チェーンスパイク

ここんところ、ずっと昼間はポカポカ陽気で、朝晩冷え込む感じです。

山の雪も若干融けているところも多いですが。

 

厄介なのは、標高がある程度高いと。

雪が解けて、それが朝晩凍結する場合です。

 

フカフカの雪の方がまだ安心です。

融けて凍結した雪面はかなり滑ります。

中途半端な感じのほうが滑ることが多いので!

 

この時期からはチェーンアイゼンが登山では必需品になると思います。

 

今年ブラックダイヤモンドからチェーンアイゼンが新発売になりました。

 

「アクセス・スパイク」 詳細はこちら

チェーンスパイク

 

チェーンスパイク

 

比較的、爪は小さめで、凍結部分で滑り止めで使うのに使いやすいです。

ブラックダイヤモンドのチェーンアイゼンの特徴で!

「軽量性」が一番かな。

他のモンベルとかと比較しても、かなり軽いです。

 

シューズに被せる伸縮する部分(エラストマー)部分が薄く軽量化されていて

全体的にかなり軽くなっています。

 

ちなみに安価なチェーンアイゼンは、伸縮する部分の強度が高くありません。

伸縮する部分は低温時に硬く伸びにくくなります。

その状態でシューズに被せようと無理に引っ張るので、かなり切れやすいです。

 

街中で使う分には切れてもいいですが、登山で使う方はそれなりの強度のものを選んだほうがいいです。

 

あとブラックダイヤモンドのチェーンアイゼンの使いやすい点

gear

後ろにナイロンバンドが付いている点。

 

結構、チェーンアイゼンって伸ばすのに力がいります。

特に女性ではグローブしたままだと大変かもしれないです。

 

このバンドに指を引っ掛けて引っ張るととても楽にできます。

グローブしたままでも大丈夫です。

 

寒い時期はこういう操作性も大事になります。

 

ブラックダイヤモンドからもう1点

「ブリッツ・スパイク」 詳細はこちら

チェーンスパイク

前面だけ、爪が付いているタイプです。

 

チェーンスパイク

こちらは簡単に着脱できます。

 

これは本当に便利で、手のひらサイズのコンパクト収納で!

ほんのちょっと滑るかなというときに、サッと装着できます。

 

爪が少ない分、引っ掛かりも少ないので、歩きやすいです。

ほんのちょっと滑って怖いなというときに便利!

 

あと!普通に雪が降って凍結したところを走ったり、歩いたりするときの滑り止めに便利です。

 

実はこの手の前だけ爪が付いた簡単着脱タイプはあまり種類がありません。

お店でも過去にやっていたのですが、ことごとく廃盤となってしまい。

 

メーカーでもLサイズは早くも完売しているので、求めている方は多いのですが。

 

そして一番登山に向いているモデル!BDではないですが。

スノーライン 「チェーンセン・ウルトラ」 詳細はこちら

チェーンスパイク

なんといってもこのタイプは前爪2本ついている点です。

 

チェーンスパイク

前爪があると、急斜面で前爪が引っ掛かるので、すごく登りやすくなります。

 

この辺だと飯綱山の冬ルートなどは結構急斜面なので、前爪あると安心です。

残雪時期や、雪渓でも急斜面だとつま先で歩くことも多いので、引っ掛かりがあるだけでかなり安心です。

 

もちろん普通のアイゼンであればいくらでも前爪は付いていますが。

トレランシューズに簡単に装着できるチェーンアイゼンだとあまり前爪付きはないですね。

 

前爪つきではないですが、登山で積極的に使うなら、

ヒルサウンドの「トレイルクランポン」はおすすめです。

詳しくはこちら

 

クランポン2

超軽量ではないですが、爪(刃)も他のものより大きく、引っ掛かりが大きいので安心です。

 

前足部にアイゼンの可動域があるので、歩きやすいです。

 

昨年は雑誌でチェーンアイゼンおすすめナンバーワンと紹介された効果もあり、かなり売れたチェーンアイゼンです。

確かに登山で積極使用するならおすすめですね。

 

チェーンアイゼンといってもいろいろ種類がありますので!

自分のニーズに合ったものを選んでいただくといいかと思います。

 

※しつこいですが・・・伸縮するハーネス部分は「エラストマー」使用しているのがお勧めです。

もしくはそれに準ずる強度のもの

登山中に切れるというのは命に関わることなので、正直安いのは安いなりと聞いているので。

TX TOP GTX

いよいよ標高が高い山は雪山モードに入っていくと思います。

 

前爪のついたアイゼンを装着する場合。

シューズもある程度の剛性の高さがないと装着しにくくなります。

 

冬山を軽快登山で楽しめるシューズということで!

