ベアフットサンダル・お買い得

ベアフットは要は裸足(素足)のことで。

素足で走る感覚で走れるシューズやサンダルが出ています。

 

有名なとこでは、ルナサンダルとか。

ファイブフィンガーもそうだと思います。

 

素足で走るフォームに矯正できるシューズとしては自分も愛用しているアルトラとか。

 

自分はアルトラとかは肯定しているのですが。

足裏やふくらはぎを鍛えるのに、ペラペラのルナサンダルで舗装路を走るのはちょっと抵抗があり。

今までペラペラで走ることはありません。

 

ただ店では、ペラペラのサンダルにBMZのインソールを張り付けて、できるだけ外反を悪化させないようにはしています。

 

慣れた人ならいいですが。

ペラペラ系はウォーキングとか芝生でのジョグぐらいから始めたほうがいいのではと個人的には思います。

いきなり硬い舗装路でガンガン走ると逆に故障する気がするので。

 

といいつつ。

ルナサンダルと同じ系統の「ゼロシューズ」のサンダルがお買い得価格にて入荷しました。

一番ペラペラのタイプです。

 

zero1

ほんとペラペラです。

 

「アムリ・Zトレック」

 ¥9504が ¥5900です。

 サイズはUS7からUS9までです。

 

zero2

鼻緒タイプでなく、スタンダードなサンダルタイプで普通に街履きで履き易いです。

 

特に自分的にはこれでガンガン走って、足底筋鍛えて、フォーム矯正しましょうと推奨はしていませんが。

普通に街履きや散歩とか、軽く歩きながら、鍛えていくのにはとてもいいと思います。

 

それで合えば、シューズからこれで走ってもいいんじゃないかなと言う感じ。

 

自分はテント泊でサンダルを持っていくのは無駄な重量&無駄な荷物と考えているのですが。

こんなに丸められます。

zero3

グリップもいいんで、テント泊でちょっと歩いたりするには便利だとは思います。

 

下山後や山行った帰りに履くには軽くて便利だと思います。

 

 自分も外反がなかなか悪化はしてないけど、戻ってはいないので。

子供の散歩ぐらいから試に使ってみてもいいかなと思います。

 

ルナサンダルは高いけど、この値段なら、自作する手間かんがえれば安いと思います。

いかがでしょうか?

 

川の道・すげー

長野市内や18号など、ゼッケン付けて走っているひと達見ました?

お客さんに、あの走っている人達、何のレース?って聞かれます。

 

「川の道って、クレイジーな人達が走っているんですよ。」

「ぜんぶでフルは520kmぐらい、小諸からハーフで250kmぐらい」

って言うと理解不能な感じです。

 

ほんと520kmって???

自分は100%ありえない距離です。

自分の3ヶ月分の月間走行距離だし・・・

 

参加されている方は何かしらの高い目標やモチベーションがあると思います。

なんせ100マイルレースを3回走っても、480km、さらにフルマラソン走る感じ。

 

店から野辺山まで100kmぐらいなんですが。

長野市から野辺山を2往復してさらに野辺山まで走って、ハーフに出る感じ。

 

ゆっくりだからとか、そういう問題じゃないです。

純粋のその距離を動き続けることは、体力はもちろんですが、メンタルの強さがないと無理。

 

自分はロードオンリーだと100kmまでがいいとこですね。

山とロードじゃダメージが全然違います。

 

山はいろんな筋肉を使うし、トレイルで下が柔らかいのでダメージは意外と少ない。

ロードは常時同じ筋肉を使い続け、下が硬いアスファルトなので、ダメージは半端ない。

 

自分もロードのウルトラもやるし、トレイルのウルトラもやるけど。

ロードのウルトラのほうが距離が延びれば伸びるほどダメージの蓄積が大きくキツイ気がする。

 

FB見てて、知り合いの選手も頑張ってて、直接応援は行けないけど、すごいね。

 

自分は川の道は一生出ることはないけど、なんか超ロングの山とか行きたくなりますね。

自分の勘ですが、今年、信越五岳トレイルランレース、なんとなく100マイルになる気がする。

割と当たるんですよ!自分の勘って。

 

100マイルになったら、絶対出たいな。大好きな信越五岳だし。

110kmのままでも、信越五岳は出ようかと思うけどね。

 

