32km&100km

先週の10日は科野の国ラウンドトレイル・32km参戦

今週17日は秩父にてファントレイルラン・100km参戦。

 

正直ツアー以外ほとんど走っていないので、どちらもファンランに近いのんびりペースでしたが。

なんとか完走はできました。

 

科野の国は、ご近所なんで移動も楽ちん。

何度も走っているコースなので、コースもばっちり。

 

ただ朝からお腹の調子が悪く、直前までトイレに籠り。

前半は水分も補給できず、調子は最悪でした。

 

エイドで、イチかバチかコーラがぶ飲みしたら調子が戻り、それからはまあまあいい感じのマイペースで。

ゴール後も余力は十分あり、最後は気持ちよく終われました。

 

スタッフのかたも知り合いが多く、たぶん選手も知り合いはたくさんいたはずですが、スタート前にうろうろできず、あまり会えなかったな・・・

 

まあ地元でのレースなんで、40km以下は出ない方針ですが。

このレースは来年も出ようかな。

 

土日は秩父遠征。

正直、完走だけが目的で、制限時間全部使うつもりで、かなりスローペースで。

 

ご近所でないので、土地勘ゼロ。

駐車場申し込んだのに駐車場は満車で止められないし、焦った・・・

ギリギリにスタート。

 

正直コースはエグイ(特に前半)延々アップダウンが続く感じ。

 反面エイドは最高でした。(全エイドともに)

 

 みんな美味しかったけど、雑炊が一番美味しかった。

 

 スタートからゴールまでほぼイーブンペースで走れたので、タイムはイマイチかもしれないけど、自分的には次につながる完走となりました。

 

あんなエイド出されてしまうと、また出ようかなと思いますね。

やっぱエイドは大事です。

信越五岳のエイドも素晴らしいけど、それを上回るエイドだった気がする。

 

夜景がきれいで、ほんと久々に何も考えず、時計もしていないので時間も気にせず、山に向き合えた気がします。

今回はレースでしたが、たまには一人で山と向き合える時間が自分には必要な気がしました。

 

ftr

 

ftr

 

来年はもうちょっと速く走れるようにしないといけませんね・・・

あと1年はこんな感じで、自分のペースでレースも楽しめればと思います。

 

主催者のみなさん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

ツールド長野業務連絡

【ツールド・長野の件】

現在、資料、地図、ゼッケン等作成中にて、11月13日か15日には発送できると思います。

10月31日までにお申込みいただいた方は全員、受付しました。

ご入金確認後の発送となりますので、宜しくお願いします。

 

 資料発送後のご返金はできませんので、もし現時点で都合の悪い方いればご連絡ください。

明日12日までのご連絡でしたらご返金させていただきます。

 

もしこちらからのメールが届いていないかたいれば、店のアドレスを着信可能設定にしてください。

 

スタート地点を北長野駅近くに変更いたします。

人数が多いので、資料見て駐車場も分散して、有料駐車場をご利用いただければと思います。

詳細は送付の資料をご参照ください。

 

【ボランティア・スタッフ】

現在ギリギリのラインでスタッフは何とか回せる感じですが。

できればあと2名ぐらい募集します。

 

1日の20時〜翌2日の11時半ぐらいまで最後8Aにて耐えられるかた。

(交代仮眠可)

1日の夕方ぐらいまで、エイドスタッフか店でひたすら、いなり寿司やおにぎりを作ってくれるかた。

今年は前半が高速系なのと参加者が増えた関係で、エイド作成が大変になりそうです。

 

もしやっていただける方いればご連絡ください。

 

【預かり荷物】

一応スタート地点で荷物預かりします。

 車の方は、できるだけ最小限の荷物でお願いします。

店が狭いので、預かり荷物の置き場所が限られるのでご協力お願いします。

 

宜しくお願いいたします。

 

【科野の国ラウンドトレイル】

参加してきましたが・・・

朝からトイレに一体何回行ったかな・・・

調子最悪でしたが、鏡台山から持ち直し、完走だけはしましたが。

またご報告します。

ツールド長野コース変更点

ツールド長野のコース変更点です。

 

suzaka2

馬越峠から大洞山に登り、薬師堂に下ります。

多少倒木はありますが、ルートは明瞭で、危険個所もないので、夜間のかたが多いので安全面含め

 