 

500gの軽量冬対応・軽快登山シューズ

「TX TOP ゴアテックス」

txtop

詳しくはこちら

 

見た目以上に、軽いです。

 

txtop

ゴアテックスのシューズにゲイターが付いています。

 

txtop

トレランシューズではないので!

ソールもビブラムソール採用で!

 

アイゼンを取付してもきちんと蹴りこみできる剛性があります。

 

夏はテント泊などの少し重い荷物の登山にお勧めしておりましたが。

元々は冬対応の超軽量シューズの位置づけでして。

 

これからの雪山や残雪のアイゼン使うようなシチュエーションで活躍します。

 

500gなんで、トレランシューズよりちょっと気持ち重いかも??ぐらいです。

 

雪のトレイルランとかスノーシューならウラガノGTXがお勧めですが!

詳しくはこちら

 

こちらも価格が値下げされました!!

ウラガノは自分も去年使ってかなりおすすめ!

またご紹介します!

 

明日、雨は山では雪になるかと思います。

週末土日はまあまあいいお天気になりそうです。

足元も十分お気を付けください。

山泊・新商品

冷え込んできて、山はもう冬山仕様になります。

そんな中の新商品。

 

イーベント・テントシューズ

テントシューズ

詳しくはこちら

 

雪山対応の滑り止め付の防水防風の

ダウンテントシューズです。

 

寒い時期の山泊では、ダウンなどの中綿のテントシューズは必携装備。

 

足が冷えると寝れませんし、快適度は段違いです。

正直、そんなにバンバン売れる商品ではありませんが。

 

実は足が冷え性の方が、ルームシューズで使う人もいます。

ダウンたっぷり入っているのですごい暖かいですよ。

 

【トレイルシェルター】

ヘリテイジのトレイルシェルター(旧ストックシェルター)

が当店オリジナル同様、素材が新しくなりました。

 

かなり透湿性と防水性はUPしております。

 

トレイルシェルター

詳しくはこちら

 

当店オリジナルは軽量性最優先!

ヘリテイジのトレイルシェルターはユニーバーサルタイプで汎用性が高いです。

 

トレイルシェルター

 

トレイルシェルター

固定サイズのポールで110cm〜120cmまで対応しています。

 

これからの時期は積極利用でなく。

緊急時のために持って行く感じかと。

 

山は冷え込むので、万が一の場合にツェルトなど緊急装備は必要です。

 

ストックシェルターならポールさえあれば1分ぐらいで設営できるので。

 

一気に山は冷え込んできたので。

この時期は夏山感覚が抜け切れないで、装備が甘くなりがちです。

冬山と思ってウエア、ギアともに切り替えをしていきましょう!

 

LASER20プロ 4割引

軽快登山で毎年リピーターも多い!

超軽量・368g&20リットルのザック

 

テラノバ「レーサー20プロ」

laser20pro

数量限定ではありますが

¥14080が40%OFFにて

¥8400です。

 

詳しくはこちら

 

人気は超軽量で背面が大きく荷物の出し入れがしやすいのもありますが。

 

laser20pro

両サイド、両ショルダー前面にペットボトルなど入れられる

ザックを背負ったままアクセスできる、ポケットが計4個ついている点

 

これはホント使いやすいです。

両サイドのボトルホルダーは特に使いやすく楽に出し入れできます。

 

前部分は、コードロックで上部は絞れるのでスマホやデジカメ入れるにも便利です。

 

これから山もだんだん寒くなってきます。

防寒具や手袋などちょっと嵩張る荷物も増えてくるかと思います。

 

日帰りの軽快登山に使いやすいサイズで、トレイルランというより、軽快登山向きだと思います。

 

すごくシンプルで、背面のパッドもないので、丸めることもできます。

背面が大きく開いて荷物を入れやすいので!エコバックにも使いやすいかなと。

 

リピーターも多いザックですので、この価格ならお買い得かなと思います。

いかがでしょうか?

山小屋泊シーツ

コロナ禍で山小屋泊でシーツ持参をお願いする山小屋も多いかと。

 

そんな山小屋泊専用のライナーシーツです。

 

easy

 

イージーライナーシーツ 詳しくはこちら

 

かなり軽量で240g

ペットボトルの半分の重量と思えば荷物にはならないかと思います。

 

値段も¥2770と他のライナーシーツよりかなりリーズナブルな価格です。

 

easy

不織布なので収納サイズはそれなりですが。

持ってみるとかなり軽いです。

 

easy

 

もう少し早く販売できれば夏山シーズンに間に合い良かったと思いますが。

まあコロナ禍でいろんなことが急に起きたので。

 

生産数に限界があり数量限定とのことです。

使い捨てではないそうです。

 

いかがでしょうか?

