HOKA TRACER

小江戸大江戸マラニックで感じたこと。

 

小江戸でも91km、小江戸大江戸だと200kmという距離を考えると。

クッションの高いシューズが筋肉ダメージを抑える点で間違いなく有効かと思います。

 

選手を見ているとHOKA率が高いのも納得です。

 

が、今回自分は、あえて、お気に入りのアルトラのMAXクッションモデルの「パラダイム」ではなく。

重量も軽くはなく、シューズ反発の強い同じくアルトラの「プロビジョン」を使いました。

 

40km前後の練習会で使い分けて比較すると。

確かにパラダイムのほうが衝撃は吸収するけど反発がなく、スピードを上げようとすると逆に筋肉を使ってしまう。

プロビジョンは衝撃吸収はパラダイムほどではないが、反発力があるので、ある程度のスピードだと楽に走れる。

 

HOKAのロード系シューズで言うと

クッションが高く、軽量タイプの「クリフトン」

クッションより反発性優位の超軽量タイプの「トレーサー」

 

 個人見解ですが、フルマラソン・サブ4、ウルトラマラソン・サブ11ぐらいのランナーだとトレーサーが有効かと。

軽量で、反発とクッション性能のバランスがいい。

ウルトラサブ11ぐらいだと反発があったほうが楽に走れると思います。

 

トレーサーも十分ウルトラで耐えられるクッション性能はありますので。

実際小江戸で自分ぐらいのペースの選手は反発性優先のシューズセレクトの選手が多かったです。

(アシックス率が割と高かった気がするし、ソールもそんなに厚くない感じでした)

 

能登マラソンは、トレーサーで行ってみようと思います。

調子良ければそのまま長野マラソンもトレーサーで行こうかと。

 

そんなトレーサーですが、旧カラー少しだけですが安く販売中です。

tracer

¥18360が 30%OFFにて ¥12900です。

 詳しくはこちら

 

tracer

198g(メンズ)180g(レディス)超軽量なのでソールのラバーは最小限です。

 

レディスもあります。

tracer

詳しくはこちら

 

幅がクリフトンより細めなので、ハーフサイズ上げてもいいかも。

自分がクリフトン27cmでトレーサーは27.5cmです。

 インソールも入れ替えていますが、同じインソールでどちらもピッタリなので、長さは少し短めなのかもしれないです。

 

店頭展開中なので、気になる方はご試着ください。

パワーストレッチグローブ

昨日の夜から急激に冷え込みましたね。

寒くて、走る時グローブが欲しくなりました。

 

新商品など入荷してきています。

 

お気軽な価格で性能も高いパワーストレッチのグローブ。

mid1

 

去年も旧モデルで安くなっていたのもあり、かなり好評でしたが。

もう在庫は少ないですが、店頭展開中です。

 

mid2

詳しくはこちら

 

さすがに今季モデルのほうがタッチチップが織り込まれて、進化していますが。

ポーラテックのパワーストレッチには違いはありません。

 

今季モデルが¥4700すると思うと¥2000は安いです。

かなりトレランでもこの時期使えるグローブです!

 

※NEWモデルグローブはまたご紹介します!!

 

【RUN TRAIL】

runtrail

最新号入荷してます。

時間なくてまだ読んでませんが、9月〜10月はレースもあったし、いろんな記事掲載されている感じ。

あとでじっくり読みたいと思います。

 

トップ選手も時間があるわけではないと思います。

自分も自由な時間には限りがあり、うまく時間を有効に使うしかないです。

 

表題の強さには理由があるとありますが。

結局、練習したか、しなかったか、が一番のポイントかと。

 

さむくなり、走るのが億劫になりがちですが、長野マラソンは今年は少しは頑張ろうかと思います。

ALTRA アルトラ

自分はロードランやウルトラマラソンではアルトラのパラダイムを使っています。

ブルックスも使いますが、お気に入りはアルトラです。

 

外反があり、指先を圧迫しないアルトラのシューズはやっぱ楽。

ロードでは自分の走り方はフラット着地が基本で、スピード上げるときと登りだけフォアフットなのですが、アルトラはこういう走り方にピッタリフィットしていて、自分には合ってます。

 

こんな感じです。

 

 

そのパラダイムからNEWタイプが出ています。

まだ今の1.5が使えるので買い替えはしていませんが、色以外はかなりいいですよ!

para

詳しくはこちら

 

実はローンピークという定番のアルトラのトレランシューズがあります。

正直、走れるトレイルランコースなら、フラット着地で走るので、使いやすかったのですが、つま先部分と踵部分が固くで、つま先着地や踵着地がしにくい感覚が今までありました。

