スポルティバ AKYRA(アキラ)

スポルティバのNEWトレイルランシューズ

「AKYRA・アキラ」

間違いなく、2017年のNEWモデルではすべてのブランドでも一番完成度が高い。

 

元々シューズとしての完成度、作り、こだわりではスポルティバは一番だと思います。

特に山岳系トレイルランシューズとして山に強いシューズが多い。

 

そんな中、クッション性能がアカシャを超えて登場したアキラ。

ただクッション性能が高いだけでないのがこのアキラです。

 

akyra1

詳しくはこちら

 

すいません。自分の書いた通販サイトをそのまま抜粋しています。

【信州トレマン・ポイント】
かなり完成度の高いオールラウンドに使えるトレイルランシューズだと思います。

スポルティバでは一番クッション性能が高く、ウルトラ系でもダメージが最小限に抑えてくれると思います。

しかしウルトラ系のイメージのシューズではなく、剛性、安定性、グリップ性を全て兼ね備えた山岳系に強いトレイルランシューズをさらにパワーアップさせてクッション性能も高めてしまったというイメージのトレイルランシューズです。

厚底系のトレイルランシューズはミッドソールが柔らかく、左右にブレやすいという弱点があり、テクニカルで不安定なトレイルでは安心感が落ちるのですが、このアキラは写真にあるように左右にマイクロファイバーのガードが付き、ソールも「TRAILROCKER」というソールの硬さと形状を工夫することで、着地から足抜けまで左右のバランスが崩れるのを抑えてくれています。

アルプスのようなガレガレ系の不安定なトレイルでも安心して使えるし、普通にロードのウルトラマラソンでも問題なく走れます。

グリップ性能はスポルティバのシューズすべてに共通しますが、どのブランドよりもまずグリップ性能は抜群に効きます。

熱圧着のアッパーのホールド補強により、ソフトに足を包み込みつつシューズ内で足がぶれないようにしっかりホールドしてくれます。

正直欠点が見当たらない、初心者でも経験者でも、どんなトレイルでも、どんな距離でも対応できるオールラウンドなトレイルランシューズです。

 

akyra2

 

akyra3

 

akyra4

 

akyra5

 

akyra6

 

akyra7

一応今年の美ヶ原80km、上州武尊129kmの自分の勝負シューズにします。

アルプス系の超ロングトレイルや、アルプスの軽快登山にも間違いなくお勧めです。

 

クッションだけなら、他にも、ホカとかアルトラとかブルックスでもいいシューズは出ています。

でも必ずメリットがあればデメリットもあります。

 

でもこのアキラはそのデメリットが見当たりません。

足裏感覚が伝わりにくいとかちょっと重いとか、論外のデメリットは無視するとして。

 

とにかくこのシューズを履いて山に行けば、楽しくなりそうなイメージが湧いてきますね。

足裏も痛くならないし、安定感もあり安心だし、グリップは抜群だし。

 

まあとりあえずまだ入荷したばかりなので、実戦投入してまたレポします。

毎年スポルティバはいいシューズを出してくれますね。しかも1つ1つ完成度が高いです。

むやみに、大して変わらないのに「○○○2」から「○○○3」に変わりましたとかではないです。

 

だからもう定番のウルトララプターはやっぱり販売から数年たってもこれに替わるシューズが無いんです。

名品は変わらず名品です。替える必要がないんです。

 

ミュータントやブシドーなどもそうです。

完成度の高い個性の高いシューズは変えてほしくないですね。

NEWモデルだから性能が高いとかではないんですよね。いいシューズはずっといいんです。

 

余談ですが、モントレイルのハリケーンリッジというシューズがありました。

あれは名品でした。ロゴ替えないで、ああいういいシューズを復活させてほしいなと思ったり。

 

まあアキラに関してはNEWモデルで、しかも完成度の高いシューズだと自分は思います。

 

【メーカー説明文】
全てのトレイル状況に対応する理想的なモデル。高いプロテクション性をもち、ウルトラトレイルやウルトラマラソンなどのロングディスタンスに理想的なモデル。

つま先をしっかりと保護するトゥキャップは軽量で、折り紙の幾何学的形状からヒントを得たオリジナルのミッドソール構造は優れたクッション性をもち、全てのトレイル状況に対応する。

ソールにはAKASHA 同様、Trail Rockerシステムを採用している。

●アッパー:エアメッシュ+TPU マイクロライトスケルトン+ フレックスガード
●ライニング:ノンスリップメッシュ
●ソール:FriXion XT mix + インパクトブレーキシステム
●重さ(1/2ペア:約335g

 

カラー違いでブラックもあります。

akyra8

詳しくはこちら

 

女性カラーもあります。

akyra9

詳しくはこちら

 

今年の1足いかがでしょうか?

