サロモン軽快冬シューズ

寒くなり、標高が高いところでは雪が積もり始めています。

冬山というと、重い登山靴でしか行けないイメージがあるかもしれませんが。

 

厳冬期の3000m級は無理ですが。

長野の2000m級なら、かなり軽量のシューズで全然行けます!

事実スノーシューツアーは2000m以上の山でも防水トレランシューズでみんな行っています!

 

そんな冬山もシチュエーション次第で軽いシューズで行けるので。

サロモンのかなり特化したシューズです。

 

定番になりつつありますが。

alp1

S−LAB X−ALP カーボン ゴアテックス

詳しくはこちら

 

このタイプはカーボン製のシャーシがソールに内蔵されていて、軽量なのですがネジレ剛性の強さがあります。

通常の冬靴とり足首周りが楽だし、軽量でかなり歩きやすいです。

 

alp2

タン部分は長いですが、インナーシューズはローカットになります。

それをゲイターで覆う感じで、ゴアテックスなので防水もバッチリです。

 

アルミタイプのバンド式ならば、前爪付きのアイゼンも問題なく取付できます。

 

八ヶ岳ぐらいなら全然厳冬期でも行けるシューズだと思います。

アプローチでの歩きやすさは抜群で、アプローチから山頂までスピード軽快登山対応のシューズと言えますね。

 

さらに特化した究極ともいえるシューズ。

alp3

S−LAB XA ALPINE

詳しくはこちら

 

 一見中のインナーシューズの感じから、レース用のトレランシューズ「S−LAB センス」にゲイター付けただけじゃないの?と思うかもしれません。

alp4

 

全く別物です。

ゲイター付きで完全防水なのは言うまでもないのですが。

凄いのは、見た目と違う「シューズ剛性の高さ」だと思います。

 

メーカーいわく「カーボンシャーシテクノロジー」というらしいですが。

これがほんとに履くとヨコブレを感じません。

 

岩場やガレ場でブレるシューズだと攻めていけませんが。

これは岩場を登りも下りも攻められるシューズだと履いた感じでは思いました。

 

で!冬

alp5

現実的には、軽量スノーシューやチェーンアイゼンで行けるレベルなら問題なく行けると思います。

残雪期、雪の降り始めの山、厳冬期2000mクラス、ここまでは十分対応できると思います。

3000m前後の冬山だと厳しいかな。

さすがにシューズが前爪付きだとアイゼンに負けてしまいます。硬い雪の斜面を蹴りこむには柔らかすぎますね。

 

でもこの軽さ、グリップ性、軽さに比例しないネジレ剛性の強さはかなりインパクトありますね。

ちょっと高い気がするけど、特化したシューズなので雪だとシューズは傷まないので、ニーズにマッチすれば長く使えると思います。

 

ちょっと遊ぶなら!

speed1

ド定番「スピードクロス4ゴアテックス

詳しくはこちら

 

4代目ということで雪上ではかなり評価が高いです。

雪上ランニング、積雪の多くない雪上トレイルラン、スノーシューなど

冬のちょっとした遊びやランでは非常に使いやすいです。

 

speed2

ソールパターンも雪上でグリップする形状になっています。

 

 遊び方、楽しみ方に合わせて、選べるサロモン冬対応のシューズ。

全てに共通して言えるのは、夏山でも使えるし、オールシーズン対応ということです。

登山靴の代わりに使うと軽快登山の幅が広がると思います。

 

 すぐに雪本番になると思います。いかがでしょうか?

 

【女性用HOKAお買い得】

前回メンズだけですが、HOKAチャレンジャーなど旧カラー、旧モデルのお買い得をご紹介させていただきました。

実は女性のお客様から女性サイズはないのか?お問い合わせがあり。

 

各モデル1サイズしか店頭にはありませんが、セール価格にてお取り寄せは可能です。

チャレンジャーはないのですが。

 

hoka

 

kai1

kai3

カイルア トレイル ¥10000 詳しくはこちら

 

kairua3

カイルアSトレイル ¥10800 詳しくはこちら

 

カイルアとカイルアSは基本的には同じタイプでカイルアSがビブラムメガグリップ採用しています。

ツールド長野で使うには十分すぎるグリップ性で、チャレンジャーよりやや重い分グリップ性能が高くなっています。

ホカの定番人気モデルのシューズです。

 

stin1

スティンソン3 ¥14000 詳しくはこちら

 

 クッション性能がチャレンジャーより高く、グリップ性は同じぐらいです。

長距離の舗装路により強いモデルです。耐久性もあります。

ただ現行モデルのカラー落ちですが、元の値段が¥21600なので、安くてもそれなりの値段です。

 

現物は店頭にありますので、よろしければご来店いただければと思います。

 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555286
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.