雁田山〜ステージ2試走〜

明日11月19日(日)ですが、臨時休業とさせていただきます。

塩山でのリリールート・チャレンジに参戦します。

 

47km・累積3000mぐらいかな?

初めてのルートで今まで実は行ったことがないところ。

ほんとはロングに参戦したかったのですが、前日受付の壁に阻まれて、リリーにしました。

 

咳や風邪の体調不良もMURAの時が50、先週の科野の国が70、今週は80ぐらいまで戻ってきた。

100の体調ではないけど、晴れっぽいので、楽しみます。

 

たぶん、昔の11月初めの戸隠よりちょっと寒いぐらいかと。

必携でレインウエア上下&長袖シャツとあるので、雨じゃないし凍えることはないかな。

 

これで、12月、1月、2月とレースは入れていないので、冬前の最後のレース。

あとはツールド長野が無事終われるように、全力でソッチに集中します。

あと仕事も。

 

【資料送付】

本日、ヤマトDM便にて、ボランティアスタッフの皆様に資料一式送付いたします。

明後日ぐらいには届くと思います。

 

トレイルマウンテンのイベントで、スタッフをお願いするイベントはツールド長野ぐらいで。

本当に、スタッフの皆様なくして、成り立たないイベントです。

しかも超寒い中・・・感謝感謝です。

 

ぜひ選手のみなさんも、エイドでゆっくり休んでいってください。

一応予定どうり、1A〜8Aまで全エイドは設営します。

プラスアルファで、井上山〜大洞山を下山した、馬越峠でドリンクのみのエイドを設営します。

チェックはありません。

 

あと今日ツアーで行った雁田山展望園地のエイドはドリンクはありません。

サンドイッチのみとなります。

 

3A以降はできる範囲で暖かいものも用意します。

 

【雁田山】

今朝は雁田山

k1

ルートは明瞭で、間違えることは100%ありえないと思います。

 

k2

登山口

 

k3

反射板跡。ここが一応雁田山山頂になります。

 

k5

 山頂の先の展望園地

この東屋がエイドと、写真撮影ポイントとなります。

 

k6

 今日はお天気イマイチでしたが、自分的には、ここからの北信五岳(四岳しか見えないけど)

のレイアウトというか展望の並びの美しさが他のどのポイントより一番美しいと思います。

 

高社山からもいいんですが、バランス的にここからが美しいです。

 

ここで個人の記念写真撮影をします。

ポーズを考えておいてくださいね!!

ゴール後に写真が間に合えばお渡しするので、渡し忘れていたらお声かけください。

もちろんオールスポーツと違い、お金はいただきませんので。

 

k4

展望園地の看板。

もちろん、岩松院、千僧坊方向へ

 

k7

 

k8

ここから急な下り。

落ち葉の下にガレているとこと多いので、要注意です。

 

ギリギリ雨も当たらず、軽い運動ぐらいの短い時間でしたが。

 ご参加の皆さんお疲れ様でした!!!

尼巌山〜奇妙山

すいません。UPが遅れておりました。

ちょっとバタバタしてしまい。

 

この前の12日は、尼巌山〜奇妙山コースラウンド。

ツールド長野のコースです。終盤かなりきついポイントだと思います。

 

a1

小学校の先の鳥居のある駐車スペースからグランドの横を通り過ぎ

 

a3

登山口があります

 

登るとすぐに動物除けの柵

a4

 

 上と下にしっかり、棒がかかっているのですが、山側から下の棒を差し込むのはかなり無理。

当日は下の棒は最後スタッフにやってもらうので、上だけやってください。

 

※乗り越えるのは絶対にNGですので!!!

 

a5

稜線進むと分岐、南尾根に進みます。

 

a6

尼巌山山頂

かなり夜景がきれいだと思います。

かなり鋭角に右方向の奇妙山への看板方向へ

 

a7

間違えないと思いますが、岩沢には行きません

 

a8

ここも奇妙山方向へ右に

 

a9

稜線分岐。

ここから奇妙山はピストン

その後JA総合研究所方向へ

 

a10

奇妙山途中の高見岩から

景色いいので、巻道あるけど、ちょっと登るといいですよ

 

a11

奇妙山山頂

ここも善光寺平の展望最高です

 

a2

 

a12

ここは間違えないと思いますが

大室古墳館方向です。

 

a13

最後の間違えやすい分岐!

 看板がちゃんと付いていました!!

