SPEEDCROSS/PRO セール

申し訳ありません。

明日6月27日(火)ですが、急遽で申し訳ありませんが、臨時休業とさせていただきます。

 訃報があり、展示会巡りをずらして東京へ行ってきます。

 

【サロモン・スピードクロス・プロ】

サロモンの定番トレイルランシューズ

「スピードクロス」のプロモデル

 

スピードクロス・プロ

speed1

詳しくはこちら

 

モデルは今期継続のモデルですが、数量限定にて

 ¥17820を、約40%OFFにて ¥10800で販売。

 

ノーマルのスピードクロスと違い

speed5

ENDOFITを採用していて。

足を包み込むフィット性が抜群です。

 

サロモンでは定番のシステムになってきておりますが、足のソフトなピッタリフィット感は足入れるとわかります。

 

アッパー部分に縫い目がほとんどないので、縫い目のあたる感じはなく、違和感の少ないシューズです。

 

ソールは日本の急斜面でぬかるみの多い地形にジャストフィットします。

speed4

初期よりもかなり、グリップ性能が高くなっていると思います。

 自分も初期のスピードクロスは使っていましたが。

当時のは、踵も浮きやすく、割とスピード重視のソフトな印象でしたが。

 

このプロモデルは踵も浮く感じがしないし、剛性がかなり高い感じ。

アッパーもリップストップ採用し、今時のシューズにしては強度は高いかな。

 

基本クッション性能も高いので、オールラウンドな距離に対応できると思います。

ロード系&林道系も対応できると思います。

さすがに定番モデルのプロタイプだけあり、履き易いです。

 

足幅的には、細め〜標準のかたにおすすめですが、アッパーの当たりが優しいので、極端な幅広のかたでなければ問題ないかと。

 

他にもブラック

speed2

詳しくはこちら

 

女性用もサイズ限られますが

speed3

詳しくはこちら

 

 長野の大会で言えば、志賀高原にはベストセレクトかと!

 岩系というより、土系、ぬかるみ系の短距離〜中距離(10km〜80kmぐらいまで)がおすすめかな。

 

いかがでしょうか?

 

 

 

若い方の訃報は心痛いです。後輩で自分より3つ下。最近は全然会っていませんでしたが。

原因はまだわかりませんが。

 

息子と同い年の息子を残しての彼女の訃報。

正直ネットやニュースなど一切見ることができません。

ヤフーのタイトルだけで泣いてしまいそうで。

子を思う親の気持ちは、みんな同じだと思うと・・・・

 

離婚して子供と離れるひともいれば、無念の死のかたもいる。

子供にとって、お父さん、お母さんはやっぱ2人いるほうがいいと思います。

 

自分も子供が生まれて、「死」のリスクだけはできるだけ減らすようにしています。

自分のためでなく、子供のためです。

怪我や故障もできるだけ避けるようにしています。自分がどうにかなったら仕事も生活もできなくなるので。

 

自分もYUKIも学生時代はラフティングをやっていたんですが、水系は一切やろうとも思いません。

水の危険性がわかるので。

 

自転車やっているひとには申し訳ありませんが。

一時期自転車もやりたいと思いましたが、車運転してて、自転車は一つ間違うと大怪我したり、車に巻き込まれたりするなと。

2回ほど取材できてくれた方がやはり自転車で車に巻き込まれ・・・

 

それほどリスクを恐れる性格ではないのですが。

子供が小さいうちは意識してリスクの高いことはやらないようにしてます。

 

ほんとは太く短く生きたいタイプなんですが、子供達を見るとね。

625musuko

この子たちが成人するまでは頑張らないとね。

軽快登山〜ワンダーフォーゲル6月号〜

先日発売になりました。

「ワンダーフォーゲル6月号」

wv61

 

今回は「軽快登山」特集で、自分も軽快登山商品の紹介などしております。

 

wv62

 

結構なページ数で、スタンダード装備と自分セレクトの軽快登山装備を比較紹介しています。

 

折角なので、ブログでも軽快登山の装備を、紹介していこうと思います。

なかなか通販サイトでもこの手の商品の掲載ができてなく、詳細を伝えられていないので。

 

バタバタしていて、なかなか一気にとはいきませんが、少しづつアイテム別に明日ぐらいから。

店頭展開している商品がほとんどですが、一部の商品は在庫していないものもあります。

 

ご興味あれば、ぜひ店頭で見てみてください。

 

