軽快登山

9年前

「軽快登山&トレイルラン&ラン」のNEWスタイル・コラボレーションショップとして

信州トレイルマウンテンはオープンしました。

 

当時は「軽快登山」という言葉はなく、未だにあまり浸透していない気がするけど。

 

「ファストパッキング」とか「ULハイク」とかは聞くようになったけど。

まあ言葉の違いだけで

自分は「軽快登山」という言葉が一番わかりやすくて、そう呼んでいます。

 

最新の山と渓谷

keikai

おお!!やっと軽快登山という言葉が出てきて、嬉しく思います。

 

一応この中で自分が取材を受けて記事になっているコーナーがあります。

もしよければ書店へGOしてみてください。

※できれば立ち読みじゃなく、買って見てください。

 

自分的には「軽快登山」とは。

「軽い」「快適」に山を楽しもうという提案です。

 

単に軽い装備であればいいとかではないです。

多少重くとも「快適」と言う部分も大事にしています。

 

「軽い」というのはもちろん装備類が軽いと山を楽に登れて、その分余裕が出て楽しめるという面は大きいです。

「快適」の部分では、例えば、汗冷えしなくて快適とか、体が楽になり快適とかいろんな要素があります。

 

要は、山を軽く、快適に楽しんでもらえるスタイル全部です。

無駄に重い荷物で苦しむんじゃなくて、山をもっと純粋に少しでも楽しんでもらえればと思ってます。

 

最近はトレイルランのほうに主軸を置いていたので、今年は軽快登山に力を入れて行こうかと思います。

 

長野だと、ほとんどの山は日帰りで行けます。

日帰りの軽量装備なら十分トレイルランシューズで行けますね。

 

装備をなにもかも軽くするにはお金がかかります。

自分が一番おすすめするのは、断然!一度「トレイルランシューズ」で日帰り登山してみてください!

登山靴を使わないでくださいということではありません。

 

セカンドシューズとしてでもいいと思います。

ちょっと飯綱山に登るとか、里山に登るとかのときだけでもいいと思います。

ほんとうに!!楽に山に登れるのを実感できます。軽いし!グリップはいいし!思ったより安定感もあるし!

 

登山靴とトレイルランシューズをシチュエーションに合わせて使い分けてみてもらいたいです。

まだまだ山に行くと登山靴の方が圧倒的です。

 

雑誌にはいろいろ特集されていますが、自分は、まず身近な山で「トレイルランシューズ」が軽快登山の第一歩じゃないかなと思います。

今なら店頭で、1万円前後で買えるトレランシューズ初心者でも安心なシューズはあります。

 

長野でも里山から雪解けしてきております。

まず里山から!始めませんか?

トレイルランシューズはトレイルランニングをやるためだけのシューズではありません。

トレイルランニングは登山の一つ!走らなくていいんです。歩きでいいんです。

 

トレイルランシューズもいろいろありますので、ぜひ店頭にてご相談ください。

 

泊り系(テント泊)の軽快登山はその次のステップでいいんじゃないかなとは思います。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555353
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.