ブルックス グリセリン SALE

自分が愛用しているブルックスのグリセリン。

現在旧モデルがお買い得価格にて販売中です。

 

ブルックスはアメリカのランニングシューズではナンバーワンブランドです。

足幅が日本人に合うので、「ゴースト」は店でも毎年長野マラソンの練習シーズンには人気モデルです。

 

ゴーストは価格帯がお手頃価格帯に対して

グリセリンは、通常¥16200と高いので、最近は店頭展開していませんでした。

 

ですが自分は自分用で常時1足は使えるようにグリセリンは用意しています。

これは自分も使っている13代目モデルです。

gri1

 

グリセリンはゴーストと違い、ミッドソールにスーパーDNA採用しています。

ゴーストはノーマルのDNAです。

スーパーDNAはDNAを25%クッション性能をUPさせています。

 

要は、クッション性能と反発性能の両方を兼ね備えたモデルになります。

衝撃吸収だけなら、HOKAのほうが高いですが、HOKAは反発がありません。

 

ある程度の走りになると反発がないとスピードは上げにくくなります。

グリセリン&ゴーストはこの点で非常にバランスがいいので使いやすいです。

 

そしてグリセリンがゴーストより勝るのが、横のホールド性能です。

hold

トレイルランシューズのように足の甲全体をしっかりホールドしています。

これによりヨコブレがトレランシューズ並みに最小限に抑えてくれます。

 

そして、これはポイント高いのですが、ブルックスは、アシックスなど他のランシューズよりグリップがいいんです。

gri2

ソール形状のそうですが、ゴム質もグリップ力UPに貢献しているかと思います。

若干13と14で異なりますが、土のトレイル(里山系)では全く問題なし。

 

先日の米子瀑布〜根子岳ツアーで自分はグリセリン13で行きましたが、飛ばさなければガレ岩系も問題なしでした。

何故自分がグリセリンを必ず常時一足使えるようにしているかはこの点かな。

 

ツアーとかプライベートで、ロードとトレイルランをミックスしているときに重宝します。

12月に開催する、ツールド長野なんかはまさに、グリセリンが使いやすいと思います。

ロードが長いので、ロード対応のトレランシューズか、グリップ&ホールド性能の高いロードシューズが最適です。

 

逆にウルトララプターみたいな超山岳向けモデルまでは不要かと。

 

あと我が家は冬、路面が凍結するので、グリセリンがグリップ強めなので使います。

アルトラではほんと滑るので、積雪、凍結のときはグリセリンです。

 

グリセリンは1足あると、練習〜ウルトラ〜里山トレイル〜雪上までかなりマルチに使えます。

フルマラソンのレースだと4時間切り〜5時間ぐらい目指す人向けです。

3時間半切り狙う人には重いです。

 

こんなグリセリンですが、今なら安く買えます。モデル、カラーにより割引率が違いますが。

女性用

gri6

40%OFF ¥9700 詳しくはこちら

 

gri5

40%OFF ブルー ¥9700 詳しくはこちら

 

gri4

40%OFF ブラック×レッド ¥9700 詳しくはこちら

 

gri1

半額 レッド ¥8100 詳しくはこちら

 

gri3

サイズが27cm、27.5cm、28cm限定ですが

値段は ¥6800と安くしています。

詳しくはこちら

 

よろしければご来店お待ちしております。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555446
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.