とりあえず、520kmには遠く及ばないけど、野辺山ウルトラに向け調整していきます。

なんか、100kmが実は短いんじゃないか?と錯覚させる川の道ですね。

 

まあ川の道戦士の皆さんには頑張ってもらいたいですね。

車との事故だけには十分お気を付けください。思考回路も落ちていると思いますので。

Itoitex ソックス

実はずいぶん前にいただいて、テストもして、2012年のTJARでも実際に使って非常に良かったんですが。

今まで店頭展開はしておりませんでした。

 

が。たまたま前回の展示会で出展されてて、展開することになりました。

 

Itoitex(イトイテックス)の5本指ソックス。

メーカーより抜粋しておりますが。

 

itoi

ショート 詳しくはこちら

 

itoi

 

itoi

 

itoi

 

履いた感じは最初ザラザラするし、結構履くのに苦労するんですが。

履いてしまうと快適です!

 

和紙と言う感じより、麻の感じですね。

でも不思議とピッタリフィットしてずれないし、汗かいて、びしょ濡れでも気にならないです。

自分は基本マメはできないので、マメ対策で使うことは無いのですが。

たぶんマメはできにくいんじゃないかな。

 

今週の長野マラソンは暑くなりそうです。

全然蒸れないし、汗でびしょ濡れになっても気にならないので、自分はコレで行こうと思います。

 

普段は、インジンジばかり使っているのですが、レースではイトイテックスで行こうと思います。

Xソックスでは5本指が出ていないので、ノーマルソックスならXソックスがおすすめですが。

 

セミロングもあります

itoi

詳しくはこちら

 

薄くて、しっかりフィットするので、インナーソックスでも使えます。

やっぱ天然素材を使用しているので、蒸れ感がしないのがいいです。

 

長野マラソンは暑くて、かなり発汗しそうなので、いかがでしょうか?

 

※しかし日曜日はやばい気がします。ちょっと予報だと20度!

 明日から一気に暑くなる予報。今朝まで寒かったのに。

 

これは長野のランナーにとっては致命的かもしれないです。

ジムで走っている方はいいと思うのですが、外走っている人はまず、発汗するための汗腺が開いていない。

暑くてもうまく汗が出てくれないので、体温調整機能が狂うんですよね。

これにより体温調整ができず、体の中で熱が籠ってしまう。

 

暑い中走れば、順応できるんですが、今日まで寒い中でしか走っていないもんで。

う〜ん無駄な気がするけど、明日サウナでも行こうかな・・・・

長野マラソン・パーフェクトジェル

土日で、長野マラソンの補給系の相談を多く受けました。

やっぱわかりにくい部分が多いと思います。

 

そこで明日11日から、数量限定で無くなり次第完売ということで

自分の経験から長野マラソンに完璧なセットを作成しました。

 

ホントに分からない人向けなので、わかっている人は自分で作成してください。

(※ほんと少ししか作ってないので、電話の取り置きとかもご遠慮ください)

 

finish

この3点セットでほぼOKです。

摂取方法です。

 

.好拭璽箸靴藤隠襭蹇腺横襭蹐阿蕕ぁ癖仁啌稿擦魃折する前)に、いきなりVESPAハイパー摂取。

これは、実は効きます。

VESPAは乳酸を抑える効果があり、スタートして体が温まったらすぐ摂取が後々効いてきます。

 

ウォーミングアップ後と言われているけど、待ち時間で体は冷えてリセットされるので、スタートして1kmぐらいが自分の経験では一番効率的です。

 

そしてフラスクには、いろいろ必要なモノ全て混ぜてあります。

 理想はフラスクを6回に分けて摂取。

NHK近くの10.4kmの給水所が1回目

落合橋わたってすぐの14.8kmの給水所が2回目

Mウェーブ折り返して、すれ違いが終わるぐらいの19kmの給水所が3回目

ホワイトリングの25kmの給水所が4回目

松代大橋をくぐって左折してしばらく行った29.6kmの給水所が5回目

岩野橋手前の34.1kmの給水所が6回目

 

アミノ酸や、ミネラル系も入っているので、こまめな補給が理想的です。

面倒なら、2回目、4回目、6回目で3回でもいいと思います。

 