明徳山ルート追加も考えましたが、夜間では危険と判断し今回はパスします。

 

suzaka1

明覚山エリアも変更します。

 

坂田共生の森を使用します。

ふれあい広場をエイド&チェックポイントにして1周&明覚山ピストンにします。

 

エイドは2回通過する感じです。

昨年の明覚山から反対側の峠までのコースで夜間だとちょっとルートミスするポイントがあり

危険個所もあるので、避けました。

 

大洞山下山後。小布施エリアまで、ロード区間はかなりわかりやすくなったと思います。

 

他は昨年と個別ルートの変更はないです。

現在時間みて地図作成中です。

もう少しお待ちください。

能登珠洲ウルトラ旅行

事後ですが、能登珠洲ウルトラマラソンへ家族旅行で行ってきました。

今年で3回目。

 

去年に引き続き、YUKIのご両親も一緒に行くので、子供達もおおはしゃぎでした。

土曜日は、寄り道してのとじま水族館へ。

 

正直この日は10時から長野マラソンのエントリーがあり。

 去年より1週間開催が後ろにずれたので。

 

長野マラソンのエントリー開始の10時はちょうど、イルカとアシカのショーが始まる時間。

 かなりレベルが高く、のとじま水族館が人気なのもわかります。

その後もペンギンのお散歩とか近くで見れて、ペンギンって賢いんですね。

 

noto

 

なかなかいい水族館でした。

また行きたいですね。

 

 その後珠洲へ移動し、受付や買い出し済ませ、キャビンへ

 海岸や公園、温泉を満喫し、BBQ。

 

あまりにお刺身とかも美味しく、飲みすぎた感もある中就寝。

 

翌朝、調子イマイチ。100kmだったらやばかったかも。

 スタート寒く、全く調子が上がらず、最後尾集団。

だんだん明るくなりますが

能登珠洲ウルトラ

有名なここのエイドで水分をがぶ飲みしたら少しづつ調子も戻りつつ

今回は60kmなので、そんなに焦らず。

 

能登珠洲は基本坂道が多いです。

能登珠洲ウルトラ

 

海もコースも天気も最高でした。

能登珠洲ウルトラ

 

去年は最先端の灯台で、全然余裕がなく、写真どころでない感じでしたが、今回は

能登珠洲ウルトラ

 

エイドでカレー食べて、調子は戻ってきた。

正直最後の20kmが一番いい感じで走れた気がします。

 

12時ゴール予定でしたので、まあ予定よりちょい早いぐらいで

能登珠洲ウルトラ

最後は子供達と一緒に。

能登珠洲ウルトラ

ゴール。

 

今回はゴール後のBBQとか子供の遊びとかに余力を残してゴールしたかったので60kmで正解でした。

とてもこの後40kmとか走ったらやばかった。

 

子供達も、おおはしゃぎで遊びまわっていたので、いい家族旅行になりました。

レース自体もとてもいい大会です。正直かなりおすすめです。

雨だと悲劇かもしれないけど、今回は暑くなく、寒くなくちょうどいい気持ちのいい気候の中走れて楽しかったです。

 

地物の海の幸もうまかった。

また来年も出ようかな。

※ネックは長野マラソンのエントリーですね・・・

 

 

ツールド長野募集開始

ツールド長野2018の募集を開始しました。

tag

詳しくはこちら

 

スタッフいただける方を募集しております。

12月1日(土) AM4:00から
12月2日(日) PM14:00までの間で可能な時間で構いません。

 

特に1日〜2日にかけてのALLナイトの時間帯が毎年ギリギリでして。

詳しくはこちら

 

まだ仮ですが、コースは久しぶりに地附山からの反時計で最後三登山にしようかどうかと

 

スタッフはまだまだ大募集中ですが。

選手のほうは、リピートでご参加いただける方が多く、もう少しで定員90名になる感じです。

一応出たい方を断るのは本意ではないので、お申込みいただければギリギリまでは受付します。

 

ご参加いただけるかたいましたら、お早目にお願いできればと思います。

 

エイドもご好評いただいているので去年並みの内容で、去年ラストまで足りなかった部分も増量します。

基本130km走るのが目的じゃなくて、長野の里山を楽しんでもらえればと思います。

タイム競争ではないので、表彰とかもありません。

 

「地図を見て読図しながら、のんびり時間を気にすることなく、食べることも楽しみながら、頑張れるだけ頑張って走る」

自分の好きなスタイルになっています。

 

ぜひお気軽にご参加いただければと思います。

信越五岳トレイルランレース2018

信越五岳トレイルランレース・100マイル撃沈してきました。

この1ヶ月足がどうにも痛くて練習ができなかったが、何とか関門クリアして!