自分の提唱する「軽快登山」は単に道具を軽くすればいいというものではなく。

軽快の「軽」の部分だけでなく、「快」の快適もかなり重要視しています。

軽く!快適に!登山を楽しみましょう!というのが基本です。

 

いくら軽くても、快適性を落としていくのは、究極系登山と考えています。

要はTJAR系ですね。

これはこれで一つのスタイルでOKなんですが。

今回はそこまで究極系ではない、軽快登山のアイテムを紹介しています。

 

もしこの夏。軽快に登山を楽しみたいかたいれば必見です。

 ハイカーズデポの土屋さんの記事もかなり面白いです。

特に装備ダイエットの部分はかなり役に立ちます。

 

昨日はその軽快登山のプチ連載で、三鷹の土屋さんのお店に初めて行ってきました。

基本東京に行っても他のお店に行くことはないので、面白かったです。

 

対談で「ウルトラライト・ハイク」と「軽快登山」と呼び方は違うけど、共通する部分も多いし!

逆に考え方のベースで違う部分も多いなと思いました。

 

それでも、やっぱり、「軽快登山」の提案はしつづけたいですね。

信州トレマン流のスタイルをまた少しづつブログに書いていこうと思います。

モンチュラRUNウエア・セール

すいません。時間なく。

とりあえず入荷情報です。

 

長野マラソンにも最適!

モンチュラのラン系テクニカルウエア

販売価格40〜70%OFFにて本日入荷しております。

 

ほんの一部で女性用、パンツ系も入荷してます。

mon1

 

 ラン系タンクも

mon2

 

値段付けも終わらず、明日出します。よろしければ2階のアウトレットコーナーにて。

 

かなり好評でしたので、かなり増産しました。

mon3

長野マラソパーフェクト・セット。

増産しても、無くなるのが早く、明日再度増産します。

 

フラスクをメーカーに注文していて、ヤマト運輸さんの配送時間により一時的に切れてしまうかもしれませんが。

 

今回の増産分は長野マラソンの足攣り対策で、配合とジェル系を変えています。

味の保障はできませんが、効果はあるはずです。

もし不安な方いれば店頭にお申し付けください。

 

明日は長野マラソンの受付してから開店なので10時40分ぐらいになるかも。

遠方の方も長野に来られていればぜひお立ち寄りください。

パーゴワークス RUSH

人気のパーゴワークスの「RUSH」シリーズ。

新たにラインアップが増え、ラッシュ7&12もバージョンアップして入荷しました。

 

rush

ラインナップはこちらより

 

新しいところで「RUSH1

r1

詳しくはこちら

 

ボトルもペットボトル対応で、ストレッチメッシュが外側から抑えてくれるのでかなり揺れにくいです。

メッシュ素材なので、蒸れにくく、乾きやすい!

超軽量ボトルポーチです。

 

RUSH3

r3

詳しくはこちら

 

これは本当にペラペラのメッシュザックです。

本当に必要最小限ですが、レースでは十分使えるシンプルザック。

フロントポケットも、使いやすい大きさで、チェストとサイドの紐のストラップで調整して!

全く揺れ感は無いと思います。

 

超軽量で、蒸れにくく、これはおすすめです。

 

RUSH7

r7

 スモールサイズの女性向けモデル 詳しくはこちら

 レギュラーサイズの男性向けモデル 詳しくはこちら

 

大きな変更点はハイドレの出し入れファスナーが痛くなくなりました。

前は真ん中上にスライダーが来て、ちょっと気になるとこでしたが改良されました。

 

RUSH12

r12

スモールサイズの女性向けモデル 詳しくはこちら

 レギュラーサイズの男性向けモデル 詳しくはこちら

 

背面にポケットが付きました。

 

ラッシュシリーズはストレッチ素材をポケットなどにも使っているので!

シンプルなスッキリデザインながら、ピッタリフィットして揺れないのがポイントです。

 

あと個人的にはザック下の両側からアプローチできるポケット。

ペットボトルとか背負ったまま出し入れしやすいし!

あんまり前のフロントにボトルを入れるのは重さと揺れを感じて好きじゃないんです。

 

ここにボトルが入れられるのは使いやすいですね。

 

とりあえず店頭分しか入荷していませんが、売れたらまた入れますので。

今年はRUSHシリーズもおすすめザックの一つですね。

STCnutrition

長野マラソンへの必勝ジェル!