霞城には行きません!大室古墳館へ

 

すぐ舗装路に。左折後すぐ、エイドです。

 

ご参加の皆さん、お疲れ様でした。

日曜日寒かったですね・・・なんか早くも雪が降りそうで、昨日スタッドレスに一応交換しました。

昼間は暖かく、4歳児&1歳児を連れて、城山動物園に行ってきた。(一人で)

 

一人で子供を連れて、出かけることは今までなく(授乳とかも心配だし)

一人で連れ回るのはそれなりに大変ですね。

お昼かっぱ寿司に入りましたが、かっぱ寿司って離乳食とかもあるんですね!!びっくり!!

 

下の子は、離乳食と、うどんとかあげて、上の子は自由になんでもいいよというものの

たまご、と いくらしか毎回食べません。

新幹線が来るのが楽しいみたいで。

 

回転すしは子連れには親も食べやすいと思います。

子供の面倒見ても、隙みて、食べれるので、ラーメンとか、冷める心配もないし。

子供用のいすセットすれば抜け出すことは不可能だし。

 

まあ上の子が水をガシャーンとこぼしたのには・・・大変でしたが。

まあ今んとこ仲良し兄弟なのが救いです。

科野の国ラウンドトレイル

今日は実は初めて、科野の国ラウンドトレイルに参戦。

いつもお正月明けに、このコースの逆回りを走っていたのと、25kmでスタート時間が遅く、参戦してませんでした。

 

今年は10月もトレイルランのレース出ないし、32kmに距離が延び、出ることに。

 

15時開店予定でスタートするも、意外に時間がかかり・・・

14時過ぎにゴール。

15時に間に合わないと思いましたが、15時ちょうどに店に到着!!!!

開店直後にお客さんもご来店いただき、間に合ってホッ。

 

正直、体調的にもまだまだ底辺を巡航していて、しかも寒い・・・

今朝は風が強く、冷たく、走っていても寒かった。

 

最初少しだけ頑張って、集団がばらけたら、自分のペースに戻す感じで。

そんなに頑張りすぎず、自分のいつものペースで。

 

HPのコースマップを全然見てなくて、帰ってきてから復習。

なるほどこういうコース取りができたんだなと。

後半の走れる林道と登りが多くて、結構疲れました。

 

そんでも、スタッフの皆さんはダウン着込んで相当寒そうで・・・

まあ選手は楽なもんです。

 

最後足攣りがきたけど、全体的にかなり気持ちよく走れたので楽しかったです。

レース後の余韻に浸ることなく、即帰還は慌ただしいな。

いろいろお店出てたし、お腹ペコペコだったから今度出るときは電車で行って、ビールでも飲みながら家に帰るのもいいかなと思いました。

 

いつもと逆回りで、新しいコースも走れたので、出て良かったです。

 

主催者の皆さま、スタッフの皆さま、応援の皆さま、ありがとうございました。

 寒い中、本当にお疲れ様でした。

 

shinano

明日の開店時間

明日11月11日(土)ですが。

開店時間が15時前後となってしまいます。

宜しくお願いいたします。

 

【ツールド長野資料送付】

現在、急ピッチで、ツールド長野の地図、資料、ゼッケン等の配送準備しております。

たぶん12日にはヤマトDM便で発送できると思います。

 

一応ご入金後の発送になりますので。

未入金のかたは店頭か振込にてお願いできればと思います。

 

【癒し】

d51

次男が、テクテク歩くようになり、かわいいです。

長男もかわいいけど、次男の1歳ちょいのかわいさは別ものですね。

 

子供の面倒も大変といえば大変なのかもしれないけど。

まあそれも楽しいので。

 

まあ賑やかな奥野家です。

男の子2人の成長を楽しんでおります。

MURA18

明日11月6日(月)ツールド長野のコース調査のため休業か開店時間を遅延させていただきます。

宜しくお願いします。

 

昨日11月4日。MURA18に去年に引き続き参戦。

 

正直、やっとカゼが改善してきて、また悪化すると嫌だなと思い、雨なら出るのやめようと。

朝、一応早く起き、家の外の空見上げると、きれいな月が出ていました。

天気が快方してきたかなと思い妙高へ

 

MURA18は、えぐい登りと下りの連続の農村集落を巡る、旅ランみたいな感じ。

コースがほんとに自分好みで、コースの紅葉も最高で、雰囲気が大好きなコース。

 

が・・・妙高の国際アウトドア学校に近づくにつれ、雨足が強くなり。

どうも雨雲が、この上を通過しているみたい。

 

 まあここまで来たら出ることにして。

シャツの着替え、グローブの替え2個、ジャケットの替え1枚をザックに

風邪引くと嫌なんで、途中で着替える作戦で。

 

が!!!肝心な補給食を持ってくるの忘れた・・・・

短縮されたとはいえ、45kmのアップダウン。

エイドの数から行くと、エネルギー足りるかな???