スタッフでご協力いただいた皆さんのいる戸隠スキー場までは辿り着きたい一心でしたが。

 

練習量=結果はわかっていることなんですがね。

それでも今回は気持ちではずっと前は向いてました。

 

当日は仕事早めに終え、1時間昼寝して、家族でご飯たべて、現地へ。

110kmのパーティ後ということもあり、すごい人でした。

 

あっという間にスタート時間に。

パラパラ雨でしたが、寒くなくちょうどいい感じ。

今回はギリギリ笹ヶ峰の関門が間に合えばいいペースで無理なくと。

 

スタート。

とにかくみんなハイペース。

参加資格が100km以上のトレイルランレースを2回完走が条件なので。

やはりみんな走力がある選手しかいないのでしょう。

 

はやくも最後尾に。スイーパーのK桐さんの声が後ろから聞こえたので本当に最後尾でした。

でも焦ることはなく、最初の1〜2時間を抑えるのが大事なのは間違いないので。

 

淡々と自分の現状で疲労を溜めることなく走れるペースで進む。

自分なりには林道も全部走り、斑尾エリアの走れる登りも走った。

 

毛無山の下りは30人以上の縦列ができたけど、休憩区間と割り切り、みんな仲良く進んでました。

 

ただ既に眠くてボ〜とする。血糖値も下がっている感じ。

早寝の自分は既に寝ている時間で体は正直です。

 

赤池エイドで、飲まない予定のコーラに手を出した。

糖分とカフェインを体が求めていた。

まあこの先 袴岳登れば下りだし、コーラ飲んで多少調子が落ちても戻せるだろうと。

 

多少カフェイン効いたのか、少しスッキリして、長い林道下り。

 今度は普通の水が飲みたくなり、途中の沢で飲むとスッキリ。

 林道下ると未知のアパへの登り。

自分が想像したより、かなりきれいに整備されてた。たぶん相当苦労したんだろうなと、ありがたいと思いながら走る。

そんなにきつくない感じです。

 

アパのエイドへの下りはゲレンデで、ゆっくりダメージ抑えて、エイド着。

疲労感はあまり無いので、順調かと思いましたが。

 

ここから明るくなる。またまた想像以上に走れるいいトレイルが続いている。

かなり気持ちいい。

 

折り返して、関川沿いの緩やかな登りの砂利の道。

ここもなんてことなく、走り切れたのですが、急激に異変が・・・・

両足前面がどんどん痛くなりだして、登り歩くのは問題ないけど、下りは痛くて歩くのがやっとに・・・

登り走るのも痛くてしんどくなる。

 

結局青年の家まで、走ったり歩いたりの繰り返しで、下りは全部歩きになってしまう。

 

青年の家エイド着。また眠気が襲いかかる。眠い。昼間なのに。

トマトスープ飲みながら、とにかく我慢して歩けば、調子が戻ることを信じて、先を進むことにした。

 

ほぼ全部歩き。下りも登りも走ると痛くて走れず。逆にゲレンデの登りとかがハム使うので痛くなく楽ちんに感じる。

噂のチャンピオンだけは登っておこうと。

最初大したことないじゃんと思ってゲレンデクリアしていると突如現れた壁。

 

壁を登る選手が壁を這い上がるアリに見える。

一瞬立ち止まり。久々だな壁登るの。昔パワースポーツの志賀のレースで壁這ったことはあったけど。

でも登りはじめれば、足場には石とか足の置場はあったのでそんなでもない感じでした。

上州武尊の平坦な足の置場の無い非情なゲレンデ登りよりは楽でした。

 

