山への敬意〜追悼〜

昨年の2018年2月8日に、開店以来の長い付き合いで、同い年の原山さんが遭難。

何とか翌3月に奇跡的に遺体は見つかり、家族の元に帰れました。

 

正直この件に関しては一切触れませんでした。

まだ子供さんも小さく、あまりオープンにできない状況もあり。

が、やっと1周忌を迎え、落ち着いたのかなと。

 

昨日も原山さんの奥さんからご連絡いただき、少し落ち着かれた感じです。

正直原山さんを忘れることはないと思います。

それぐらい山に惚れ込み、山を愛していた超人でした。

 

その原山さんと同じく、開店した2008年からの付き合いがあり。

原山さんとツールド長野とかでも競い合っていた戦友的な西田由香里さん。

 

新聞やニュースでも本名でオープンになっておりご存知の方も多いと思います。

10日に中央アルプスで滑落し、残念なことになってしまいました。

 

自分は家でネットやテレビ、スマホは見ないので今朝初めて知りました・・・

正直ショックすぎて、今朝の朝練ツアーもボ〜としてしまい。

まだ現実を受け止められない感じです。

 

西田さんとも年が近く、長い付き合いです。

2008年の飯綱山のツアーに初めて参戦してくれて、当時はよく一緒に山に行きました。

 

スーパーアスリートになる前は山も知らず(体力はありましたが)

かわいらしいひとがガンバってやっているなというのが第一印象。

 

西田さん

普通にスノーシューで転んでました。

 

 自分の中でかなり印象が強いこの志賀スノーシュー

たった3人

西田さん

初期のツアーはこんな感じで少人数でしたね。

逆に友達と山に行く感じで楽しかった。

 

当時はここからトランスジャパンを完走するまでになるとは思いませんでしたが。

 

原山さんと西田さんはほんと似たもの同士という印象。

口数がすごい多いわけでないけど、ストイックで、一度打ち込むととことんまでやるタイプ。

 

西田さんが朝常念やれば、原山さんも朝妙高とか普通にやってたし。

そして二人ともほんと山が好きでした。

 

残念なのは二人とも小さい子供がいること・・・・

山に行くのはいいけど、子供のためにももう少しリスクの少ないことでは満足できなかったのかな?

まあ西田さんはパーティ組んでの事故なので、不運だったですね。

 

自分のとこの下の子と西田さんの下の子は2ヶ月違いでまだ2歳で・・・

メールでも一緒に家族登山行きたいねと話していたんですが・・・

ほんと子供さんのことを考えると心が痛み、辛いですね。

 

極論言えば、山に行く以上リスクはあるし、本人はそれを覚悟していくので、全て自己責任だと思います。

しかし子供が親を失うのは、全く別次元かなと。

自分は子供生まれてから、テレマークで山に入るのもやめて、ソロで冬山に入ることもやめました。

リスクの高い登山は避けているかな。

自転車もやりたいと思ったけど、車の接触事故が怖いのであきらめました。

子供のためにまだ死ぬわけにはいかないんで。

 

小さい子供がいるかたは、ぜひ山に行くときは石橋叩いて、安全第一で!

ソロで雪山なんて行かないほうがいいですよ。

 

子供が大きくなってから、好きなように楽しんだらいいんじゃないかなと個人的には思います。

 

まあそれでも雪山の美しさは魅了されてしまいます。

四季で一番厳しくも、美しいのは雪山ですので。

2人ともそれに魅入られてしまったんだろな。それはわかりますね。

自分も四季で一番好きなのは雪山で、心の奥底ではスノーシューではなく、またあの厳しい冬山に行きたい気持ちはあるし。

 

山は優しくもあり、厳しくもあります。

常に山に敬意を表し、山の表情を感じ取り、山が不機嫌なときは、引き返す。行かない。

山は逃げませんので!!!

 

西田さんには心よりご冥福をお祈りいたします。

たぶん原山さんとまた競い合っていくんじゃないかなと思います。

 

「FBより、告別式は 2月15日 14時〜 北松本 えにしホールにて」

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555657
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power



trailmountain

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.