UTMF準備

長野マラソン終わるまでは、一切UTMF関係は見ておらず、昨日初めてメールチェックした。

かなりお久しぶりのUTMFで、すっかり変わった感じでして。

 

まあ装備は信越五岳とか、FTR100とかとさほど変わらないので問題ないのですが。

 

地図をプリントアウトしないといけなく、当然防水もしなくてはならず。

 

コースも初めての回りで、時間想定、補給計画も1からやりました。

こんな感じかな。

時間は去年のリザルト見て38時間ぐらいでゴールしたい願望から逆算しました。

まあハイドレーションの量とかジェルの量の目安程度です。

 

スタート W A1 A2 A3 A4
1:50 1時間25分 3:15 6時間15分 9:30 3時間 12:30 4時間 16:30 3時間半
12:00 13:50 15:15 21:30 0:30 4:30
水1L 水1L 水2.5L 水1.5L 水1.5L 水1.5L
パンだけ 焼きそば ゆば丼 パンだけ 自販機
A4まで16時間半・ジェル14本分(うちA3〜A4まで4本分カフェイン入り)
スタート時、ドリンク用パウダー5.5リットル分
A5 A6 A7 A8 A9 ゴール
20:00 4時間 24:00 4時間 28:00 3時間半 31:30 4時間 35:30 3時間 38:30
8:00 12:00 16:00 19:30 23:30 2:30
水1L 水2L 水1.5L 水1.5L 水1.5L
炊き込み コンビニ店 パンだけ にぎり1個だけ パンだけ うどん1杯だけ
A4からゴールまで22時間・ジェル18個分(うちA8〜ゴールの6本分カフェイン入り)
A4デポ、ドリンク用パウダー10リットル分

 

 

エイド見ると、粉飴ジェルがあるんだけど、信越五岳でもあるといいつつ、1本もなかったし・・・

FTRでは時折見かけたんで、少し減らしてもいいかな。

 

去年出たお客さんの話では、エイドは昔とは違い、パンとかしかないよと言われたので。

それほど当てにしないで、何か食べさせてくれればOKぐらいの感じで。

 

自分的にはポイントはA2からA4かな。

9時間半も行動した後で、徹夜時間帯で眠気も来るはず。

ここはカフェイン投入するかどうか。

A8からゴールまでの2日目の夜はさらに恐怖です。

ここに照準当てて、2日目の夜までレース中もカフェイン絶つかどうかですね。

 

ここ3週間ぐらいカフェインは摂取してません。(朝のお茶1杯だけ)

FTRでも信越五岳でもカフェイン絶ちのカフェイン摂取は効果絶大で、頭は常時冴えていたんで。

 

自分は毎日9時間ぐらい寝るぐらい、寝ないとダメなもんで徹夜が恐怖。

昔完走した時のあの歩きながら自然に立ったまま寝てたし、

あまりに眠くて目を開けることができなくて前に人に必死で付いていかないとルートがわからないぐらいでした。

 

今回は金曜日の朝もバスが早朝で早いので、睡眠時間確保のため前日入りします。

確実に8〜9時間は寝ておきたいので。

 

A5〜A6間はお店がいっぱいあるから、どこかでちゃんとご飯食べようと思います。

それを楽しみにして徹夜行動頑張ろうかな。

 

ペースは序盤はたぶん長マラの疲労は抜けないと思うので、ゆっくり入ります。

天子は多少混んでても、気にせず、体力温存します。

とにかく淡々と170kmの全体を見れば、A4からの走れるとこを走れるかどうかがポイントな気がする。

ここを走るか歩くかでだいぶ違うんじゃないかな?

 

あとは仮眠はしない予定、休憩は最小限、エイドも長居しない。

 特に完走目的なのですが、できれば早くゴールできるにこしたことないので。

 

日曜日はお店はお休みしますが、発送業務とかあるので、ちょっと仕事しないといけないと思うので。

2時半にゴールできれば、5時間ぐらいは寝れそうだしね。

 

 まあとりあえず、長野マラソンの疲労を抜かないことには始まらないので。

明日はゆっくり休養します。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.trailmountain.jp/trackback/1555696
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

hirevo

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power



trailmountain

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.