きついのは下りです。

舗装路の下りは滑るし、急だし、足がビンビン痛むし最悪でした。

ゲレンデの下りも歩くのと変わらないペースでなんとか下る感じで。

 

たぶんこの区間だけで、100人以上は間違いなく抜かれたと思う。

赤倉エイド。とりあえずラーメン食べる。うまい。

見たくない時計を恐る恐る見て見る。黒姫関門まで3時間半。自分の予想でそれなりに走れて3時間。

現状の下りが走れない状況を考えると黒姫関門アウトだ。

 

先に進むか、ここで止めるか悩んで、とりあえずラーメンは食べようと。

そういえば結局粉飴ジェルは全エイドで1本もなかったなとか思いながら、美味しいラーメンいただきました。

 

一応係の人に「バス何時ですか?黒姫寄りますか?」って聞いてみたら、15分後に出発するとのことで。

即決しました。

 

申し訳ありません。戸隠スキー場ははるか届きませんでした。

90km弱で今回のレースは終了となりました。

でもさほど悔しさとかはなく、きちんと練習やトレーニングをしたひとでないと関門クリアできないし、完走ができないレースだと再認識できました。

結構楽しく走れたし、初めてのコースが多くて、信越の新たな魅力を味わえて楽しかった。

 

やっぱり信越五岳は最高の大会で、主催者のみなさんはもちろんですが、携わったスタッフ、ボランティアの皆さんの温かさ、優しさに触れることができました。

地元でこういう大会が開催されることがほんとうに嬉しく思います。

 

来年もエントリーできるかわからないけど、エントリー合戦には参戦しようかなと思います。

 

戸隠スキー場エイドのスタッフにご協力いただいたみなさん、たどり着けず申し訳ありませんでした。

ご協力いただきありがとうございました。

石川さんはじめ皆さま、レース準備、コース開拓整備、レース運営など本当にお疲れ様でした。

 

そして参戦された選手のみなさん、お疲れ様でした。

 

※110kmの女子優勝の澤田さん!おめでとうございます。

準優勝の山室さんもおめでとうございます。

実は2人ともレース前の補給系買に来てくれていて、山室さんには「一人地元の強い女子がいるよ!」と言っていたんですが。

澤田さんには「山室さんは速いけど、3位以内には間違いなく入れるから大丈夫だよ!」と表彰台は間違いないと思っていたけど、正直優勝までは想定していなかったんですが、トレマン特製パーフェクトジェルを¥4000以上買ってくれたのが多少役に立ったかな???

ペーサーの阪田さんも前日来てくれて、付いていけるか不安とか言っていたけど、いいコンビで走られたのかな?

 

あとハチマキさん初め、100マイル完走されたかたには敬意を表します。気持ちじゃ完走できないですね。

その裏の努力に称賛したいと思います。

 

まあこれで、個人的には気持ち的にひと段落です。

あとはボチボチ走りながら、決算〜ツールド長野かな。

一応今年も12月1〜2日でツールド長野やろうと思います。募集は決算後10月にHPアップします。

信越五岳トレイルラン準備

明日9月15日(土)は12時半〜15時までの営業とさせていただきます。

9月16日(日)は臨時休業とさせていただきます。

9月17日(月)は13時開店とさせていただきます。

 

地元での一番大きな大会でもある

「信越五岳トレイルランレース」参戦のため不規則で申し訳ありません。

宜しくお願いいたします。

 

本来万全の状態で臨みたいレースではありますが、

 気持ちで何とかしないといけない感じになっております。

何とか関門ギリギリペースでも少しでも先に進む気持ちではいます。

 

退路を断つため、2か所のドロップバッグには着替えは入れないことにした。

入れるとそこでリタイアしたくなりそうで。

 

普段はレースでも時計しないのですが、今回はします。

 かなり時間をシビアに気にしないといけない展開になりそうなので。

 

通常はフラスクに、VESPA、ZEN、ショッツパウダー、ジェルを混ぜているんですが。

今回はエイドにかなり頼ろうと、ジェル比率を低くして、アミノ酸などコンディションをキープしやすいもの中心に。

 

4日間ぐらいですがカフェイン絶ちしているので。

苦手な最初の徹夜区間では、カフェイン入りのジェルで、なんとか魔の2時〜4時半を乗り切りたい。

 

