NEWクロスオーバードーム

crosstag

 

詳しくはこちら

 

ストックシェルター同様生地が大幅に向上しました。

 

croo

 

耐水圧1.5倍 そして 透湿性1.9倍 さらに 軽量に!

 

ストックシェルターも同じ生地になりますが。

緊急時対応のストックシェルターに対して

 

積極的使用に向いている「クロスオーバードーム」

 

確かに結露はしますが、ベンチレーターもついていて換気にかんしては問題ないかと。

シームシーリングされているので、雨漏りも相当の雨でなければ。

グランドからの浸水はテント同様ありますが。

 

とにかく重量が軽い!

一人用で630g。(究極の一人用なら540g)

 

500mlのペットボトルにちょっとしたお菓子を付けたぐらいの重量です。

 

これで防水で完全自立するなら、積極利用ももちろんですが

万が一に備えて携帯するのもありかもしれない。

 

なにせ、今年は山小屋は完全予約なので、日帰りが中心になるかもしれません。

万が一体力的に下山できない場合を考えれば。

 

もちろんこれだけでは寒くて寝れないので。

最低プラス、マットとビビィぐらいは必要ですが、最低限なら2点でプラス300g

※ザックを敷く前提ですが

biby

 

1kgあれば全部着込めば最悪一晩ぐらいなら何とか寝れると思います。

それでもかなり寒いので夜中目を覚ますと思いますが。

 

それでも今年は山小屋事情が例年と違うので、備えは必要になるとは思います。

 

今年はテント泊も予約制の場所が増えると思います。

事前にご確認いただいてから、山に入ることをおすすめします。

 

山は自己責任ですし、今年は例年以上に安全面を考慮する必要があるかと思います。

自分も気を付けたいと思います。

 

7月ツアー&家族ツアー

明日6月30日(火)ですが私用のため臨時休業とさせていただきます。

 

【7月のツアー】

7月のツアー予定をHPにアップしました。

 

山小屋などの営業再開予定などを考慮しつつ。

軽快登山メインのツアーにしました。

7月はアルプスツアーも入れましたが、今シーズンは山小屋営業開始が遅いので

まだ高所順応できていない方がほとんどと思い、軽めの定番初級コースにて!

 

とにかく山を半日で楽しむ、軽く、快適な登山スタイルにて!

 

74

詳しくはこちら

 

75

詳しくはこちら

 

712

詳しくはこちら

 

718

詳しくはこちら

 

723

詳しくはこちら

 

725

詳しくはこちら

 

トレマン家族ツアーも様子見でしたが。

だいぶ学校の規制も緩んできたようなので、7月19日から再開いたします。

kazoku

 

kazoku

詳しくはこちら

 

まだまだ状況を見ながらのツアーとなりますが。

これから本格的な夏山シーズンも始まります。

 

ツアーを企画する際に山小屋予約状況など見ていると。

今シーズンに関しては、日帰り登山が主流になりそうですね。

 

北アルプスに関しては無理しない範囲で、営業していない山小屋のエリア縦走は控えてほしい感じに書かれていました。

今年は事前に情報収集してからの登山計画を立てて行かないといけないですね。

 

状況が状況なので、秩序を守るのは大事だと思うので、自分も注意しながらツアー遂行したいと思います。

 

鳥甲山撤退

この時期はまず定休日に山に行けることはなく。

毎週展示会でしたが今年はコロナで無いので。

 

ホントは2人で山に行く予定でしたが。

下の子が自分が休みなのに気づいたかどうかわかりませんが。

 

朝ごはん中、具合悪いとか言い出して。

「じゃあ保育園休んで一緒にお山行く?」って言ったら

「お山行く!」って急に元気になり。

 

元々行こうと思っていたのが、登山者がまずいないだろう

「鳥甲山」

志賀からは通行止めで行けないので、登山口まで木島平抜けて行きました。

結構遠かった。

 

それ以上に、息子を背負う想定でなかったので。

あの急斜面と岩場、鎖場でバテた。

自分も重い荷物背負って登ることがなかったので、いっぱいいっぱいでしたが。

 

妻も熱中症ぽくなってしまい、子供もいるので安全最優先で撤退。

まあいいトレーニングにはなりました。

 

上の子の帰ってくる時間もあったので、あのまま行っていたら間に合わなかったな。

 

今度は下のチビがいるときは近場の山だなと。

しかしもう歩いてもらわないと、背負うのはしんどい体重です。

昔なら何ともない重さだけど、今は無理!