「STCnutrition」

今更ですが、展開することにしました!

 

何人かのお客さん情報で、高いけど、めちゃくちゃ効くから!!と聞いていたので。

stc

展開ラインナップはこちら

 

まずエネルギー系・3味。

どれも25gで、64〜73kカロリーと、カロリーは高くありません。

それでも「効く」し、かなり持続性が高いとのことです。1時間はいけるみたいです。

 

感覚的に体に取り込んでいるエネルギーを最大限生かしていく感じです。

この「ENERGY」シリーズが基本になります。

stc

アップル味 詳しくはこちら

 

stc

ベリー味 詳しくはこちら

 

stc

クエン酸がプラスされた!レモンミント味 詳しくはこちら

 

足攣り防止に効果絶大の「NO CRAMP

stc

詳しくはこちら

 

POWER・Grapeなるものと電解質系が多く含まれてます。

これをスタート前レース中に摂取すると足が攣らないそうです。

 

やっぱこれもすごい効くとのことで!

 

最後は、「悪魔のジェル」と効果絶大のNEWタイプ

最後ラストスパート30分とか、ここ一番きつい時に飲むと。

急激に体が動くようになる

FINISH

stc

詳しくはこちら

 

フルマラソンなら、35kmぐらい。

 もうきつくて、きつくて、足が出ないとき。

これ飲むと、体のエネルギーを最大限引き上げてくれるそうです。

 

効果は「30分」

 

まだ入荷したばかりで、展示会で味見しただけなので、実験していないので。またご報告します。

ただお客さん達に聞いた情報では、値段は高いけど、ドーピング剤が入っているんじゃないかと思うぐらい効く!と

(※アンチ・ドーピングなのでご安心ください)

 

長野マラソンの最終兵器にいかがでしょうか?

stc

ちなみに蓋できます。

アークテリクス軽快登山シューズ

明日もランニング練習会。

無性に山に行きたくなってきた!!

 

そんな時にこのシューズが気になってしまう。

 

norvan3

アークテリクスの軽快登山シューズ。

 

norvan2

防水・ゴアテックスのライナーのフィット感が抜群で。

 

norvan1

また後日きちんとご紹介します。

このシューズを履いて山を歩くイメージが。

山行きたいな!

 

今年は軽快登山系に力入れていきます!

ラングローブ・春に

急激に春が近づいている気がします。

明日から3月!希望の見える3月ですね!

 

冬仕様のウエアだとだんだん暑く感じてくる季節です。

これからの時期におすすめのお買い得グローブご紹介します。

 

windy

ウインディライトグローブ

¥4212が40%OFFにて¥2500です。

 

手の甲の風の冷たさを感じる部分に防風透湿素材のゴア・ウインドストッパーを採用し、風を通しません。

 

反対に汗をかいて蒸れを感じる手のひら部分には、速乾性の高いメッシュ生地を使用。

本当に3月、4月のランや、春先のまだ風の冷たいトレイルランに使いやすいです。

防風素材と蒸れにくい速乾素材の組み合わせのグローブです。

 

タッチチップ対応です。これから活躍するグローブだと思います。

2Fアウトレットコーナーにて展開しています。

 

詳しくはこちら

 

同様に防風素材と速乾素材のハイブリッドグローブ

Lサイズしか在庫ないですが

elite1

エリートラン・グローブ

¥4104が40%OFFにて¥2400です。

 

こちらもXドライの防風素材を手の甲の黒い部分に採用。

蒸れにくく、乾きの早いメッシュ素材を、甲の黄色部分と手のひらに採用。

 

防風性と蒸れにくさを兼ねた、この時期から使いやすいグローブです。

こっちは左手だけに

elite2

Xドライの生地でキーポケットが付いています。

車のキーや小銭など入れておけます。

 

詳しくはこちら

 

一気に暖かくなる3月。

朝夕はまだ冷え込みますが、昼間はかなりポカポカになります。

そんな時にかなり使いやすいグローブだと思います。

 

風の冷たいトレイルランでも4月以降は使えると思います。

どちらも小さくコンパクトに丸められるので、ちょっとザックに入れておけますね!

 

ワクワクする春。花粉症じゃないかたには嬉しい季節が近づいてきていますね!

