MURA18 妙高山岳わくわくマラソン

久々にレースに出てきました。

MURA18 妙高山岳わくわくマラソン。

 

wakuwaku5

詳しくはこちら

 

今年が第一回で、妙高の国際アウトドア専門学校の主催。

毎年信越五岳でもお世話になっているところです。

 

全部ロードなのですが、限界集落のような山里の集落(MURA)を18回る感じみたいで。

自分が大好きな、山里の田んぼとか風景の中を走る感じかな?と思い参加してみた。

 

が!!自分の想像以上に自分が大好きな感じのコースで!

妙高の紅葉を甘く見てました。

これでもかという素晴らしい紅葉と景色の中、苦しくも楽しく走らせてもらいました。

 

今回1回目ということで参加者も少なかったですが、これはコースはほんと間違いないです。

累積標高2000m。正真正銘の山岳マラソン。

わくわく?確かにいったいどこまでこの上り坂が続くのか?いつ上り坂が出現するのか?ワクワクしました。

 

こんな感じの道がほんと多いです。

wakuwaku1

長野でも、山里行くと、こんな道多いですよね?車が一切通らないような。

今回6時間走って、スタッフ以外の車は10台も見なかった気がします。

 

これをウルトラまで伸ばしたら、さすがに恐怖のコースになりますが、55kmが程よい。

タイム競争ではなく、マラニック感覚で走ると楽しいと思いました。

 

今回、結構真面目に走る予定でした。スタートするまでは。

前の日に、ツアーの朝寒くて、風邪の引き始めになり、鼻水止まらず・・・葛根湯飲んで。

体もだるいけど走れば治るかな?と思いましたが、甘かった。

 

6時スタート。スタートと同時に全然体が思うように動かない。

最初の急な登りで、引き返してリタイアしようかと思いましたが、ゆっくりでも行けるとこまでと思い。

 

走るうちに、リタイアできないとこまで来てしまい、どこにいるのか?土地勘もないし。

ほんとヤバかったです。ちゃんと上下着込めば良かった。

レース中、ず〜〜と登り坂でも寒気が取れず、手もかじかみ感覚なく、鼻水垂らし・・・

 

なんとかエイドで元気をもらって次に進む。

筋肉的には全然問題なかったので、リタイアする理由もないし。

 

wakuwaku3

自分の携帯ヘボカメラなので、ほんとはキレイです。

 

wakuwaku2

 

ほんとはもっときれいで、幻想的でしたよ。

途中から携帯出すのも手がかじかみ面倒で、やめちゃいましたが、ちゃんとデジカメ持っていけばよかったと後悔。

 

まあそんでもどうにかこうにか、最後のエイドでうまいものいただき元気になりゴール!!

12時ごろかな?6時間ちょいだと思います。

 

もう寒いので、着替えて、早く家に帰って風呂入って生き返りたい気分で。

たこ焼きが気になるが、子供達が並んでいるので、まあいいかと思い帰路へ。

 

思えば、この時間でゴールできたなら、午後開店できるな。

 来年はそうしようかな。

 

でも息子たちとも久々にゆっくりできました。

musukotachi

 

主催いただいた皆様、エイドや誘導で寒い中頑張っていただいた、スタッフ、地元の皆さま。

自分も相当さむかったけど、スタッフの方のほうが寒かったはず。

本当にありがとうございました。

 

来年も開催されれば出たいと思います。久々に自分のなかではかなりヒットしたコースでしたね!

また宜しくお願いいたします。

 

※レース前はコースマップ真面目に見なかったけど、走ってすごいいいコースでしたので、自分でも行ってみようとコースマップをチェックしてみました。途中に遊歩道の入り口とかあったのも気になり。

 

そしたら、信越トレイルの裾野の走ってたんですね。

仏ヶ峰とか、毛無山とかの稜線が近かった。

 

100kmとれるんじゃないかな?まあ55kmで程よいと思いますが。

100kmとかになれば、わくわくマラソンレベル超えちゃうかな?

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555285
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.