 

雨の中スタート。

 

なんかキツイです。とてもつらいです。

能登珠洲から、2週間、風邪完治のため、1歩も走らなかったツケがきた感じ。

重い・・・体と足が・・・

 

去年はほとんど歩かなかったけど、今年は思いっきり歩きました。

 

雨足が強くなり、ガスで、紅葉も見えず、モチベーションを保つにはエイドしかない!

エイドを楽しみに走る。

寒い寒い・・・腹減ったし・・・

 

最初の2か所は食べるものなく、3ヵ所目に期待して。

「きのこトン汁」!!!

きのこトン汁2杯&おにぎり5個いただく。これで目的完了。

 

途中着替えて、まあなんとか寒さはしのげる。

 

ガスが晴れてきた

mura

 

mura

 

メシ食って多少写真撮る元気が出た!

 

 個人的には、4カ所目のエイドの汁がうまかった!

 ちょっとニンニクが効いてて、がっつりいただきました。これはうまかったな。

個人的にはこれで、もうレース完了気分でしたが、まだもう一カ所エイドがあった!

 

汁と、きのこが入ったおにぎり!あと漬物も美味しく、煮物の、大根や厚揚げも美味しかった。

なんか味噌みたいのが置いてあったんだけど、結局食べず、レース後もそれだけが心残りでした。

 

超お腹いっぱいで、店に戻っても、全然お腹が空かないぐらいでした。

食べるもの食べて、体が重いけど、まあマイペースでゴールへ。

 

10時50分ぐらいにゴール!!即帰還

12時半前には開店できました。

 

ゆっくりしたかったけど、雨の日の土日はお客さん来ることが多いので、仕事重視で。

 

エイドも良かったですが、学校の先生、生徒さん、スタッフのおばちゃん、おじちゃん、みんな最高でした。

雨のブルーな気分を、晴れ渡らせてくれてありがとうございました!

 

来年こそ晴れるといいな。

一応55kmなら来年も出ようかなと思います。マイルは出ないと思いますが。

最高の紅葉だと思いますよ。ぜひみなさん来年はどうですか?

ツールド長野〜三登山ステージ〜

今朝は髻山〜三登山コースへ!

今年からコース変更しております。

 

m1

北信五岳道路の宇佐見沢信号を渡った反対側から登ります。

 

m3

登山道分岐

髻山へ

 

m4

分岐・ここから髻山ピストンで、帰りは八方峠方向へ

 

m5

もとどり山山頂

奥の展望は最高ですよ!

 

m6

分岐から林道に出て、八方峠方向へ横断

 

m7

 八方峠は急斜面下り、反対側登りかえします。

 

あとはひたすら三登山三角点の案内板で進む

 

m8

 三登山三角点の先の分岐

坂中口方向へ

m2

 

m9

三登山山頂

展望はないけど、この先に展望にいいところがあります。

m10

 

m11

要注意ポイント

右に行くとエイドに辿り着けず・・・戻る感じになります。

 

m12

エイド設営場所

広い電波塔下

 

m13

林道から登山道に入る分岐

番所跡方面へ

 

m14

若槻城址

 

m15

最後林道に出て左折

堂沢出城跡〜サラダパーク方向へくだれば下山です。

 

何か所か分岐はありますが、かなり整備されて、昔よりわかりやすくなりました。

エイド手前の分岐だけ注意してください!

 

短い時間でしたが、ご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした!!

ツールド長野・葛山エリア

3日の地附山〜大峰山〜葛山〜頼朝山の写真UPします。

 

地図はこんな感じ

j19

 

j1

入口

j2

いにしえコース→パワーポイント

j3

郷愁 いにしえコース→パワーポイント

 

j4

郷愁コース→動物園跡

 

j5

いにしえコース

 

j6

分岐からすぐ、山頂看板

j7

ここ左折

 

j8

 山頂

 

j9

スキー場跡へ

 

j10

 スキー場跡→大峰遊歩道へ

 

j11

分岐に看板できた!大峰山へ

 

j12

大峰山 階段下りればエイドです

 

j20

何気に難解ルート

 

j13

道路上通り、ぐるっと回って道路下通過

 

j14

 看板右折して道路下通過

 

j15

葛山登山口

 

kazura

j16

葛山山頂 頼朝山方面へ下る

 

j17

山頂すぐ分岐

頼朝山へ

 

j18

頼朝山山頂

→方面へ下る

 

なかなか分岐も多くわかりにくいところもありますが。

案内板が多いので、間違えないと思います。

CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.