逆に息子背負って、少し筋力戻す努力をしてもいいのかもな。

 

29歳ぐらいの時は重い荷物ばかり背負ってテント泊ばかりしてて、今より足が太かったけど。

走るようになり、重い荷物背負わなくなり、足は細くなった気が(お腹は太くなりましたが)

 

今年は、山小屋開けたら、超軽量テント泊も!

水曜日に泊まって、木曜朝下山〜仕事。

昔はよくやったけど、子供生まれてから、あまりしてないな。

 

今年はレースも無いし、トレーニングでなく、楽しむ山登りをやっていこうと思います。

 

【ツバメちゃん】

おととい確認

suzume

2羽

 

今日来たらもう1羽いるのを確認したけど

なかなか姿を現さず。

suzume

 

遠くからズームで見ているけど、警戒するといけないので

チラ見ぐらいなんですが。

 

自分の毎日の楽しみです!

雛が生まれてから成長していくのを毎日見守っています。

懐かし SAVAGE GTX

今年の夏は、「1DAYアルプス軽快登山」

をする方が増えてくるのかな?と思っております。

 

そうなると足元も軽く!グリップ力抜群の

登山対応のトレランシューズがかなりおすすめポイントになるかな!

 

廃盤になっていたのですが。

メーカーにちょっとだけ在庫が出てきたので、店頭展開してます。

 

savage

スポルティバ 「SAVAGE GTX(ゴアテックス)」

 

ウルトララプターを防水にした感じです!

 

ソールパターンもウルトララプターと同じパターンです。

savage

 

自分も履いていたのですが、さすがに履きつぶしてしまい。

まだ上の子が小さかったので。

キャリーに背負って、燕岳にこのシューズで行った記憶があります。

 

ウルトララプター同様

安定性、岩場での抜群のグリップ性、足をしっかり包み込むホールド性

がいいので、かなり愛用しておりました。

 

防水タイプが欲しいというお客様も多いので!

ちょっとご紹介しています。

 

売り切れ次第完売となりますのでご了承ください。

 

毎年、6月〜7月は毎週展示会で定休日も東京出張で休みがなかったのですが。

今年はコロナの影響で、ほぼ展示会は中止となり、少し山に行く時間がとれるかも。

 

「1DAY軽快登山」が今年のメイン活動になりそうです。

個人的にはレースも無いし、のんびり山を楽しみたい気分です。

 

 

ストックシェルター・バージョンアップ

トランスジャパンアルプスレースでも

多くの方に使っていただいている。

「ストックシェルター・PRO」

詳しくはこちら

 

2020年本体生地がバージョンアップして入荷しました。

 

shelter

 

2020年モデルは、10dnの高強度極薄・日本製素材を本体に新採用。

パネル素材は特殊な防水透湿PUコーティングを国内加工し、

耐水圧は2019年モデルの約1.5倍、透湿性は約1.9倍と大幅に性能アップしています。

さらにパネル自体に通気性能を持たせることでより結露を軽減しています。

この高強度極薄素材は、織糸に特殊な強力糸を使用することで、引裂強度を上げながらも、さらなる軽量化を可能にしています。

 

重量も軽量になり本体で約210gぐらいです。

 

2020年は本来ならトランスジャパンアルプスレース開催の年でしたが。

コロナで早々に延期が決まり。

例年よりは売れないかな?と思い、正直あまり数量は多くは作りませんでした。

欲しい方はお早目がおすすめです。

 

TJARは延期となりましたが、今年はおそらくアルプスも1DAY日帰りの方が増えると思います。

自己責任の要素が例年以上に求められていくと思います。

 

万が一のエマージェンシー用としても、ストックがあれば簡単設営できるし、軽くて荷物になりません。

今年の夏山の備えにいかがでしょうか?

 

【アルプス】

ちょっと自分もあんまりチェックしていないので、いい加減なことも言えないのですが。

山小屋での宿泊制限や、山小屋休業もあり

今年の夏のアルプスは山行スタイルを変えるかたも多くなるのかなと思います。

 

これから色んなスタイルのご提案ができればと思います。

 

ツアーの団体の登山のかたは減るのかな?

逆にマイカー登山者が増えて駐車場が混むのかな?

もしかしたらアルプスは今年は行かないでおこうという人が増えるのかな?