ちなみにフラスクの中身ですが

funish2

VESPAプロ・半袋

 ZENの持久系アミノ酸・「とら」7粒分を粉にしたもの

ショッツのエレクトロライトパウダー2本

ハニスティンガージェル 3個

※あえてハイパーではなく、VESPAプロを使うことで、ジェルを緩めて飲みやすくしています。

 

さらにパワーアップさせたい方は別でVESPAハイパー1個入れてください。

この組み合わせで他は何も摂取する必要はないです。

※エイドでは塩系とか、饅頭とか、バナナなどは食べないでください。効率が落ちますので。

※エイドで摂取していいのは、スポーツドリンク(全エイドにて)25kmのエネルギーゼリーだけかな。

エレクトロライトパウダー2本で、足攣り対策に必要なナトリウム&マグネシウムは「塩熱サプリ・12個分」は摂取できるので、塩飴や梅干しとか食べる必要はないです。

 

最後に秘密兵器

STCのフィニッシュを岩野橋を渡ったら摂取してください。

これで最後エネルギーをフル出力して、一気に競技場まで!!

 

こんなものですが、買うと意外に高く全部で¥4000ぐらいしますが。

今回は特別な理由で、STCフィニッシュ&特製フラスク&VESPAハイパー3点セットで¥2900で販売します。

(理由は店頭で聞いてください)

 

STCのフィニッシュが、入れてもすぐ売り切れてしまい、明日11日にたぶん入荷します。

明日午後以降なら販売できます。

一応フラスクは冷蔵保存しているので、店頭には並べていないので、お声かけください。

 

他にも補給の組み合わせを変えてもできますし

補給方法はひとにより異なりますので、上記は参考程度にて。

どうやって補給していいかわからなく、慣れていない方はもしよろしければ、上記でほぼ大丈夫です。

 

レース中の補給はとても大事ですよ!

フルぐらいなら、カーボローディングなんか必要ないと思います。

レース中に補給していくのが、一番確実だと思いますね。

 

ヒップスター

長野マラソンに!

hip

 

hip

詳しくはこちら

 

「ヒップスター」

 

ジェル、スマホ入れて走るのにピッタリフィットです!

下から履く感じですが、ほんと全然揺れないし、具合いいですよ!

 

フルマラソン〜ウルトラマラソンに便利です!!

HOKA TRACER

小江戸大江戸マラニックで感じたこと。

 

小江戸でも91km、小江戸大江戸だと200kmという距離を考えると。

クッションの高いシューズが筋肉ダメージを抑える点で間違いなく有効かと思います。

 

選手を見ているとHOKA率が高いのも納得です。

 

が、今回自分は、あえて、お気に入りのアルトラのMAXクッションモデルの「パラダイム」ではなく。

重量も軽くはなく、シューズ反発の強い同じくアルトラの「プロビジョン」を使いました。

 

40km前後の練習会で使い分けて比較すると。

確かにパラダイムのほうが衝撃は吸収するけど反発がなく、スピードを上げようとすると逆に筋肉を使ってしまう。

プロビジョンは衝撃吸収はパラダイムほどではないが、反発力があるので、ある程度のスピードだと楽に走れる。

 

HOKAのロード系シューズで言うと

クッションが高く、軽量タイプの「クリフトン」

クッションより反発性優位の超軽量タイプの「トレーサー」

 

 個人見解ですが、フルマラソン・サブ4、ウルトラマラソン・サブ11ぐらいのランナーだとトレーサーが有効かと。

軽量で、反発とクッション性能のバランスがいい。

ウルトラサブ11ぐらいだと反発があったほうが楽に走れると思います。

 

トレーサーも十分ウルトラで耐えられるクッション性能はありますので。

実際小江戸で自分ぐらいのペースの選手は反発性優先のシューズセレクトの選手が多かったです。

(アシックス率が割と高かった気がするし、ソールもそんなに厚くない感じでした)

 

能登マラソンは、トレーサーで行ってみようと思います。

調子良ければそのまま長野マラソンもトレーサーで行こうかと。

 

そんなトレーサーですが、旧カラー少しだけですが安く販売中です。

tracer

¥18360が 30%OFFにて ¥12900です。

 詳しくはこちら

 

tracer

198g(メンズ)180g(レディス)超軽量なのでソールのラバーは最小限です。

 

