FASTPACKING

雑誌が発売されました。店頭でも販売中です。

fast

 

RUN+TRAILの別冊

「FASTPACKING」

 

一応、お店が見開きで紹介されているのと、エプソンの広告に乗っているので。

パラパラと見てみました。

 

まあいろんな考え方、装備の選び方があるんだろうなと。

装備を選ぶときに、やっぱ行く場所、行く季節をきちんと考える必要があると思います。

 

信州の山は、アルプス中心に夏は短い。

基本夏でもベースは0℃で考えて、それ以上の(たとえば5℃対応)装備で耐えられるかどうか。

軽量化で、快適度は落ちると基本考えたほうがいいですが、快適度を落とさない程度の軽量化が現実的だと思います。

 

TJAR(トランスジャパンアルプスレース)がメディアで取り上げられたりしましたが。

基本、選手の多くはアルプスでは快適性は全く無い装備です。

雨降れば雨漏りするし、寒くて寝れないのを疲労感で寝ている感じです。

必要最小限の安全を確保する装備というだけで、正直普通の装備ではないです。

 

自分はこの雑誌を見て、行き過ぎは危険だと感じました。

 

軽量化はいいと思います。

ただ行く場所、行く季節で、最悪の想定(暴風雨とか)してセレクトしていく必要はあると思います。

高所では真夏でも風雨にさらされれば、低体温で危険な状況になります。

 

超快適なテントやシュラフやマットを持参しても、暴風雨がくれば、常にテントを守るので精いっぱいになります。

経験値が高いひとは、対応できても、慣れていない人が軽量性のみでセレクトすると対応できなくなります。

 

自分は正直、お店でアルプス行く人にストックシェルターの積極利用はおすすめしていません。

経験値の高いひとならいいですが。

1DAYロングで、万が一のビバーク対策とかでおすすめしてます。

 

寝袋もエスケープビビィだけでは100%寒くて寝れないと!必ず最低5℃以下対応の寝袋持参で!と

 

正直ストーブは無くても問題ないと考えているので。好みで!

バーナーも軽いし。自分は個人的にアルコールストーブは好きじゃないので。やっぱガスが一番かな。

 

困るのはザック。

それなりに快適で、軽量な装備をセレクトすれば30〜40リットルに収まります。

でも軽量で具合のいいこのサイズのザックがほんと無いです。

展示会でも見て回りましたが、1kg以上のはいくらでもあるんですが、1kg以下のがほんと無い。

 

まあそこまで軽量化にこだわる必要はないのですが、やっぱザック重量は大きいと思います。

 

シューズはいっぱい、おすすめできるのはありますね!

やっぱトレランシューズ使って欲しいな。絶対楽だし!

 

軽快テント泊登山で、快適性も考えて、軽量化しても、8kgぐらいには収まります。

通常テント泊でいろいろ持っていけば16kgぐらいになるので、かなり楽に行けます。

 

まあ泊りに限らず、1DAYでも装備の軽量化はいいですが、必要装備を削ることは避けてください。

 

まず行く山域、行く時期をきちんと考慮することが大事!

快適性と安全性をきちんと考えての軽量化は山を快適に歩けるのでおすすめです!

 

山を甘くみてはいけません!

経験値に自信のないひとは、軽量性より安全性にシフトした装備セレクトがいいと思います。

間違えてもアルプスで底のないシェルターなんかで行かないでくださいね!

 

ツェルト泊とか、究極の軽量化した泊りは、経験値を重ねた上で実践しないと非常に危険だと思います。

夏山のシーズン突入のタイミングで、雑誌の発売が重なり、ちょっとこの雑誌を読んで、そのままアルプスのロングトレイルに入ろうと思う方もいると思いましたので、少し警笛的に書きました。

 

雑誌では経験のある人がセレクトしているので勘違いしないでくださいね!

もし不安でしたらご相談ください!!

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555235
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power



trailmountain

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.