 

ラスト「montrail」セール

【明日25日、明後日26日はツアーのため12時開店とさせていただきます】

 

もうすでにご存じのかたが多いかと思います。

トレイルランシューズのモントレイルのロゴが変わっております。

 

colo

montrail のロゴの上に 「Columbia」と大きく入ります。

まあ元々モントレイルの親会社はコロンビアでしたので。

 

デニーズの看板の上にさらに大きなセブン&アイの看板が付いているような感じかな。

というわけで、「montrail」だけのロゴのトレイルランシューズはかなり貴重になると思います。

 

今は2016年モデルが、かなり市場に出回っているので、入手しやすいと思いますが。

おそらく、モントレイルファンは多いので、入手しにくくなると思います。

 

というわけで、最後の最後になるかもしれませんが、追加でラスト・モントレイル入荷しました。

(メーカー完売かと思いましたが、まだ少しありました。)

 

まだ入荷したばかりなので、サイズはある程度揃っています。

モントレイルのシューズはセール会場の2階でなく、

1階でサイズを出しますので、ご試履きできます。

サイズ合わせも致しますので、お気軽にお声かけください。

全部40%OFFです。

 

まずは、オールラウンドタイプの「カルドラド」カラーは3カラーあります。

cal2

25cm〜27.5cmまで各サイズ在庫あります。

 

cal1

 25cm〜27.5cmまで各サイズ在庫あります。

 

cal3

25cm〜28cmまで各サイズ在庫あります。

 

カルドラドはオールラウンドタイプです。

 剛性も高く、クッション性もあり、舗装路から岩場のトレイルまで、オールラウンドに走れます。

初心者のかたにも履き易いし、中距離〜長距離まで対応します。

 

1足あれば、何にでも使えるし、個人的にはバハダよりもカルドラドのほうがブレが少ない感じがして好きかもしれないです。

足型にクセもないので、足入れ感はかなりいいですよ!

¥15120が ¥8900です。

 

アルプス系に強いのは!

トランスアルプス・FKT

trans

25cm〜28cmまで各サイズ在庫あります。

¥15984 が ¥9500です。

 

ガッチリ安定感がありながら、軽量化されたシューズです。

履いていて、岩場やガレ場などでの安心感は一番だと思います。

 

しかも軽い!舗装路では少し硬い感じがするけど山道ならどこでも行けると思います。

山岳専用&軽快登山にもおすすめのモデルです。

 

走るのを重視するひとは「ログ・FKT

rogue

25cm〜27cmまでサイズは在庫あります。

¥14040 が ¥8400です。

 

これはレース仕様に近いかな。

かなり軽量で、剛性よりも、反発としなりがあります。

安定性よりも、走りを重視しているひと!にはおすすめです。

 

ミッドソールも柔らかくて、クッション性もあるので、舗装路で普通に走れます。

ロードやトレイルがMIXされたレースには使いやすいと思います。

ロードシューズとして使っても問題ないと思います。

 

ログFKTよりは安定性が高いけど、軽量で、前足部の反発としなりが高く、走り重視の方向け!

フリューイッドFLEX・FKT

fluid

26cm〜28cmまでサイズ在庫あります。

 ¥13500 が ¥8100です。

 

軽く、クッション性もあり、名前の通り、前足部分がフレックス(しなりがあり反発します)します。

それでいて、土踏まず周辺の安定感はある感じです。

 

舗装路〜林道〜トレイルなど、硬い路面も多かったり、走れるトレイルで使うのに使いやすいと思います。

グリップ性能はそれほど重視しないかた向けです。

 

フォアフットで走る人にはかなり使いやすいシューズだと思います。

 

定番「バハダ

bajada

 25cm〜27.5cm(26cmだけ在庫無いです)

¥14580 が ¥8700です。

 

もう定番でレースにでれば、履いている人が一番多い気がします。

カルドラド同様、オールラウンドモデルです。

 

まあ使いやすいです。

何選べばいいか悩んだら、とりあえずバハダ&カルドラドなら安心ですね。

 

そして!!かなり貴重になるであろうモデル!

trans

トランスアルプスMID・アウトドライ

25cm〜28cmまでサイズは揃っています。

¥19224 が ¥11500です。

 

軽快登山におすすめシューズなのですが、現行のコロンビア・モントレイルでは廃盤モデルで・・・・

この手の足首付きで、履き易く、軽量で、グリップ性能の高いモデルが、ほんと少ないんです。

 

