UDハードロッカーベスト

暑い日が続いていますね。

昨日の定休日も東京にて展示会巡りでしたが、体調崩しそうな暑さでした。

長野は昼間は暑いけど、朝夕は窓開けて寝ると寒いぐらいなので、夜は寝苦しくないのが救いです。

 

今週7月15日は野沢温泉のトレランレースですが、相当危険な状態まで気温上がりそうです。

熱中症にならないように、ペースゆっくりで安全に走りたいですね。

 

自分が使っているアルティメイトディレクションの

ハードロッカーベスト2018年バージョン

自分は去年の2017年モデルですが、2018年モデルをご紹介。

 

hard

詳しくはこちら

 

ぱっと見で、かなり生地の風合い、色合いがカッコイイです。

アースカラーな雰囲気がいい感じです。

 

もちろん機能も、バージョンアップされてます。

 

hard

 フロントは500mlのソフトフラスク付きのポケットにジップポケット

 ジップポケットもマチが付いているので、広げると500mlのペットボトルがきれいに入ります。

 

他にも下とサイドの両方にポケットが付いているので、収納には困りません。

 

hard

レインカバーが内臓されています。

フックに引っ掛けるだけで簡単に取りつけできます。

 

現実的に雨だからといってカバーだけでは中身は濡れてしまいますが。

汚れ防止だったり、濡れ方の程度はだいぶ違うと思います。

 

 ショルダーの上に付いた2つのポケットは取り外しもできるし、背面に取付することができます。

hard

 

そして現行のアルティメイトのザックに採用されているシステムですが

hard

サイドのバンドが中央で紐で繋がっていて、ザックを背負ったあと最後に引っ張ると紐が収縮して簡単に体にフィットさせられます。逆に緩めるのも簡単です。

 

容量は12リットルプラスポケットの容量ぐらいで、長距離や普段使いやすいと思います。

重量もSサイズで300gを切っているので、かなり軽いです。

 

ポールも前面に簡単に取付できますので、上州武尊みたいな長距離でポール使えるレースには使いやすいかと。

 

Sサイズのみの展開ですが、自分もSサイズでちょうどよく、標準的なランナーのかたはSサイズかな。

 

あくまで私見ですが、今季のシグネイチャーシリーズのアルティメイトのザックより見た目的にこっちの方がカッコイイです。

単に色とか風合いとかだと思うんですが、好きですね。

 

自分も使って機能的には十分満足できるザックです。(2017モデルですが)

これからの信越五岳や上州武尊などのロングレースにいかがでしょうか?

Comment:
2018/07/13 10:15 AM, 田村 wrote:
おはようございます。
ハードロックはMかLの展開は無さそうですか?
胸囲が〜81だと、自分には無理なもんで・・。
2018/07/19 5:09 PM, トレマン wrote:
田村さん、申し訳ありません。M、Lサイズはメーカーも完売してしまいました。
ちょっと手配できません。
申し訳ありませんがご了承ください。
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555567
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.