Comment:
2017/12/19 6:14 AM, 嶋田武志 wrote:
コメント失礼致します。
おわかりになればで結構なのですが、サイズの作りはブシドーと比べて広いのでしょうか?

ご返信いただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。
2017/12/22 4:55 PM, トレマン wrote:
嶋田さん、コメントありがとうございます。ブシドーとは基本足型が全然ちがいます。ブシドーより甲高、幅広になります。長さは同じなので、サイズを変えることはないと思います。ブシドーにフィットする細めの足のかたは緩く感じるかもしれません。宜しくお願いします。
2018/03/07 11:55 PM, もりた wrote:
アキラの購入を検討しています。
現在アカシャを使っているのですが、アカシャとサイズの違いはありますか?
よろしくお願いいたします。
2018/03/09 4:40 PM, トレマン wrote:
もりたさん、ありがとうございます。アキラとアカシャはサイズは同じで大丈夫です。自分も両方使っていますが同じサイズで問題なしです。宜しくお願いします。
2018/07/23 12:53 PM, サトウ wrote:
コメント失礼させて頂きます。
こちらのブログを参考にウルトララプターを愛用しており、アルプスなどでも使用して大変満足しております。最近交換時期になりアキラを検討しております。アキラとウルトララプターですが登山で使用するにあたりどちらがお勧めでしょうか?またサイズは同じで問題ないでしょうか?
ウルトララプターは気にいっているのですがソールの消耗が早いと感じております。
よろしくお願い致します。
2018/07/27 6:42 PM, トレマン wrote:
サトウさん、ありがとうございます。ウルトララプターもアキラも店では登山系のおすすめ2機種になります。踵のホールドとシューズの安定性ならウルトララプター。クッション性能をプラスするならアキラです。アキラはソール耐久性は高いです。正直どちらもおすすめです。サイズは同じでOKです。アキラを試してみてもいいのではとは思いますね。自分も具合良くて愛用してます!!
2020/07/13 11:49 AM, tomo wrote:
初めまして。古い記事に突然のコメント失礼します。
最近、初めてのトレランシューズとしてライカン2を履き始めたのですが、確かに土に対してのグリップは抜群なのですが、岩(特に濡れた岩)や湿ってコケっぽい舗装路でつるつる滑って、なかなか苦労しました。ソールパターンとして、土には食い込むけど、ゴムとしてのフリクションは低いのかなと感じました。アキラはそういったフリクション性能はいかがでしょうか?
これまで、冬靴以外はメガグリップを使ったアプローチシューズを履いていることが多くて、スポルティバのTX2で走ったりもしていたのですが、土に対して弱いのとクッション性があまりないので、本格的にトレランをやるにあたってライカン2を購入したのですが、林道をひやひや歩かなくてはならないのはちょっと誤算でした。
2020/07/30 7:06 PM, トレマン wrote:
コメント遅くなり申し訳ありません。
純粋にライカン兇話鰐未悗寮榁鰐明僂少ないので摩擦力が弱くなります。
元々ぬかるみ系に強いソールパターンになりますが、自分はこのソールパターンで岩ですべる感覚はありませんでしたが、路面が苔っぽいとことか、濡れた岩場は凍った雪上同様滑りやすい状況なので、優秀なスタッドレスタイヤでも滑る感覚に近い状況だったのかもしれません。アキラも岩場でも経験上グリップはかなり強いと思います。さらにグリップを求めるならウルトララプターとかのほうが岩などには強いです。
全般的にスポルティバのトレランシューズのゴムは滑りにくいと思います。
ソール形状で、強いトレイルコンディションは変わりますので、お問い合わせいただければお答えできますのでお気軽にご相談ください。
宜しくお願い致します。
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

mask

face

buff

トレランシューズ

トレランザック

ドライレイヤー

ドライレイヤークール

スポルティバ

マグマ

itoitex

ULポール



trailmountain

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.