HOKA TRACER

小江戸大江戸マラニックで感じたこと。

 

小江戸でも91km、小江戸大江戸だと200kmという距離を考えると。

クッションの高いシューズが筋肉ダメージを抑える点で間違いなく有効かと思います。

 

選手を見ているとHOKA率が高いのも納得です。

 

が、今回自分は、あえて、お気に入りのアルトラのMAXクッションモデルの「パラダイム」ではなく。

重量も軽くはなく、シューズ反発の強い同じくアルトラの「プロビジョン」を使いました。

 

40km前後の練習会で使い分けて比較すると。

確かにパラダイムのほうが衝撃は吸収するけど反発がなく、スピードを上げようとすると逆に筋肉を使ってしまう。

プロビジョンは衝撃吸収はパラダイムほどではないが、反発力があるので、ある程度のスピードだと楽に走れる。

 

HOKAのロード系シューズで言うと

クッションが高く、軽量タイプの「クリフトン」

クッションより反発性優位の超軽量タイプの「トレーサー」

 

 個人見解ですが、フルマラソン・サブ4、ウルトラマラソン・サブ11ぐらいのランナーだとトレーサーが有効かと。

軽量で、反発とクッション性能のバランスがいい。

ウルトラサブ11ぐらいだと反発があったほうが楽に走れると思います。

 

トレーサーも十分ウルトラで耐えられるクッション性能はありますので。

実際小江戸で自分ぐらいのペースの選手は反発性優先のシューズセレクトの選手が多かったです。

(アシックス率が割と高かった気がするし、ソールもそんなに厚くない感じでした)

 

能登マラソンは、トレーサーで行ってみようと思います。

調子良ければそのまま長野マラソンもトレーサーで行こうかと。

 

そんなトレーサーですが、旧カラー少しだけですが安く販売中です。

tracer

¥18360が 30%OFFにて ¥12900です。

 詳しくはこちら

 

tracer

198g(メンズ)180g(レディス)超軽量なのでソールのラバーは最小限です。

 

レディスもあります。

tracer

詳しくはこちら

 

幅がクリフトンより細めなので、ハーフサイズ上げてもいいかも。

自分がクリフトン27cmでトレーサーは27.5cmです。

 インソールも入れ替えていますが、同じインソールでどちらもピッタリなので、長さは少し短めなのかもしれないです。

 

店頭展開中なので、気になる方はご試着ください。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555350
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.