 

lown

詳しくはこちら

 

それが3.0にバージョンアップしてかなり使いやすくなりました。

急斜面での登りや、急斜面や岩場でのつま先着地での下り、踵からの下りの着地が格段にしやすくなったと思います。

 

日本のトレイルは急斜面が多いので、フラット着地だけでは対応できません。

そういう意味でそれほどトレイルでのアルトラは強くおすすめしていませんでした。

 

でもこのローンピーク3.0はクッション性もUPしたので、初めて欲しいと思いました。

 

正直グリップは強くありません。

でもそれほどグリップを必要としない土のトレイルを長く走るには慣れると疲れにくいと思います。

ロードもクッション性があるので対応します。

 

そう!ツールド長野にはかなりおすすめなんです。

でもそれ以上におすすめなのは!!

ネオシェルバージョン。

neo

詳しくはこちら

 

実は自分が買おうかと狙っているのは、メッシュタイプではなく、この防水タイプです。

 

ゴアテックスの防水シューズはやっぱアッパーが硬いんですよね。

このネオシェルは柔らかくて、ソフトにフィットするので、履いてて気持ちいいぐらいです。

 

防水で、蒸れにくく、乾きが早い。

ゴアテックスの弱点をすべて克服しています。

 

正直高いです。でも雪上ならソールも減らないし、ロードシューズよりはグリップもいいし。

長野の寒い冬のロード練習で使いたいと!

3.0はなかなかいい感じですよ!!

 

すいません。女性用はノーマルのローンピークしか展開していません。

lown

詳しくはこちら

外反のあるかたには、かなり評価が高いです。

ブルックス・ゴアテックス

まだまだ冷え込んではいませんが、だんだん寒くなり・・・・

雪が近づくと欲しくなるのが、ゴアテックスなどの防水シューズ。

 

定番のロードで使いやすいブルックスの防水シューズ。

今年NEWモデルが出たのですが、オーダーしているサイズですら入荷せず、最初からサイズ切れなどあり・・(ありえませんが)

 

シューズはかなりいいです!

 

ほんと定番のトレランシューズの「カスケディア」の防水バージョン!

と、ランニングシューズの一番人気「ゴースト」の防水バージョン!

 

人気のかなり履きやすい2機種から防水が発売されたのは嬉しいですね!

 

カスケディアはロードでも楽に走れて、グリップがいいので!

雪上でもかなり使えるシューズかと。

これからの寒い時期のトレランやスノーシューでも使えるうえ、ロードでもソールが減りにくいので、雪の日のランニングなんかでもかなり重宝すると思います。

 

cascadia1

詳しくはこちら

 

cascadia_wgtx

詳しくはこちら

 

ゴーストGTXはクッションが柔らかくて、かなり履き易くて!!

長野マラソンの練習で冬走るときの今年のイチオシでしたが。

在庫がほんとなくてすいません。

 

欲しい方はお早目おすすめです。(女性用はほんと最初から大きいサイズが入荷せず・・・すいません)

gtx1

詳しくはこちら

 

gtx2

詳しくはこちら

 

ゴーストはランシューズですが、基本ブルックスのランシューズは割とグリップがいいのも特徴!

去年までのアドレナリンよりかなりクッション柔らか目なので、履き易いです。

 

ただどこの防水シューズもメッシュタイプより、やや幅が細く感じるかと思います。

アッパーに厚みが出るので長さは同じでも甲周りがきつめになります。

 

ハーフサイズ上げるひとが比較的多いかな!!

まだロードでは防水必要ないですが、在庫はほんと無くなるのでお早目にいかがでしょうか?

 

【お地蔵さん】

今朝の息子。まだ病院ですが。

ryouji2

顔がまん丸で、目がピーと横に一直線で。

ほんとお地蔵さんみたいな顔してます!

 

新生児ってこんな軽かったかな?もう抱き方も忘れてて、ぎこちない感じでした。

ryouji1

ほんと、自分の子供だけに、かわいいです!!

赤ちゃんなんてみんな同じに見えるけど、自分の子が一番かわいいと思うのは親バカだからかな。

 

我が子が一番かわいいとおもうのは、どこの親も一緒!!!

