白馬国際トレイルランレース

昨日は白馬国際トレイルランレースに参戦してきました。

実は初めての参戦。

 

今まで信越五岳に近いこともあり、日程的に出ることができず。

 今回も信越五岳の前週で、避ける方向でしたが、調整でゆっくり走る前提で出ることにしました。

 

ウェザーニュースの予報に反して、ずっと雨。たまに止むぐらいでした。

参加者は多いです。あと女性参加者が多いのが印象的でした。

 

エントリーも厳しく人気大会ということで、何が人気なのかな??と確認してみた。

 

コースは自分のイメージとは全然違い、トレイル率が高く。

 かなり走れるコースで信越110kmを54kmに縮小させたような雰囲気のコースでした。

 

 岩岳も単にゲレンデ登って下るのかと思ってましたが、ちゃんと登山道があるんですね。

ゲレンデ感がなく、とてもいい感じでした。

 

つなぎのコースもこんなトレイルがあるんだという白馬の新しい発見もあり。

白馬と言えば白馬岳しか行ったことがなく、白馬のレースならではの新しい魅力が詰まったコースでしたね。

とてもいい大会だと感じました。

 

エイドの数は多く、54kmで9カ所もあり、雨と言うこともあり、エイドで300〜500mlぐらい補給すれば十分で、水分系はスポドリ、コーラなど置いてありました。

 

食べるものはほとんどなく、漬物と氷砂糖、オレンジぐらいかな。

岩岳山頂のエイドだけはかなり充実してて、うどんやレッドブルがありました。

持参のジェルを少な目にしたので途中エネルギーが足りず、岩岳でうどん3杯、レッドブルで復活できました。

 

今回は信越五岳のペースぐらいの想定でしたが、遅すぎでした。

 54kmで8時間40分もかけてしまい、このペースでは五岳は関門アウトです。

54km1周目8時間、2周目10時間ぐらいの感覚でいかないといけなかったかな。

 

そんでも30分の序盤の渋滞もあったので。

なんでこんなところで渋滞するかな??という程度の感じでしたが。

完全に止まり、後にスイーパーが見えたので、後ろから50番ぐらいだったのかな。

 

最初にある程度の位置で入らないといけないなと思いました。

 

あとはスムーズそのものでストレスはないです。

雨でかなりドロドロで滑りやすかったけど、雨でなければ走りやすいと思います。

 

制限時間はロングはやや厳しい感じがしますね。

そこそこ走らないと間に合わないかもしれない。

 

でもミドルもあるし、ショートもあるので、走力に合わせて出れば楽しめる大会です。

 

雨で、遅いタイムで、楽しんだ要素はないように見えますが、楽しんで走れましたよ!

来年も日程あえば出たいと思いました。

 

主催者の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

※鈴木長官が個人的にはサプライズでした。まあたまには走ってリフレッシュしないといい仕事できないしね。

さすが白馬だけあり、地元の人気スキー選手がゲストで来てましたね。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555590
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.