レディスもあります。

tracer

詳しくはこちら

 

幅がクリフトンより細めなので、ハーフサイズ上げてもいいかも。

自分がクリフトン27cmでトレーサーは27.5cmです。

 インソールも入れ替えていますが、同じインソールでどちらもピッタリなので、長さは少し短めなのかもしれないです。

 

店頭展開中なので、気になる方はご試着ください。

パワーストレッチグローブ

昨日の夜から急激に冷え込みましたね。

寒くて、走る時グローブが欲しくなりました。

 

新商品など入荷してきています。

 

お気軽な価格で性能も高いパワーストレッチのグローブ。

mid1

 

去年も旧モデルで安くなっていたのもあり、かなり好評でしたが。

もう在庫は少ないですが、店頭展開中です。

 

mid2

詳しくはこちら

 

さすがに今季モデルのほうがタッチチップが織り込まれて、進化していますが。

ポーラテックのパワーストレッチには違いはありません。

 

今季モデルが¥4700すると思うと¥2000は安いです。

かなりトレランでもこの時期使えるグローブです!

 

※NEWモデルグローブはまたご紹介します!!

 

【RUN TRAIL】

runtrail

最新号入荷してます。

時間なくてまだ読んでませんが、9月〜10月はレースもあったし、いろんな記事掲載されている感じ。

あとでじっくり読みたいと思います。

 

トップ選手も時間があるわけではないと思います。

自分も自由な時間には限りがあり、うまく時間を有効に使うしかないです。

 

表題の強さには理由があるとありますが。

結局、練習したか、しなかったか、が一番のポイントかと。

 

さむくなり、走るのが億劫になりがちですが、長野マラソンは今年は少しは頑張ろうかと思います。

ALTRA アルトラ

自分はロードランやウルトラマラソンではアルトラのパラダイムを使っています。

ブルックスも使いますが、お気に入りはアルトラです。

 

外反があり、指先を圧迫しないアルトラのシューズはやっぱ楽。

ロードでは自分の走り方はフラット着地が基本で、スピード上げるときと登りだけフォアフットなのですが、アルトラはこういう走り方にピッタリフィットしていて、自分には合ってます。

 

こんな感じです。

 

 

そのパラダイムからNEWタイプが出ています。

まだ今の1.5が使えるので買い替えはしていませんが、色以外はかなりいいですよ!

para

詳しくはこちら

 

実はローンピークという定番のアルトラのトレランシューズがあります。

正直、走れるトレイルランコースなら、フラット着地で走るので、使いやすかったのですが、つま先部分と踵部分が固くで、つま先着地や踵着地がしにくい感覚が今までありました。

 

lown

詳しくはこちら

 

それが3.0にバージョンアップしてかなり使いやすくなりました。

急斜面での登りや、急斜面や岩場でのつま先着地での下り、踵からの下りの着地が格段にしやすくなったと思います。

 

日本のトレイルは急斜面が多いので、フラット着地だけでは対応できません。

そういう意味でそれほどトレイルでのアルトラは強くおすすめしていませんでした。

 

でもこのローンピーク3.0はクッション性もUPしたので、初めて欲しいと思いました。

 

正直グリップは強くありません。

でもそれほどグリップを必要としない土のトレイルを長く走るには慣れると疲れにくいと思います。

ロードもクッション性があるので対応します。

 

そう!ツールド長野にはかなりおすすめなんです。

でもそれ以上におすすめなのは!!

ネオシェルバージョン。

neo

詳しくはこちら

 

実は自分が買おうかと狙っているのは、メッシュタイプではなく、この防水タイプです。

 

ゴアテックスの防水シューズはやっぱアッパーが硬いんですよね。

このネオシェルは柔らかくて、ソフトにフィットするので、履いてて気持ちいいぐらいです。

 

防水で、蒸れにくく、乾きが早い。

ゴアテックスの弱点をすべて克服しています。

 

正直高いです。でも雪上ならソールも減らないし、ロードシューズよりはグリップもいいし。

長野の寒い冬のロード練習で使いたいと!

3.0はなかなかいい感じですよ!!

