTRA ロードシューズ】

台風19号災害後、リニューアルオープンして商品は入荷してきているのですが。

全然紹介できていない・・・

 

まずご紹介するなら台風19号災害で多大なご協力をいただいた「ALTRA(アルトラ)」からだなと!

 

実は被災前にオーダーしていて、入荷できない状況下になり、やっと入荷できたモデル。

エスカランテ

「エスカランテ・レーサー・2019ニューヨーク」

詳しくはこちら

 

エスカランテ

 

200gを切る軽さ。

抜群の足を包み込むフィット性

軽量な割に高いクッション性

抜群の通気性

 

ここんところのアルトラのシューズはとにかくフィット感が向上している気がします。

かなりスピードを上げても、シューズ内でずれる感覚はほとんどないと思います。

 

アッパーの素材も固くなく、粗いメッシュなので通気性が抜群。

 

本当にハーフとかフルの勝負シューズになると思います。

 

ここまで軽くなくていいから、もう少しクッション性が欲しい方!

トーリン

「トーリン4」

詳しくはこちら

 

このトーリン4は、ウルトラでも十分通用する、ソフトな柔らかいクッション性と衝撃吸収性があります。

とにかく硬さがないです。

 

そしてフィット性とかかとのホールド性が高いです。

足先は楽だけど、甲と踵のホールドがいいので、足入れの感じが抜群にいいです。

 

トレランシューズもそうですが、足のホールド感と踵のホールド感はとても大事だと思います。

シューズ内でズレるというのは靴擦れの原因だし、ストレスを感じます。

 

258gと決して軽量の部類ではありませんが。

 

トーリン

しっかりソールにはラバーが張ってあるので、安定性は抜群です。

 

足への衝撃を最小限に抑えて走りたいランナーにはお勧めです。

4時間切り、5時間完走など目指す方にはいいと思います。

 

あとは練習とか、ウルトラなど長距離ロードにお勧めです。

 

【アルトラ】

アルトラ知らない方へ

 

 

アルトラはやっぱりベアフット系のシューズなので踵着地にならず、

フラットかフォアフットでの着地が自然とできるので、一番安定した理想的な走り方になります。

指先は5本の指がしっかり使えるように広くなっているので、

圧迫感がなく、幅広の方や外反のかたも楽に足入れできます。

 

要は素足で走る一番自然なフォームで走ることができるシューズです。

フォーム矯正にもとてもいいです。

 

ファンの多いブランドです。

3月これからのツアーなど

コロナで自粛自粛・・・中止中止・・・でうんざりですが。

プライベートな登山は、コロナの脅威はほとんどなく、安全との報告がネットに出ていた。

※バス移動とかは良くないみたいですが。

 

ランニングもプライベートレベルでは全く影響はないとのこと。

 

個人レベルのツアーやイベントを3月、4月は企画していきたい。

 

とりあえず3月。

久々にトレイルマウンテン系入れました。ロードですが、自分の好きなおすすめコース。

trail

 

328

詳しくはこちら

 

ほぼ中止が想定される長野マラソン練習会は企画する気分ではなく。

気持ちのいい山岳ロードを各自のマイペースで走る感じ。

 

コースはこの時期おすすめ。

通常だと、雪が残るコースですが、今年は全く問題なし!

 

あとようやく家族ツアーも再開します。

family

学校が臨時休業中はさすがに躊躇しましたが、春休み中なら問題なしかな。

今日終業式で学校行っているし!

 

322

詳しくはこちら

 

3月20日から茶臼山恐竜公園営業再開とのことで!

初めの1歩ここからかな!

 

ぜひお気軽にご参加ください。

 

あと初心者向けトレイルランを少しまた再開していこうかと。

first

 

原点回帰で、トレランに興味あるけど、何から始めればいいのかわからないかたもいると思うので。

 

320

詳しくはこちら

 

329

詳しくはこちら

 

あと長野マラソン中止の際のイベントの試走兼ねて

321

詳しくはこちら

 

今まで自分の力のほとんどを完全復興に注いでいたので、なかなかツアーに集中できない部分はありましたが。

店舗も何とか復興リニューアルして、本当にいろんな大きな問題を何とか1つ1つクリアできつつあり。

 

ツアーやイベントにもやっと集中できる環境ができてきました。

やっと自分も少し走れる環境ができつつあります。

 

コロナショックは想定外で・・・商売的には影響はかなり大きく新たな問題がどんどん積もっていますが。

自分的には原点回帰できる気がする。

 

2020年は本来の山を純粋に楽しめるいい機会かなと。

レースのトレーニングではなく、山を純粋にエンジョイできるかなと。

 

2020年は原点回帰の年と位置付けて、いろいろとやりたいですね。

 

ぜひツアーやイベントなどお気軽にご参加ください。

こんな時こそ遊びましょう!

CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power



trailmountain

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.