アルプス系登山で、ローカットでは不安だけど、軽量なシューズで軽快登山したいかたには絶対おすすめです。

値段じゃなくて、性能と軽さのバランスが非常にいいシューズなので、無くなるのが残念ですね。

 

自分も自分のサイズが残ったら、子供背負っての登山用で買っておきたいとこですね。

 

とりあえず、昨日再入荷したばかりなので、サイズはある程度あります。

ただサイズにより1足しか入荷していないものもあるので完売のときはご了承ください。

 

すいません。遠方でご来店できないかたで、通販希望のかたもいると思いますが、時間がなくまだアップが間に合っていないモデルもあります。もう少しお待ちください。

順次アップしていきます。

2017アウトレットSALE

fair

明日2月18日(土)12時より

2Fにてアウトレットセールを開催します。

 

fair

 

シューズ、ウエア、グローブ、ソックス、ザック、小物などなど

 

通常価格より

40%OFF〜60%OFFの価格になっております。

 

ちょっと時間がなく、まだ準備できていない商品もありますが。。

明日からやろうと思います。

 

店頭のみでのセールですので、ご来店いただいて見ていただければと思います。

お電話でのお問い合わせ、お取り置きはご遠慮いただければと思います。

 

ツアーと準備があるので、明日は12時開店とさせていただきます。

ご来店お待ちしております。

ヘッドライト進化

昨日は展示会へ。

今回は秋冬もの中心でしたのですが、今年の春から変わるモデルで。

個人的にはヘッドライトの進化が毎年UPしていると感じます。

 

昨日もブラックダイヤモンドやペツル見ましたが。

もういいんじゃないかなと思うぐらい明るく進化してます。

 

 2017年のNEWモデルですが。※他のモデルも順次入荷します

icon1

「ブラックダイヤモンド・アイコン」 

詳しくはこちら

 

なんと最大照度500ルーメンですよ!

数年前まで、アイコンといえば200ルーメンすごい明るいな!と思ってたのに。

 

ハセツネなんて、10年ぐらい前までは1個じゃ暗いから、ジェントスのハンドライト(150ルーメン)併用して明るいなと感じていたのに、500って・・・

 

個人的には、あんまり明るいライトは好きじゃなくて、明るくして使うことはないです。

でもブラックダイヤモンドは、自分で好きな明るさにセットすることできるので!

自分の好みの明るさと、最大の明るさを本体右サイドにタッチすると簡単に切り替えできます。

 

まあ必要な時だけ、明るくする感じです。

さすがに500ルーメンで使い続けたらあっという間に電池切れます。

 

自分の疑問ですが、箱に書いてある、500ルーメンマックスで70時間もつとあるんですが。

100%ありえないと思います。

本当にちゃんとテストしているのか?ある条件下でのテストだと思うのですが。

 

自分も実際テストしてないけど、24時間もてばいいほうなんじゃないかな。

今度テストしてみます。

 

でも今度のアイコンはバッテリーを頭部にも胸にも取付できるようになったのは便利だと思います。

赤、青、緑のカラーはあんまし使わなそうですが。

どっちにしろ500ルーメンはすごいですね。

 

個人的にはこっちが実用性が高いかと!

storm

「ブラックダイヤモンド・ストーム」

詳しくはこちら

 

最大で160ルーメンだったのが、250ルーメンにパワーアップ!

これも自分で明るさ調整でき、パワータップで簡単切り替えできます。

 

個人的にはどんなレースでもこれで十分なんじゃないかな。

 価格も¥6480と前モデルとほとんど変わらないし。

 

80mも先を見ることなんてないような気がする。

 

もうこんなレベルアップすると、2016年モデルは売れません・・・ので

在庫だけですが、少し安く販売中

アイコンポーラー こちら

 ストーム こちら

 

あくまで自分個人の話ですが、ライトは明るいのは好きじゃないです。

自分は月明かりぐらいで、少し補助で明るく照らすぐらいが好きです。

目は必ず暗いのに慣れるので、レース中も割と暗くしたまま走ることが多いです。

そのほうが目が疲れなくて、逆に楽なんです。

 

レース中後ろから恐ろしく明るいライトで照らされると、眩しくて目がチカチカおかしくなります。

 

山じゃないけど、世の中明かりが明るすぎると思う。

月の光とか星の光とかはやっぱ自然でいいと思います。満月の夜とかほんと明るいんですよね。

「ああ!月ってこんなに明るいんだ」と感じられるのがちょっと嬉しかったりしますよね。

CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.