 

すいません。女性用はノーマルのローンピークしか展開していません。

lown

詳しくはこちら

外反のあるかたには、かなり評価が高いです。

ブルックス・ゴアテックス

まだまだ冷え込んではいませんが、だんだん寒くなり・・・・

雪が近づくと欲しくなるのが、ゴアテックスなどの防水シューズ。

 

定番のロードで使いやすいブルックスの防水シューズ。

今年NEWモデルが出たのですが、オーダーしているサイズですら入荷せず、最初からサイズ切れなどあり・・(ありえませんが)

 

シューズはかなりいいです!

 

ほんと定番のトレランシューズの「カスケディア」の防水バージョン!

と、ランニングシューズの一番人気「ゴースト」の防水バージョン!

 

人気のかなり履きやすい2機種から防水が発売されたのは嬉しいですね!

 

カスケディアはロードでも楽に走れて、グリップがいいので!

雪上でもかなり使えるシューズかと。

これからの寒い時期のトレランやスノーシューでも使えるうえ、ロードでもソールが減りにくいので、雪の日のランニングなんかでもかなり重宝すると思います。

 

cascadia1

詳しくはこちら

 

cascadia_wgtx

詳しくはこちら

 

ゴーストGTXはクッションが柔らかくて、かなり履き易くて!!

長野マラソンの練習で冬走るときの今年のイチオシでしたが。

在庫がほんとなくてすいません。

 

欲しい方はお早目おすすめです。(女性用はほんと最初から大きいサイズが入荷せず・・・すいません)

gtx1

詳しくはこちら

 

gtx2

詳しくはこちら

 

ゴーストはランシューズですが、基本ブルックスのランシューズは割とグリップがいいのも特徴!

去年までのアドレナリンよりかなりクッション柔らか目なので、履き易いです。

 

ただどこの防水シューズもメッシュタイプより、やや幅が細く感じるかと思います。

アッパーに厚みが出るので長さは同じでも甲周りがきつめになります。

 

ハーフサイズ上げるひとが比較的多いかな!!

まだロードでは防水必要ないですが、在庫はほんと無くなるのでお早目にいかがでしょうか?

 

【お地蔵さん】

今朝の息子。まだ病院ですが。

ryouji2

顔がまん丸で、目がピーと横に一直線で。

ほんとお地蔵さんみたいな顔してます!

 

新生児ってこんな軽かったかな?もう抱き方も忘れてて、ぎこちない感じでした。

ryouji1

ほんと、自分の子供だけに、かわいいです!!

赤ちゃんなんてみんな同じに見えるけど、自分の子が一番かわいいと思うのは親バカだからかな。

 

我が子が一番かわいいとおもうのは、どこの親も一緒!!!

言わせておいてくださいね。今だけだし。

 

早く家に帰ってこないかな〜〜と待ち遠しいです。

HOKA TRACER トレーサー

自分はHOKAのシューズをフルマラソンで使うことをおすすめしたことは無いです。

 

ウルトラマラソン系でのダメージを抑えるのには最適です。

故障予防の練習で使うにも最適です。

 

なぜ?フルマラソンやハーフマラソンでお勧めしないかですが。

ホカは衝撃吸収力は抜群ですが、反発力が足りないため、スピードを吸収されてしまうと思います。

(あくまで個人の使用での感覚ですので!)

 

が!!フルマラソンでもおすすめできるHOKAが出ました。

tracer1

TRACER トレーサー 

詳しくはこちら

まだ実測してないですが、198g

 

このシューズは、PROLITEという踵部分から中心部分はクッションの柔らかいミッドソール!

反発の欲しいつま先部分にかけて反発する硬めのミッドソールを使ってます。

 

自分が履いた感じでは、HOKAのクッション性&軽量性を持ちながら、スピードも上げやすい感じです。

 

ウルトラマラソンでもやっぱある程度のスピードをあげたいレース仕様!

かつフルやハーフでも、ダメージを最少に抑えたい人にはおすすめ!!!

 

tracer2

軽量化のためラバーは少な目です。

 

まだ先の話ですが、10月のくびきのウルトラの勝負シューズでお勧めします!!

野辺山のような下りが多い場合はクリフトンがいいと思いますが。

 

トレイルシーズンですが、ロードシューズのご紹介でした。

CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.