軽快登山・カーボンポール

今年は日帰りの登山が主流になると思います。

そうなると体力の温存、できるだけ楽に登るのが大事になるかな。

 

トレイルラン用の軽量ポールは店頭でも取り扱いしておりますが。

 

今回は、カーボン製の伸縮ポール!

軽快登山向けの、かなり軽量で、強度の高いものです。

carbon

ガノー「カーボンミッション・FL」

詳しくはこちら

 

1本 198g

夏用バスケットとスノーシューで使えるスノーバスケットが標準装備。

 

198gは伸縮ポールとしてはかなり軽量。

ブラックダイヤモンド ディスタンスカーボンFLZ ですら180gですので!

 

何より、コストパフォーマンスが最高です。

カーボン仕様は価格が高いのですが。

 

元々¥14080で割安なのですが

数量限定で¥11800(2本で!)です。

 

登りメインで使うトレイルランというよりは

下りも積極利用する軽快登山向けかな!

carbon

下りでもかなり長くできるます!

 

carbon

 

ガノーは店でも販売している超軽量スノーシューも作ってます。

スノーシュー対応でスノーバスケットもつけられます。

 

店ではほとんどこういうフリックロックのタイプは取り扱いしてなかったので。

スタンダードポールは久々です。

軽いし、コスパがいいので、入れてみました!

 

今年の夏の軽快登山にいかがでしょうか?

軽快登山にXAミッド

開店以来

「トレイルランシューズで軽快登山!」

を提唱し続けております。

 

ここ最近はそういうお客様が増えてきております。

コロナの影響で、日帰りで手軽な山に行こうという雰囲気もあるからか?

登山の方が登山靴とは別で探しに来られています。

 

ローカット&メッシュなら「ウルトララプター」をかなりお勧めしてますが。

 

登山のお客さまは防水を求められる方も多く。

来年はもう少し防水ラインアップを増やせればと。

 

そんな中。

これが意外に個人的にはアルプス登山おすすめです。

ミドルカットなのですがワイドタイプ!

ultra

Xウルトラ・ミッド「ワイドタイプ」

詳しくはこちら

 

トレランシューズの感覚だとワイドでないほうが自分はしっくりくるんですが。

確かに、ワイドでないタイプと比較するとかなり圧迫感は少ない。

 

登山靴感覚で履きたい方には楽に履ける感じです。

 

ultra

 

ultra

 

ultra

 

 

実はワイドじゃないほうはサイズ限定でセール価格なのですが。

ultra

詳しくはこちら

 

ここ最近は華奢なトレランシューズが多くて。

こういう耐久性、ホールド性重視のトレラン系シューズが多くない気がする。

 

サロモンは完全にこのタイプはトレランではなく、ハイキングシューズカテゴリーにしているけど。

自分的には走れるのでトレランシューズの部類です。

 

ローカットだと不安な方にはおすすめです。

 

【余談】

来年の春にコロナがどうなっているのか?たぶん誰にもわかりません。

今年は3月にこういう形になり、レースはほぼ中止状態で。

 

じつはもう来年春2021年のオーダーを出し始めています。

どうなるか見えない状況での未来へのオーダーは至難です。

 

来年春は今年の状況踏まえて、臨機応変に対応できればと思っています。

NEWクロスオーバードーム

crosstag

 

詳しくはこちら

 

ストックシェルター同様生地が大幅に向上しました。

 

croo

 

耐水圧1.5倍 そして 透湿性1.9倍 さらに 軽量に!

 

ストックシェルターも同じ生地になりますが。

緊急時対応のストックシェルターに対して

 

積極的使用に向いている「クロスオーバードーム」

 

確かに結露はしますが、ベンチレーターもついていて換気にかんしては問題ないかと。

シームシーリングされているので、雨漏りも相当の雨でなければ。

グランドからの浸水はテント同様ありますが。

 

とにかく重量が軽い!

