進化したカプセルホテル

昨日の定休日。ちょっとした飲み会があり、東京へ。

ほんとは、最終の高速バスで帰る予定でしたが、トイレ行ったり、チケットの購入につまずき・・・逃す・・・

 

仕方ないので、新宿のバスタの近くで泊まれるとこ探してヒットしたとこ

cap

 

値段は¥4980(税込)とカプセルにしては高い気がしたけど、探すのも面倒だし。

ここに入る。

 

以前横浜のカプセルに泊って、ほんと狭いし、息苦しいし、寝るだけとはいえ、カプセルにはいいイメージがなく。

少し高くてもビジネスホテルに泊るようになりました。

 

が!!かなり感動しました!!

カプセルホテルって!!こんなに進化しているんだ!!

 

まず靴箱のカギを渡して、鍵を預かります。

フロアはこんな感じ

cap

 

セキュリティはほんとしっかりしていて、キーがないとカプセルルームに入れない。

cap1

ずら〜〜と並んだカプセル。

まず!!カプセルなのに広いし、高さもある。

 

一人用のテントで過ごすより広い感じの空間で、普通に中で過ごせる。

空調もついてて、息苦しさも皆無。

寝たまま見れる可動式テレビもあるし!

 

あと感動したのが、枕も自由に選べて、マットレスの寝心地が最高!

自分はビジネスホテルの柔らかいベッドと柔らかい枕が苦手で、枕を持参するほどなんですが。

硬さがちょうどよく、気持ちいい寝心地でした。

 

今や当たり前なのかもしれないが、大浴場とサウナがある。

cap3

これも嬉しいけど、アメニティというのかな?

自由に使えるものが種類豊富!ボディタオルの個装パッケージなんて初めて見た。

もちろんタオルも自由に使えるし、シャンプーとか選べるし!

へたなスーパー銭湯よりはるかに充実してて、これがカプセルホテル??ってかんじ。

 

ホテルのユニットバスに入るよりはるかに疲れも取れるし、気持ちいい。

 

cap2

 

とにかく無料のものが多くて、マッサージ器も無料。

 自販機のドリンクも全部無料。朝ご飯はパンだけでしたが。

 

とにかくキレイで、トイレもこまめに掃除しているみたいで。

 

ただ寝るだけでなく、ふつうにくつろげる空間があり、とにかく細かいところまでサービスが付いてくる。

※キンキンに冷えたビールジョッキまであるんですよ!

 

全部宿泊料に含まれているので、自分は全然高いと思いませんでした。

ビジネスホテルより、こっちのほうが好きかも。

 

どうでもいいかもしれないけど、あまりにカプセルホテルが進化してて感動しました。

田舎者に思われるかもしれないけど、東京ってすごいな。

 

自分とこだと、電車でうっかり寝てしまうと妙高高原まで連れてかれちゃうし、しかも泊るとこないし。

まあ東京で泊まることはほとんどないけど、最悪帰れないときまた使うかも。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555550
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.