冠着山ファミリーイベント

「トレマン家族」イベント!

9月22日(日)からお泊りのひとは今朝まで。

冠着山ファミリー登山イベント開催してきました。

 

こちらも天気予報とにらめっこで。

メインの日曜日はなんとか登山の午前中は曇りぐらいで何とかなると思い決行。

結果的にまあまあのお天気の中楽しめました。

 

ステージ1は冠着山登山。

ちょっと子供達には急斜面かもしれないけど、距離はさほどでもないので。

 

坊城平いこいの森をベースにぐるっとしてきました。

山頂は風もなく、穏やかでポカポカ陽気でした。

山頂では子供達もおやつタイムや、草遊びなど楽しんでました。

 

kamuriki

 

下山後はステージ2・バーベキュー!

自分はキャビンのカギを取りにに行く間に炭もおこり準備万端

 

ステージ2まで参加の方が多く、車の運転あるので、アルコールは飲んでませんでしたが。

子供達は肉よりも、マシュマロ焼き、アメリカンドッグ、焼きそば、ぶどうが人気で。

 

皆さん、結構小食で、自分もかなり肉は食べました。

 

その流れで子供達次第で流れ解散にしていましたが。

まあ子供達が元気満点で。

3つのキャビンを交代で山道駆け巡り。3時のおやつだの。

 

焚火を始めれば、子供達は小枝を拾ってきて、焚火に投げ入れたり。

子供達はみんな楽しそうに遊んでくれていたので、それだけでほんと企画して良かったです。

 

完全に貸切状態でした。

 

ステージ3は花火大会&懇親会でしたが、まあBBQの続きみたいな感じで。

前日カインズに花火を購入しようと行くも、返品して在庫ゼロと・・・

幸い花火を持ってきてくれたS水さんに花火はお願いできて助かりました。

 

うちの下のチビは花火大嫌いで、花火中はキャビンで自分と2人・・・

その流れで自然解散となりました。

 

泊りはうちと、ご近所のS水さんだけで、キャビンは貸切で。

 まあ寝るだけでしたが、2人とも疲れたのか爆睡してました。

 

今朝は簡単にレトルトカレーで済ませて、帰ってきました。

 

 頻繁にはできませんが、たまにはこういうBBQと焚火を組み合わせたファミリー登山イベントもいいかもしれないです。

 

ご参加のファミリーのみなさん、お疲れ様でした。

冠着山トレマン家族イベント

当初山登りだけのトレマン家族ツアーでしたが。

お試しで、バーベキューや、キャビンでの花火大会、パパママ懇親会をプラスして!

 

922

詳しくはこちら

 

ステージ1からステージ3まで好きなステージだけご参加OKにしました。

 

登山口の坊城平に千曲市のキャビンがあるんですが、そこをベースにします。

922

定員20名1棟、定員10名1棟予約したんですが、安い。

2棟で¥6300

参加者いなくても、この値段なら奥野家だけで泊っても十分安いです。

 

小さい子だとテントはハードル高いので、キャビンで。

明日定休日に入金(今時振込不可で、役場までで払いに行かないといけないみたいで)

と下見に行ってきます。

 

バーベキューも東屋か駐車場兼の広場でできるみたいなので移動もなく楽々かなと。

一応一式こちらで準備するので、基本子供の飲み物だけお持ちいただければOKです。

 

安いだけあり、お風呂はないので、入りたいひとは上山田温泉で入ってきてもらい。

夜の部をやろうかと。

やっぱ花火かな。

 

花火やりながら、パパママ会の懇親会もやりたいと思います。

飲み足りないかたは、子供が寝静まってからも泊りなので十分飲めると思います。

 

kamuriki

冠着山は別名姨捨山。

山頂は広々していて、おやつタイムには最高です。

 

3連休予定が決まっていないご家族のご参戦お待ちしております。

家族登山〜アルプス八方池〜

明日8月25日(日)ですが白馬岳ツアーのため14時開店させていただきます。

もう少し早く開店予定でしたが、4時ではタクシー取れず、4時45分になり、ちょっと遅れます。

 

【家族登山ツアー】

かなり遅くなりましたが・・・先週のトレマン家族ツアー。

北アルプスの八方池へ行ってきました。

 

お天気最高かなと思いましたが、台風一過も完全でなく。

稜線は相当寒く、風が強かったそうで。

 

さすがに八方池までは心地いいお天気でした。

 

いつものツアーよりゆっくりで8時集合。

リフト2本使います。

 

たかが八方池までとはいえ、まだ小さい子にはなかなかの山です。

のんびりのんびりと。

 

