南砺ウルトラマラニック

朝2時10分起床。眠い。

南砺ウルトラマラニックに参加するので、4時半スタートなんで、4時には現地に着きたい。

 

準備をしてて、ポーチを入れ忘れた。息子がおもちゃで使ってて回収しわすれた。

携帯とか携帯カップ持たなくてはいけないので、仕方なく、ポケット付きのハーフパンツにした。

これが揺れるんですよね。長野マラソンで使って苦戦したので。

 

ポーチは携帯が揺れない仕様になっていたんですが。

 

着替え、準備して、さあ息子達を起こさないと。

長男はすんなり起きた。チビは寝たまま抱っこして、車に乗せようとするも、チャイルドシートに乗せた途端起きてしまう。

 

まあ寝ぼけてたんで、静かでそのまま会場へ。

かなり早めに着き、余裕十分で車で時間まで待ち、スタート地点へ。

 

62

まあ少ないけど、自分的には程よい人数。

 

YUKIに53km地点への応援頼む(なんかこの辺でやめるかもしれないので)

75km地点はキャビンの前を走るので、そのままシャワー浴びれる!!

 

主催者や選手のかたには申し訳ありませんが、今回は体調が体調なので、DNF前提でスタートしました。

 

超超スローペース。4週間ロードは全く走っていないので。当然体が動くわけもなく。

そんでも楽しい!

 

この南砺ウルトラマラニックの主催者のかたは一般市民ランナーの心をほんと!!すごく理解していると思った。

コースも楽しいし!とにかくエイドが最高!

 

エイドごとに違う食べ物が置いてあり!

ドリンクなんで氷水で冷やしてくれていて、キンキンに冷えてる。

たまに冷やしが間に合わなくてぬるいと、「ごめんなさい、冷えてないの・・」って謝られるし。

とんでもないですよ!冷えているのがものすごい素晴らしすぎるだけで!

 

エイドも、パン、炊き込みおにぎり、蕎麦、どんぶり、そーめん、カレーパン、フルーツなどなど

53kmしか走っていないくせに、全エイド制覇して、お腹いっぱい。

コーラはキンキンに冷えてるし、ランナー心に嬉しいエイドばかりでした。

 

コースは最初のほうは、五箇山の合掌造りの集落を何回か抜けてくいい感じ

62

 

62

 

五箇山地区から、利賀地区に抜けて、山をくだる。

アップダウンはあるけど、程よい感じでずっと平坦より楽です。

 

山村のいい感じのコースでした。

 

4時半スタートでずっと涼しく、山下り、平坦になると時間もあり、28度ぐらいまで上昇。

52kmぐらいの見晴のいいとこで折り返し

62

ここが50kmコースのスタート地点みたい。

50kmスタートは10時半ぐらいだったみたいで、スタート時気温28℃って・・・・

 

自分はこの先のエイドで終了。11時前かな。

 子供達的には早くお父さんと一緒になれて嬉しい感じみたいですが。

 

そのあと、買い物して、キャビンでお昼食べる予定が上の子が爆睡しだして。

自分もビールとつまみで軽く昼寝。

 

上の子が起きたら、やはり公園で遊びたい!って、2人ともはしゃぎまくりで!

やっぱ早めに終えて正解!子供達との時間が作れてよかった!

 

明るいうちに、早めに火起こししてスムーズにBBQ。

下のチビが今度は疲れて寝てしまい、(逆に寝てくれてから、ゆっくりBBQできたんですが)

 

子供2人はこの日は遊び疲れて、ぐっすり寝てくれました。

 今日は朝6時に起きて、7時過ぎに帰路へ。

 

【今回の教訓】

家族旅行兼ねるときのレースは13時までに終えるべし!

能登のウルトラも60kmにしようかなと考えてます。

 

YUKI一人で、怪獣並みの子供2人相手は厳しいな。2人でも大変!

 

でも子供たちは相当楽しかったみたいで、また連れて行ってあげようかな。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555553
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.