言わせておいてくださいね。今だけだし。

 

早く家に帰ってこないかな〜〜と待ち遠しいです。

HOKA TRACER トレーサー

自分はHOKAのシューズをフルマラソンで使うことをおすすめしたことは無いです。

 

ウルトラマラソン系でのダメージを抑えるのには最適です。

故障予防の練習で使うにも最適です。

 

なぜ?フルマラソンやハーフマラソンでお勧めしないかですが。

ホカは衝撃吸収力は抜群ですが、反発力が足りないため、スピードを吸収されてしまうと思います。

(あくまで個人の使用での感覚ですので!)

 

が!!フルマラソンでもおすすめできるHOKAが出ました。

tracer1

TRACER トレーサー 

詳しくはこちら

まだ実測してないですが、198g

 

このシューズは、PROLITEという踵部分から中心部分はクッションの柔らかいミッドソール!

反発の欲しいつま先部分にかけて反発する硬めのミッドソールを使ってます。

 

自分が履いた感じでは、HOKAのクッション性&軽量性を持ちながら、スピードも上げやすい感じです。

 

ウルトラマラソンでもやっぱある程度のスピードをあげたいレース仕様!

かつフルやハーフでも、ダメージを最少に抑えたい人にはおすすめ!!!

 

tracer2

軽量化のためラバーは少な目です。

 

まだ先の話ですが、10月のくびきのウルトラの勝負シューズでお勧めします!!

野辺山のような下りが多い場合はクリフトンがいいと思いますが。

 

トレイルシーズンですが、ロードシューズのご紹介でした。

長野マラソン補給
さすがに長野マラソン直前。
補給方法に関して聞かれることが多くなりました。

あくまで自分の経験上の我流なのでご参考程度まで!

hokyuu

【エネルギー系】
自分はカーボローディングはほとんどしません。
お腹に溜まった感じが好きじゃなく、今レース中にジェル補給できるので、それほど意味がないと考えています。

朝は軽めにパンとかご飯とか一応炭水化物を2時間前ぐらいに食べます。
3時間ぐらい前がいいという人もいますが、自分は3時間前だとレース前に空腹感が出るので、2時間前ぐらい。

朝を軽めにした分レース中にきっちりエネルギー摂取します。
以前は15km、25km、35kmでジェル1個づつでしたが。
最近は10km20km30km35kmで4個摂取したりして100%エネルギー切れがないようにしてます。

まあその人の体型、スピードによりますが。
15km、25km、32〜35kmで1個づつぐらいが平均的にいいかと思います。

今人気は「マグオン」です。
発汗の多い暑い長野マラソンでは、足攣りに効果の高いマグネシウムがかなり多く入っていておすすめ。
しかも味がサッパリしてて、あまったるい感じが嫌なひとにかなり好評です。

【VESPA、トップスピード、ZENのアミノ酸系】
VESPA、トップスピードは、調子が落ちたときに飲むと調子が復活します。
ほんとに即効性が高いです!

VESPAハイパーはリピート率が高く、効果は実証済です。
トップスピードも最近は売れてます。

基本同じような成分で、乳酸(疲労の元)を抑える効果もかなり高いです。
スタート直後が一番乳酸が溜まりやすく、危険です。

以前はウォーミングアップ後に摂取していました(それがほんとはいいと思います)
が、最近ウォーミングアップしないので、レース直後1kmぐらいでVESPAハイパー摂取します。
去年もそれでNHKぐらいまで疲労感なくMウェーブまで行けたかな。

1km、20〜25km、32〜35kmで3回摂取が自分はちょうどいいかも。
これ以上摂取すると発汗効果もあるので、長野ではあまりよろしくないかと。

VESPAハイパーは10g(パッケージ込み)
トップスピードは20g

軽さならVESPAハイパーですが、かなり味が濃く、少し飲みやすさならトップスピードのほうが飲みやすいです。
まあ好みです。

VESPAやトップスピードほど即効性はないですが。
ZENのトラはレース前に飲むと、筋持久力をキープ(乳酸を抑える効果)できます。
ジワジワ効くタイプですね。レース前がおすすめです。

写真にはないですが、ここでジョミも元気になります!エネルギーもあるし!

正直補給は好みなので、あくまで自分の経験での補給です。
参考程度にしてください。
自分はマグオン4個、VESPAハイパー3個、レース前ZENとら4粒かな
NEWパワーメッシュ
定番!ファイントラックの撥水ドライレイヤーですが。
2016からカッティングを見直したNEWパワーメッシュが発売中です。

メーカーの在庫が安定せず店頭欠品もありましたが、やっと在庫がきちんと揃います。

長野マラソンにおすすめ!
tank
パワーメッシュ・タンクトップ
詳しくはこちら

今までノースリーブが定番でしたが、より腕振りにストレスの少ないタンクトップが出ました!