補給とペース配分は今までの経験で間違いない方向には持っていけるのですが。

あとは肝心のスピードが出ない部分で、その分、エイド滞在を最小限に抑えて行きたい。

 

とにかく未知のコースが多いので、じっくり走り歩ければ、ギリギリ関門間に合うかな?という感じです。

なんとしても戸隠スキー場までは行かないといけないので、頑張るしかないか。

 

【装備】

シューズは、ギリギリ、ブルックスのカスケディア13のワイドモデルが間に合い、ぶっつけで使います。

かなりいい感じで、間に合わなければ、白馬で使った、スポルティバのライカンで行こうと思いましたが。

 

おそらくトレイルはかなりグチョグチョの泥んこ系(特に斑尾の下り)だと思います。

グリップ性能と林道系の走りやすさと安定性を考えるとカスケディア13は最適かと。

 

待望のワイドで自分の足にピッタリ合う感じで!テスト兼ねて使ってきます。

 

ザックは原点回帰で、ネイサンの初期モデルの仕様に近い廃盤となってしまう「ジーロス」

自分も散々いろんなザックを使いましたが、ネイサンの初期モデルの仕様が一番背負いやすく、疲れにくい。

微調整が簡単で、サイドとチェスト(チェストをもう1本自分でストラップ付けました)のベルト調整がやりやすい。

肩のショルダー部分の形状が絶妙で、この形がたぶん背負いやすさのポイントかと。

 

廃盤になるのが惜しいザックです。

 

レインはヘリテイジで、グローブ、インナー、シャツはファイントラック、パンツはサロモン

この辺は使い慣れたもので問題ないかと。

 

ライトはペツルのアクティック(300ルーメン)のみで十分。

 一応黒姫の予備電池はデポしておき、常時下りはマックスで使うつもりです。

予備は使わない前提なのでイーライトで。

基本あまり明るいのは好きじゃなく150ルーメンぐらいでいいんですが、最近は目も良くないので。

 

そんなもんかな。あとは必携装備と小銭(自販機使うことはないと思うけど)

胃腸は丈夫なんで、通常ならたぶんガンガン食べれると思うけど、今週子供に風邪移されて、微妙に喉が痛く、調子が悪いので、どうなるか不安なので、保険でキャベジン2粒だけ入れておいた。

 

天気はたぶん夜間曇り〜16日は朝から小雨かガスぐらいかと見ています。

雨用のジャケットか軽量ウインドブレーカーどちらをもって行くかどうか悩むところ。

レインウエアとドライレイヤーは最後の低体温時の非常時の保険で基本使わない前提で考えています。

 

【エイド】

エイドが楽しみなのが信越五岳の楽しみのひとつ。

飲みたいけど今回もコーラだけは口にしないようにします。

あと白馬で経験したけど、クエン酸飲料は飲みすぎは危険。合成物質なので、自分の体が最後拒否反応して、クエン酸飲料飲んだら吐き気がしてもどしそうになった。

 

よく見ると白馬国際と同じものみたいで、じぶんはちょっと飲めないかも。

 

長時間、長距離だと天然素材系か普通の食べ物じゃないと自分は無理な体になってきてて。

ショッツはカフェインが多いので前半は使いますが、あとはハニースティンガーだけで。

エイドの粉飴ジェルも摂りすぎは危険信号出るので、ほどほどにして、普通の笹寿司とか、しゃり玉とか中心にします。

 

彩の国で飲んだんですが、スポーツ麦茶は美味しかった。ミネラルが足りないので、これだけで押し切るのは危険ですが。

持参のショッツパウダーと混ぜて使おうかと思います。

 

 若い時は何でもOKでしたが、年齢とともに、合成物質系は体が拒否するようになり。めんどくさい体になりましたね。

とにかく笹ヶ峰のカレーを目標に頑張ります。おととし食べて、レース中のカレーがあんなに美味しいとは!と思いました。

 

スタートの斑尾までうちから車で30分弱ぐらい、ゴールからうちまで20分ちょい。

このレースはほんと毎日見ている景色の中をぐるっと回ってくる感じで。

ただ妙高方面は未知のトレイルで楽しみです。

 

