イブ・黒姫山スノーシュー

世の中はクリスマス・イブですが、黒姫山へスノーシューツアーへ。

今シーズン初めてのスノーシューツアー。

 

雪は山にはあるのは間違いないのですが、ラッセルはどんなもんかな?と。

何と前日に山に入った人がきれいにラッセルしてくれていました。

ありがとうございます。

 

が・・ちょっと物足りない感じも。

やっぱラッセルはちょっとはしたかったので、下りは時折新雪の感触を確かめてきました。

 

久々の身が引き締まる寒さ。

まあ実際は山頂だけで、体は寒くないですが。

でもスノーシューというか、冬山ってほんと山が好きなひとが行くんだろうなと感じた。

 

四季の中で、ダントツで冬山がキレイで美しいし、山を感じることができる。

寒いのは朝起きて家を出るときだけかな。

着てれば手以外は寒くないですよ。

 

ぜひ未経験のかたは今年チャレンジしてみてください。

幸い、最近はレンタルは常時余裕があるので、いかがでしょうか?

 

【必要なモノ】

防水のシューズ

防風のアウター上下(レインウエアでOK)

 手袋、帽子(耳が隠れればなんでもOK)

ロングスパッツ(ゲイター)

なんでもいいのでストックはあったほうが楽です。

正直こんなもんで、装備的ハードルは高くないです。

ザックもトレランザックでOK

 

大体、4時間前後ですので、水も500ml、パン2個でOK

軽く快適な軽快冬山スノーシュー登山を楽しめますよ。

 

k6

美しい世界が待っています。(晴れれば)

 

k5

 下りはどこを歩いてもOK

新雪のパフパフの雪の中を駆け下ります。

 

k4

転んでも痛くないし、むしろ、体のバランスが良くなり、痛いとことか治りますよ。

自分は自然の整体と呼んでいますが、疲れるけど、体が治る感じがあります。

 

新雪の上を下ったり登ったりするので、必ず左右均等の力を使うようになり!

左右バランスが補正されると思います。

 

k3

山頂への到達感で笑顔になるかもしれないです。

吹雪くと硬直するけど。

 

k1

ラッセルは交代制。

トップは大変だけど、ペースが上がらないので、結構ゆっくりです。

 

k2

夏とは違う雪世界どうでしょうか?

 

ご参加の皆さん、お疲れ様でした。

 

あんまし、クリスマスに興味のない自分ですが。

子供がいるとね。サンタさんがいると信じているもんで。

現実を教えてあげたいとも思いますが、今んとこは夢をもたせてあげることにしてます。

※自分は物心つくころには、リアルな現実のクリスマスでした。普通にサンタはいないと思ってたな。

 

なんでしょうね。あの子供のピュアな心。ほんとうに素直ですよね。

自分は一人で冬山に行くと、なんかほんと素の心に戻れる感じがして。

下界だとリアルな現実がありますね。

 

どうでもいいけど、昨日息子に「将来何になりたいの?」って聞いたら

「ずっとお家にいたいんだよ」って引きこもりか??

「お父さんと、お仕事一緒に行って、お家に一緒に帰るんだよ」って。お山のお仕事にも一緒に行くそうで。

まあこんなこと言っているうちは、かわいいもんですね。

 

 まあとりあえず、サンタさんを信じてる純粋な子供たちに!!

「メリー!!クリスマス!!」

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555479
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.