モントレイル・SALE

トレイルランニングも秋冬シーズンに突入してきました。

春もいいですが、秋は涼しく、汗だくにもならないのでトレイルランにはいいシーズンです。

 

紅葉前線とともに標高を下げながらまだまだトレイルランは楽しめます。

 

そんな中、モントレイルのオールラウンドタイプのシューズがお買い得価格で入荷。

まず定番中の定番

「バハダ掘θ暖イエロー」

montrail

価格は40%OFFで¥9000です

詳しくはこちら

 

さすがに定番だけあり、初心者からベテランまで、距離関係なくオールラウンドに使えるシューズです。

ヨジレに対する剛性も高く、踵や甲のホールドもしっかりしています。

 

ミッドソールも耐久性が高く、硬い路面でも衝撃を吸収してくれる「フリューイッドフォーム」

林道や舗装路も多い場所でも問題なく走ることができます。

 

前足部分も、柔らかすぎず、硬すぎず、反発する力があるので、前足部分を主に使う急な登りでも登りやすいです。

 

つま先部分もしっかり補強されているので、安心です。

 

montrail

アウトソールも土の多い日本のトレイルにはちょうどいい、土系には強いソールパターンです。

アッパーの補強は熱圧着の無縫製タイプですが、しっかりホールドしてくれます。

 

昔からそうですが、モントレイルのシューズは踵の収まりがいいと思います。

某メーカーと違い、踵が浮く感じがあまりないですね。

この辺はさすがだと思います。

 

そしてもう一機種

「カルドラド掘

montrail

こちらも40%OFFにて¥9300です。

詳しくはこちら

 

カルドラドは兇ら靴吠僂錣蝓△なり別物のシューズになりましたね。

 

個人的には外反があるので、このソフトなアッパーが非常に具合がいいです。

バハダと比較すると、甲のホールド感は物足りないものがありますが、反面、全体的にストレッチのソフトな生地を使用しているので、足への当たりがかなり優しいです。

 

幅広のひとや外反の人にはかなり履き易いと思います。

足が浮腫んだときでもかなり楽に履けると思います。

 

サポートタイプですが、サポート感や硬さはあまり感じないので、普通にニュートラルの感じで履けると思います。

正直、バハダとカルドラドの差はアッパーの差ぐらいじゃないでしょうか。

性能的にはさほど変わらない気がします。

 

若干前足部分の屈曲性がカルドラドのほうが高いかな。

バハダ同様、オールラウンドの使い勝手のいいシューズです。

 

montrail

アウトソールの形状は違いますが、カルドラドのほうが、岩ではグリップが効く気がします。

 

ブルックスのカスケディアで12から13にかわり

12のほうがいいという方と13がいいというかたに分かれるのと同様

バハダかカルドラドかはその差ぐらいの感じですね。

 

 ある意味実際に足を入れて、足入れ感、感覚的な好みで選ぶのがベターかなと思います。

 

サイズは限られますが女性用も若干あります。

montrail

詳しくはこちら

 

先日店頭で外反のある女性に履いてもらいました。

他のシューズは当たる感じでダメでしたが、これは違和感なく履いてもらえました。

 

モントレイルもコロンビアのロゴが入り、どうなるのかなと思っておりますが。

トレランシューズはオールラウンドに使えるバハダとカルドラドは使いやすいと思います。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555607
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.