とにかく楽しんで、完走目指して、心折れないように気を付けます。

白馬国際トレイルランレース

昨日は白馬国際トレイルランレースに参戦してきました。

実は初めての参戦。

 

今まで信越五岳に近いこともあり、日程的に出ることができず。

 今回も信越五岳の前週で、避ける方向でしたが、調整でゆっくり走る前提で出ることにしました。

 

ウェザーニュースの予報に反して、ずっと雨。たまに止むぐらいでした。

参加者は多いです。あと女性参加者が多いのが印象的でした。

 

エントリーも厳しく人気大会ということで、何が人気なのかな??と確認してみた。

 

コースは自分のイメージとは全然違い、トレイル率が高く。

 かなり走れるコースで信越110kmを54kmに縮小させたような雰囲気のコースでした。

 

 岩岳も単にゲレンデ登って下るのかと思ってましたが、ちゃんと登山道があるんですね。

ゲレンデ感がなく、とてもいい感じでした。

 

つなぎのコースもこんなトレイルがあるんだという白馬の新しい発見もあり。

白馬と言えば白馬岳しか行ったことがなく、白馬のレースならではの新しい魅力が詰まったコースでしたね。

とてもいい大会だと感じました。

 

エイドの数は多く、54kmで9カ所もあり、雨と言うこともあり、エイドで300〜500mlぐらい補給すれば十分で、水分系はスポドリ、コーラなど置いてありました。

 

食べるものはほとんどなく、漬物と氷砂糖、オレンジぐらいかな。

岩岳山頂のエイドだけはかなり充実してて、うどんやレッドブルがありました。

持参のジェルを少な目にしたので途中エネルギーが足りず、岩岳でうどん3杯、レッドブルで復活できました。

 

今回は信越五岳のペースぐらいの想定でしたが、遅すぎでした。

 54kmで8時間40分もかけてしまい、このペースでは五岳は関門アウトです。

54km1周目8時間、2周目10時間ぐらいの感覚でいかないといけなかったかな。

 

そんでも30分の序盤の渋滞もあったので。

なんでこんなところで渋滞するかな??という程度の感じでしたが。

完全に止まり、後にスイーパーが見えたので、後ろから50番ぐらいだったのかな。

 

最初にある程度の位置で入らないといけないなと思いました。

 

あとはスムーズそのものでストレスはないです。

雨でかなりドロドロで滑りやすかったけど、雨でなければ走りやすいと思います。

 

制限時間はロングはやや厳しい感じがしますね。

そこそこ走らないと間に合わないかもしれない。

 

でもミドルもあるし、ショートもあるので、走力に合わせて出れば楽しめる大会です。

 

雨で、遅いタイムで、楽しんだ要素はないように見えますが、楽しんで走れましたよ!

来年も日程あえば出たいと思いました。

 

主催者の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

※鈴木長官が個人的にはサプライズでした。まあたまには走ってリフレッシュしないといい仕事できないしね。

さすが白馬だけあり、地元の人気スキー選手がゲストで来てましたね。

信越五岳ボランティア募集

9月15日から17日にかけて開催される

「信越五岳トレイルランレース」

100マイルと110kmの2つのカテゴリーになり、長野県の最大のトレランレースです。

自分も1回出れませんでしたが毎年参戦しているお気に入りの地元の大会です。

 

昨年より100マイルが新設されて、かなりのスタッフが必要になります。

一部の皆さんにはメールなどでご案内させていただきましたが。

 戸隠スキー場での最終エイドでのスタッフを信州トレイルマウンテンとしても募集いたします。

 

メールにてお名前、住所、携帯番号、メールアドレスだけご連絡いただければ幸いです。

できればお盆前ぐらいまでに、ご協力いただけるようでしたらご連絡いただければと思います。

こちらより

 

110kmで93km地点 160kmで143km地点です。

 正直ここまで来ている選手は、体力、気力ともに限界近いです。

スタッフの応援、励ましが最後の力になるところです。

 

自分も今回100マイルでエントリーしているので、スタッフ参戦できないのですが。

多くの知り合いのお客さん達も参戦しています。

たぶん全選手の一番の力になれるエイドだと思いますので、ぜひご協力いただければと思います。

 

※自分のところでは戸隠スキー場でのエイドスタッフの募集になります。

でも自分の地区の会報では、戸隠大橋手前のエイドのスタッフも募集しておりました。

 