この上に速乾性の高いTシャツを着ます。
生地はメッシュになっていて汗はメッシュを通して外に着たTシャツに吸わせます。
Tシャツは濡れますが、生地に水を弾く撥水加工がされているので、肌に冷たい冷えた感覚がかなり軽減されます。

長野マラソンは天気次第で、かなり冷え込むこともあります。
これはかなり丈も長いので、自分はお腹周りが冷えないようにお腹周りに裾を入れ込んでます。

汗冷えしないのと、通気性が高いので必要以上に暑い感じはありません。
普段はロングの練習の時着ていますが、休憩時に冷えないのでかなり愛用してます。

リピートがかなり高い商品で、お客さんの評価はめちゃめちゃいいですね。

女性用でブラタンクが新しくなりました。
bla
詳しくはこちら

一応YUKIがモニターでテストしています。
自分は正直あまり適格なアドバイスできないのですが・・・・
揺れにくく改良されて、通気性が良くなったみたいです。

女性の走る時の揺れがかなり軽減されるみたいです。
ちょっと高いけど走る女性にはいいかと思います。

このパワーメッシュは1枚あれば本当に良く使うので、まだ肌寒いこれからのトレランでも物凄いいいですね。
他にもいろいろ種類はありますので!

【城山動物園】
善光寺の裏に入場無料の城山動物園があります。
以前から息子は行きたい公園指定はしていたのですが、近所の公園の指定ぐらいでして。

もう最近は知恵がついてきたので、詳細にしてしてきます。
「黒い滑り台が2個ある公園に行く!」ってどこ???
「運動公園とこ?」「ちがう!」「新幹線見える公園?」「ちがうよ〜」
「昭和の森の公園?」「ちがう!黒い滑り台のあるとこ!」
自分もYUKIも??どこのこと???

「ブーがいっぱいあること!」って指定変更。
「じゃあ動物園のある公園でいいの?」「うん!いいよ!」って
公園行くのも面倒なこと言い出してきてます。

ここの動物園無料はいいんですが、遊ぶ動く系遊具(お金かかるやつ)が多いんですよね。
ただ動くだけのは乗れれば満足するのでお金はかからないんですが。

ゴーカート系に乗りたがり、まあこのぐらいならと。
shiro1

汽車も乗りたがるので、まあ1回ぐらいならと
shiro2

孫のために散財するおじいちゃん、おばあちゃんとは違うので。
変なクセつけるとよくないので、3回ぐらいまでと決めてはいるけど、毎回お金使うな。

危険な動物園ですが、桜のいい季節には行きたい気がしますが。

クセといえば良くないとわかってはいるけど、定休日の週1回だけですが、外食のラーメン・・・
「何食べたい?」と聞くと。「メンメンとチャーハン食べる〜〜」って毎回・・・

まあスープは飲ませず、麺だけとはいえ。まあお菓子とかジャンクフードよりはいいと思うけど。
仕方なく、オープン以来の「てんほう」へ。
休みの日の昼食=ラーメンはあまりよろしくない習慣ですね。
勝負シューズ!FLOW5
今週末はいろいろレースがありますね。
長野では、長野マラソンの練習で千曲川ハーフに出る人が多いです。

自分は家族旅行メインの能登和倉です。

今更ですが、長野マラソンの勝負シューズがまだ決めてません。
候補の一つがコレ!

フロー
ブルックス・フロー5
詳しくはこちら

フロー2
26cmの実測では!243gでした!

まあ軽いのは軽いのですが、軽いシューズは他にもあります。
じゃあ何がいいの?

軽いのにクッション性能が高い点!
そしてシューズ反発が高い点!
です。

軽いシューズは大体クッション性能を犠牲にしています。
が!フローはダメージを最小限にしてくれると思います。

練習でガンガン使うシューズではないかと(ソール減るし、ヘタリも出るので)
ペース走やスピード練習ならいいと思います。

でもこれはやっぱりレース本番勝負シューズにピッタリかな!
値段も10000円ちょいなのでお手頃価格だと思います。

自分はFLOW5かニュートンかで迷ってます。
去年はブルックスの軽量系でかなり調子良かったので、迷います。
どっちにしろ能登で実戦で試しで使いたいので、今週末までに決めようかな。
実はロードレースはほとんど出ないのでフルマラソンの勝負系シューズが1足もないんですよね。

これ!おすすめですので、まだ勝負シューズ決めていない方は店で試しに足入れしてみてください。
パラダイム1.5
先日の小江戸91kmで使ったシューズ
アルトラ・パラダイム1.5
para1
詳しくはこちら

去年の春先からずっと愛用しています。普段の練習でもこれ使ってます。
かなりいいです!

