960g超軽量テント・HI−REVO

明日6月29日(金)14時半開店〜19時閉店とさせていただきます。

明後日6月30日(土)は美ヶ原のレース参戦のため臨時休業させていただきます。

宜しくお願いします。

 

今年はこんな大変なレース前にことごとく体調を崩してしまい、厄年か思ってしまいます・・・

実は今週も、月曜日から原因不明の胃腸炎で座るのもきつい状況で、ダウンしてました・・・

2日間ほとんど何も食べられず、なんとか昨日の水曜日は展示会があり、根性で東京行きましたが。

夜には枝マメとビール1本ぐらい飲めるぐらいにはなり、やっと今朝なんとか食べれるまでに復活しましたが。

正直あと中1日で90km走れるまでに胃腸が戻るか自信はないけど・・・行けるとこまで頑張ります。

 

【超軽量Wウォールテント・ハイレヴォ】

安曇野の本格山岳テントの老舗「エスパース」を開発しているヘリテイジより!

かなり画期的な、超軽量960gのWウォール(本体とフライの2重構造)のテントが発売。

 

hirevo

 

ハイ・レヴォ」(ハイ・レヴォリューションの略っぽい)

 詳しくはこちら

 

hirevo

 

従来の超軽量のエスパースのWウォール・ソロテント「ソロ・アルティメイト」で1340g

 

ファイントラックのカミナドーム1(サイズはハイレヴォより幅が3cm小さいですら

1270gなので

 

960g」がいかに軽量化されてきたかわかると思います。

 

シングルウォールのクロスオーバードームは700gなので、

クロスオーバー1

究極に軽くしたいならこっちですが。

結露への不安、雨への不安を抱えている方には、Wウォールの安心感は格別です。

 

1kgを切るWウォールテントは海外ブランドでも発売はされています。

ただ設営が非常に簡単で、テント内の高さも確保し、風雨にも強いドーム型と言う点で「ハイレボ」のポイントは非常に高いと思います。

 

Wウォールだと、フライの内側は結露しますが、本体は通気性抜群で結露もほとんどないです。(夏は)

降雨時もフライシートと本体の間にスペースができるので、浸水確率も少なく、フライシートをしっかり張れば雨の日の快適度は全然違います。

 

自分は店頭でストックシェルターを積極的に使用するのにおすすめしたことはありません。

あくまで1DAYロングの保険として!あくまで寝るだけの行動重視の割り切りとしてだけしかお勧めしません。

雨の日のストックシェルターでの生活はあまりに厳しいのを知っているので。

 

テント泊ってやはり山での夜や朝の夜明けの美しさも楽しみたい。

テントはやっぱ家なんですよね。

山の自分だけの家で、美味しくご飯食べて、ゆっくり寝れるというのはほんと幸せです。

 

だから基本自分は、テント泊初心者にはノーマル軽量テントからお勧めします。

さらに軽量化したい方にはクロスオーバードームをお勧めします。

 

長野県はテント泊といえばアルプスになるので、ツェルト泊というのはあんまりおすすめしてないです。

雨に対しての対策がやはり甘いし、浸水度合が全然違います。

 

夏でもアルプスという標高が高いところでは、低体温症のリスクはできるだけ避けるべき。

 

そういう意味で、Wウォールテントという安心感と

960gという、画期的な軽量化をさせた

「HI−REVO ハイレヴォ」は今年いちおしのテントですね。

 

収納サイズも小さいです。

hirevo

 

幅93cmは実際入ると、十分な荷物スペースも確保でき!

テント内で快適に過ごせる空間は十分確保できます。

 

ベンチレーターも正面から背面に空気が流れるように連動しているので、通気性も十分かと!

 

ドーム型に共通しますが、ドーム型テントはとにかく設営が簡単です。

これは大事ですね。

 

もう6月も終わり、本格的な夏山シーズンに入ります。

今年はハイレヴォでテント泊デビューしてみませんか?軽くて快適な軽快登山おすすめです。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555562
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.