たぶん、戸隠スキー場も戸隠大橋のエイドスタッフもオフィシャルのボランティア募集とは別の募集だと思います。

 

以下主催者の石川さんよりのメッセージと詳細になります。

 

皆さん こんにちは。大会実行委員長を務めさせていただいていますトレイルランナーの石川弘樹です。

多くの皆さんには、斑尾や信越五岳で選手としてボランティアとしてこれまで携わっていただき大変感謝しております。

 

信越五岳は今年10回目を迎え、信州エリアにお住いの皆様におきましてようやく馴染みのある大会に成長できたのではないかと思っています。

とはいえまだまだ未熟なところだらけで多くの方々の協力無しでは開催できないのが現状です。

 

今回、戸隠スキー場エイドステーションの運営を皆さんにお願いをさせていただきまして

チームワークと地元長野“愛”でエイドと大会を盛り上げていただけましたら幸いです。

9月の貴重な3連休なのですが大会をお手伝いいただける方いらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いいたします。  

 

<概要>

【日時】: 916AM9:00~917AM2:00

【場所】:戸隠スキー場

【内容】:レース中の143km/100mile 93km/110km地点になりますエイドステーションの運営

【募集人数】:約10名(10名以上でも助かります)

【運営時間】:設営から撤収まで約17時間

(長時間ですので交代で休憩・仮眠をおとりください。可能な時間帯だけでも問題ありません。)

【作業内容】:・大会側でご用意いたします飲料、食料(カットなどの簡単な調理あり)等を

エイドステーションに入ってくる選手・ペーサー(伴走者)への支給を行っていただきます。

・会場の駐車場に隣接したレストラン「とがくれ」にて戸隠名物の蕎麦を調理して提供を行います。

(こちらには調理を担当する観光協会の方々がいます)

・場合によってはエイド付近の誘導などもお願いさせていただくこともあります。

・会場の必要最低限の設営、撤収(テント設営などは前日・後日運営側で行います) 

※スタッフの皆さんが休憩する部屋(14畳ほどの和室)をレストラン「とがくれ」は建物内にご用意していますので交代でお休みください。

(申し訳ありません布団のご用意はありませんので寝袋をご持参ください)

【必要な持ち物】:動きやすい服装と防寒着(ダウンジャケットなど)。ヘッドランプ。レインウェア(上下)

雨天が予想される際は防水シューズ。仮眠用の寝袋や枕、着替えなど。マイカップなどもご持参いただけると便利です。

【備考】:・昼食・夕食は大会側でご用意します。(エイドで出すお蕎麦なども様子をみて召し上がってください)

・大会ボランティアTシャツを差し上げます。

・限度ある保険加入 

・スタッフが停められる駐車場あります。

・業務終了後は入浴施設の利用が可能です

 

なかなか大変だと思いますが、時間の融通は効くと思いますし、ご興味あればぜひともお待ちしております。

 

灼熱・野沢温泉

日曜日・野沢温泉マウンテントレイル参戦。

 

nozawa

 

暑かったです。

7時スタートで、野沢の温泉街を走っただけで危険信号発信。

 

とにかく熱中症にならないように、走れるとこも歩いて、安全走行でした。

沢につかり、風穴で涼み、エイドでとにかく水浴び。

 

さすがにかなり念入りに体を冷やし続けたので、北竜湖でやばかった以外は、なんとかなりましたが。

かなり歩きが多く、水浴び時間が長すぎ、2周目終了時点で14時10分

 

家族がスタカ湖で待っているので、14時前なら突っ込もうと思いましたが。

レース後にBBQで、バンガローに泊る予定で、真っ暗になりそうなんで、ここで終了しました。

 

でも十分走ったし、スタカ湖は涼しく、虫もいないし、快適そのもの。

子供達とも十分遊べたし、これで正解でした。

 

暑い中スタッフのみなさんも本当おつかれさまでした。

 

ほんと暑かったです。こんな日に走ってはいけないなと思いました。

走るというより、ほんと水浴びメインで、全身が常時濡れてましたね。

 

なんか恐ろしい猛暑が今後も続きそうですね。やっぱ山行くしかないですね。

CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.