270gぐらいで軽量なのですが、クッション性能がほんとにいいんです。
足のダメージはもちろんですが、足裏も痛くならないし!

通気性もあるし、蒸れないです。

ALTRAはもちろんゼロドロップシューズ。
setu
大きな特徴はやっぱりゼロドロップでしょう!
かなりフォームの改善にもなり、一番無理のないフォームでの走り方に変わると思います。

故障の多いひとには普段からの使用をおすすめします。

setu2
あと自分は左足が外反があり、一度これ履くとほんと楽です。
外反はまだ治りませんが・・・悪化はしていませんね。

アルトラもご紹介できていませんが、ローンピークとか他のモデルも入荷してます。
でもこのパラダイムはウルトラマラソンにはほんと最適です。
HOKAのゼロドロップ版という感じです。

まあソールは正直減ります(ウルトラですと)
で!アルトラはソールが減った状態で使い続けるのは厳しいです。
バランスが非常に大事なシューズですので。

店的にはおすすめしてはいけないのですが・・・さすがに高いシューズなので。
ソール補修材使えばかなり長く使えます。
ラバーじゃない部分は意外とボロボロにはなるけど減ることは少ないですね。
ミッドソールのヘタリはほんとに少なくて、自分も長く使っていますが、クッションの落ち方は緩いです。

結構おすすめなので一度店で試しに履いてみてください。

これもかなり良かった!
mag
塩吹くぐらい汗かいたけど、全く足攣りの兆候すらありませんでした。
レースで使ったのは初めてでしたが、かなり使えるジェルと確信できた!

長野マラソンはこれで決まりです!
 
BROOKS
ブルックスのランニングシューズ&トレイルランシューズ。
まだ入荷していないモデルもありますが、少しづつラインアップが入荷してます。

ただもうメーカー在庫が欠品のサイズとかもあり・・・
カラーチェンジしてサイズは揃える予定です。

brooks
全部ご紹介できないのでこちらでご参照ください。
詳しくはこちら

今長野マラソンの練習会をやっていて、ロードシューズで練習でおすすめシューズご紹介します。
ghost
定番のゴーストの最新バージョン。
「GHOST8」詳しくはこちらにて
使ってもらったお客さんの評判が一番高いモデルです。

ブルックスといえば「DNA」
ミッドソールに分子が練りこまれています。

簡単に言うと、ゆっくり走ると衝撃を吸収して!
速く走ると反発してくれる優れもののミッドソールです。

軽いんですが、きちんと衝撃も抑えて反発もするので、練習からサブ4狙いのレースにも使えます。

自分はグリセリンを使うことが多いですが価格的にゴーストのほうがコスパはいいと思います。

今年はサポートタイプもメンズ、レディス入れました。
rav
ラベナ7 メンズも展開中です。
詳しくはこちら

サポートタイプでアーチが落ちるのをサポートしてくれます。
サポートタイプは固めが多いんですが、このラベナは硬さを感じないので履き易いです。

ゴーストがニュートラルで、ラベナがサポートですが、大きな差は実際履くとあまり感じないです。
少しラベナのほうが安いですね!
少し膝とか不安ある人、アーチが落ちやすいひとにはおすすめです。

gri
グリセリンはちょっと高いです。
が、値段だけあり、スーパーDNA使用でやはりゴーストより高性能です。

個人的にはゴースト、ラベナで練習なら十分だと思いますが、ウルトラマラソンとかで、衝撃吸収と反発力をUPさせたい人にはお勧めです。
いわゆるHOKA系の衝撃吸収と軽さ重視でなく、シューズ反発も重視する人にはいいです!

自分も愛用してますが、反発がある分、HOKA系よりスピードは上げやすいです。
ちょっと高いけどブルックスのテクノロジーがぎゅ〜と投入されていますね。

あとはゴアテックス。
asr
詳しくはこちら

一応トレランシューズカテゴリーなんですが、雪&冬のロード練習の定番シューズです。
サポートタイプでちょい硬めですが、ロードでも走りやすいです。

防水でグリップもいいので滑りやすい路面では使いやすいです。
なんだかんだ冬はよく使うシューズです。
メッシュだと寒いんで。

ブルックスはほんと日本人の足にも合うと思います。
狭すぎず、広すぎず!
とにかく足入れ感がいいので、履きやすいです。

ぜひ一度走り込み期間突入してきましたのでお試しください!
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.