一人用で630g。(究極の一人用なら540g)

 

500mlのペットボトルにちょっとしたお菓子を付けたぐらいの重量です。

 

これで防水で完全自立するなら、積極利用ももちろんですが

万が一に備えて携帯するのもありかもしれない。

 

なにせ、今年は山小屋は完全予約なので、日帰りが中心になるかもしれません。

万が一体力的に下山できない場合を考えれば。

 

もちろんこれだけでは寒くて寝れないので。

最低プラス、マットとビビィぐらいは必要ですが、最低限なら2点でプラス300g

※ザックを敷く前提ですが

biby

 

1kgあれば全部着込めば最悪一晩ぐらいなら何とか寝れると思います。

それでもかなり寒いので夜中目を覚ますと思いますが。

 

それでも今年は山小屋事情が例年と違うので、備えは必要になるとは思います。

 

今年はテント泊も予約制の場所が増えると思います。

事前にご確認いただいてから、山に入ることをおすすめします。

 

山は自己責任ですし、今年は例年以上に安全面を考慮する必要があるかと思います。

自分も気を付けたいと思います。

 

懐かし SAVAGE GTX

今年の夏は、「1DAYアルプス軽快登山」

をする方が増えてくるのかな?と思っております。

 

そうなると足元も軽く!グリップ力抜群の

登山対応のトレランシューズがかなりおすすめポイントになるかな!

 

廃盤になっていたのですが。

メーカーにちょっとだけ在庫が出てきたので、店頭展開してます。

 

savage

スポルティバ 「SAVAGE GTX(ゴアテックス)」

 

ウルトララプターを防水にした感じです!

 

ソールパターンもウルトララプターと同じパターンです。

savage

 

自分も履いていたのですが、さすがに履きつぶしてしまい。

まだ上の子が小さかったので。

キャリーに背負って、燕岳にこのシューズで行った記憶があります。

 

ウルトララプター同様

安定性、岩場での抜群のグリップ性、足をしっかり包み込むホールド性

がいいので、かなり愛用しておりました。

 

防水タイプが欲しいというお客様も多いので!

ちょっとご紹介しています。

 

売り切れ次第完売となりますのでご了承ください。

 

毎年、6月〜7月は毎週展示会で定休日も東京出張で休みがなかったのですが。

今年はコロナの影響で、ほぼ展示会は中止となり、少し山に行く時間がとれるかも。

 

「1DAY軽快登山」が今年のメイン活動になりそうです。

個人的にはレースも無いし、のんびり山を楽しみたい気分です。

 

 

ストックシェルター・バージョンアップ

トランスジャパンアルプスレースでも

多くの方に使っていただいている。

「ストックシェルター・PRO」

詳しくはこちら

 

2020年本体生地がバージョンアップして入荷しました。

 

shelter

 

2020年モデルは、10dnの高強度極薄・日本製素材を本体に新採用。

パネル素材は特殊な防水透湿PUコーティングを国内加工し、

耐水圧は2019年モデルの約1.5倍、透湿性は約1.9倍と大幅に性能アップしています。

さらにパネル自体に通気性能を持たせることでより結露を軽減しています。

この高強度極薄素材は、織糸に特殊な強力糸を使用することで、引裂強度を上げながらも、さらなる軽量化を可能にしています。

 

重量も軽量になり本体で約210gぐらいです。

 

2020年は本来ならトランスジャパンアルプスレース開催の年でしたが。

コロナで早々に延期が決まり。

例年よりは売れないかな?と思い、正直あまり数量は多くは作りませんでした。

欲しい方はお早目がおすすめです。

 

TJARは延期となりましたが、今年はおそらくアルプスも1DAY日帰りの方が増えると思います。

自己責任の要素が例年以上に求められていくと思います。

 

万が一のエマージェンシー用としても、ストックがあれば簡単設営できるし、軽くて荷物になりません。

今年の夏山の備えにいかがでしょうか?

 

【アルプス】

ちょっと自分もあんまりチェックしていないので、いい加減なことも言えないのですが。

山小屋での宿泊制限や、山小屋休業もあり

今年の夏のアルプスは山行スタイルを変えるかたも多くなるのかなと思います。

 

これから色んなスタイルのご提案ができればと思います。

 

ツアーの団体の登山のかたは減るのかな?

逆にマイカー登山者が増えて駐車場が混むのかな?

もしかしたらアルプスは今年は行かないでおこうという人が増えるのかな?

全て推測で正直どうなるのかわかりません。

 

ツアーの次のステップで夏のアルプスツアーをどういう形にするか悩ましい状況です。

どちらにしても山小屋が開くまでは、アルプスは自重しますが。

 

皆さんはどんな感じで計画していますか?

CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

トレランシューズ

トレランザック

ドライレイヤー

ドライレイヤークール

スポルティバ

マグマ

itoitex

ULポール



trailmountain

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.