今日も2〜3歳チームもいたので、うちのチビ含め、歩かせたり抱っこしたりで。

去年はなかなか歩かなかった上の子もちゃんと歩いてました。

 

kazoku

池のほとりでおやつタイム。

 

kazoku

唐松帰りのK井さんに撮ってもらいました。

 

kazoku

うちの子が撮影。

やっぱ視点が低いですね。

 

 子供目線でしか見えないものがいろいろあるんだろうな。

 

家族登山でアルプスはなかなかハードルは高いですが。

八方池までなら大丈夫かな。

 

ご参戦のみなさま、ありがとうございました。

トレマン家族ツアー〜米子瀑布〜

明日8月17日(土)は臨時休業させていただきます。

「トレマン家族」のツアーで八方池トレッキングに行ってきます。

 

開店時間遅らせればお店も開けられるのですが。

子供達も夏休みなので、たまにはゆっくりしようと思います。

 

お天気は良さそうなので、アルプスの第一回目のトレマン家族ツアーとしては楽しめるといいですね。

 

【米子瀑布】

12日はちびっ子向けのトレマン家族ツアーでした。

米子瀑布の遊歩道一周するだけで、大人にしては物足りないですが。

ちびっ子ぐらいなら十分すぎる山登り。

 

大きな滝も見れるし、夏の思い出になればいいかなと。

 

さすが米子瀑布は朝は寒いぐらい涼しく!

今回サポート隊でT子さんが来てくれて、岩場も多いので助かりました。

 

この日は年齢層は低めで2歳児が多かったです。

うちのチビは歩いたり、抱っこしたりで、半分以上は抱っこでしたが。

まあ楽しそうにはしてました。

 

yonago

 

yonago

 

3連休でしたが、人は少ないです。

前日の破風高原もそうでしたが、標高1500mぐらいでいいとこなのですが、ほんと人が少ない。

もう少しアピールしたほうがいいんじゃないかなと思いましたが。

逆に穴場で静かなのがいいのかもしれない。

 

yonago

集合写真。

 

このあと東屋のあるビューポイントでおやつタイム。

下界と比べればかなり過ごしやすく、子供達も遊んでました。

 

自然は子供達にもいい刺激を与えてくれるので。

またちびっ子向けは継続していきたいですね。

 

とはいえおやつタイムが長すぎたのか、2時間以上かかりましたが。

しかし下界はやばい暑さが続いていますね・・・

 

【サンマリーン】

このまえの水曜日は定休日で一日予定もないので。

子供達を連れて初めてサンマリーンに行ってみた。

 

室内プールなんですが、かなりの充実度でした。

小さい子のプールも広いし、波のプール、流れるプール、ロング滑り台、お風呂のようなジャグジー、サウナ。

もちろん普通に泳げる四角いプールもあり。

食堂もあるし、キッズルームもあり。

 

ファミリーがほとんどでしたが、普通に大人も楽しめる感じです。

 

自分一人で連れて行ったので、下のチビが波プールとか、流れるプールを怖がってしまい、なかなか大変でしたが。

お兄ちゃんがある程度譲ってくれたので、結構ジャグジーで遊んだりしてました。

 

お昼を食べて帰ることにしたのはいいけど、2人とも回転寿司が食べたいと言い張り。

「絶対混んでるから、待つから、ファミレスにしよう!」というのも聞かず。

仕方なくスシローへ。

案の定激混みなうえ、今みんなスマホで予約してから来るんで、かなり待ちました。

その間チビは寝ちゃうしzzz

 

仕方ないので、長椅子に寝かせて、先に自分と長男がゆっくりゆっくり食べて。

最後にチビを起こして食べさせて。

スシローに2時間半ぐらい居たかな。おかげで暑い時間帯は冷房の中でしのげました。

 

夜は近所のお友達と花火の約束があり、19時に近くで。

いきなりロケット花火やるもんだから、チビが怖がり、「おうちにかえる!!」と泣き出して・・・

 

生まれてから割と怖いもの知らずで、無鉄砲なところの多い次男でしたが。

最近はほんと怖がりで、音の大きい花火、雷とかは全然ダメで。

足のとどかないプールとかもダメ。

ことあるごとに「こわい〜〜」で抱き着いてきます。

 

いろいろ成長して来ていろんなことがわかりだしてきているんでしょう。

イヤイヤ期から「なんでなんで攻撃」が始まり、お兄ちゃんとも遊べるようになってきました。

はやく2人だけで遊べるようになれば少しは楽になるのかな?

 

まあ今は家にいると大変ですね。

 

 

CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power



trailmountain

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.