全て推測で正直どうなるのかわかりません。

 

ツアーの次のステップで夏のアルプスツアーをどういう形にするか悩ましい状況です。

どちらにしても山小屋が開くまでは、アルプスは自重しますが。

 

皆さんはどんな感じで計画していますか?

戸隠・飯綱ツアー

今朝は、戸隠中社ゲレンデスタートにて、西登山道経由で飯綱山へ。

そこから瑪瑙山へ下り登りで、ラストは五岳コースでスタート地点へ。

 

できるだけ登山者の少ないコースと思い。

一の鳥居からは避けて、このコースにしました。

 

西登山道で2人ペア1組

飯綱山分岐からソロで2人

瑪瑙山手前で2人ペア1組

 

今日は登山者少ないのかな?

帰りも一の鳥居の駐車場はそれほどでもありませんでした。

微妙なお天気だったからかな?

 

戸隠に向かう車もさほどでもなく、静かな戸隠の様相でしたが、まあ9時過ぎでしたので。

 

iiduna1

変な天気で登山口よりも標高低い場所は雨ぽつぽつでしたが(車にて)

上に上がるとどんどん天気が回復していく感じでした。

 

写真まで上がると青空も見えるし、いい感じで涼しく快適でした。

 

iiduna2

 

全行程、ツアー専用フェイスマスクを着用いただきました。

マスク着用に気づかず、マスク上から補給しようとするかたもいたぐらい着用感は無いかも。

 

登山というか、後々のランニング系のツアーも想定してて、

着用しててもしていなくても、同じように呼吸できます。

 

お陰様で、マスク関係もご好評いただき、ありがとうございます。

 

今はわらびが採れます。

スキー場は食べきれないぐらい出てます。

iiduna3

 

今日も、のんびり系ツアーで早い時間に終わりました。

 

しばらくは、様子みながらのツアー構成になります。

トレマン家族ツアーもやりたいのですが、現在の小学校のコロナ対策の対応を考えると。

まだ子供達を集めるのは時期尚早すぎるかなと。

もう少し様子を見させてください。

 

今回は前回よりもご参加人数は多かったですが。

全員マスク着用いただいたのはツアー責任者としてはメンタル的に楽です。

 

人数が多くても、マスクしているだけで、今回すれ違った登山者もかなり好意的な感じに感じました。

 

とにかく今回のコロナでは、いろんなことを慎重に、細心にやらないと、色んな方が色んな感じ方をするので。

今回で、何となく、7月には次の段階に行けるといいかなと思いました。

 

ほんと登山ガイドや一般的な登山のツアーは今年はいろいろ苦心されるのかなと思います。

登山業界全体が今年はほんと大変です。

 

トレイルランに関してはもっと一般登山者への細心の気遣いが必要になりそうですね。

長野ではそうでもないけど、色々言われている部分もあるし。

 

とにかく、今、大事なのは理屈とか理論ではないんですよね。

多くの人がコロナに対して敏感になっている心の問題だと思います。

登山に限らずですが、WITHコロナという以上色々他の方への気遣いが今まで以上に必要になりそうですね。

ツアー

6月20日(土)と28日(日)ツアー予定アップしました。

とりあえず登山ツアー系のみにしております。

 

tour

詳しくはこちら

 

tour

詳しくはこちら

 

6月中はちょっと様子見の感じでツアー再開しております。

県外からの登山者も増えると思います。

 

他の登山者にいろいろ不安を与えないように。

ツアースタイルを模索できればと思います。

 

ラン系のツアーも再開模索中です。

街中グループランはまだやるには時期尚早だし。

やるなら林道系になるんですが。

 

米子や破風高原は車は通行止めみたいだけど、走りはいいのかな?

ちょっと情報あれば教えてください。

 

想像以上に台風19号の影響があちこちで起きていて。

改めて強烈だったんだなと。

 

店の周囲は取り壊しが進んでいます。

再建を諦めて、取り壊ししているのを見ているとちょっと気が滅入ります。

 

今の自分の密かな癒しは、店に巣を作っている燕ちゃんです。

まだ雛はいないのですが、見守り中で、ライトもつけないようにしてます。

 

最近は鳥の鳴き声とかに癒されるようになりました。

年をとったのかな?心が疲れているのかな?

 

まあ山はいいですよね。癒されますよね。

レースも無いので、しばらくはのんびりと楽しめればと思います。

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

mask

face

buff

トレランシューズ

トレランザック

ドライレイヤー

ドライレイヤークール

スポルティバ

マグマ

itoitex

ULポール



trailmountain

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.