スポーツ専用マスク

自分の中での区切りが5月31日にしておりました。

これで急激に変化するわけではありませんが、6月1日になり、学校も再開し!

自分の気持ち的に次のステップに進んでいこうと思います。

 

登山も5月31日までは気持ち的に抑えて、行かないようにしておりましたが。

そろそろ自分の活動も再開したいと思います。

 

コロナ前と同様には活動できないと思います。

自分が怖いのはやはり再度のコロナ感染拡大です。

今回はギリギリ持ちこたえられましたが、もう一発食らったら、たぶん店は維持できないと思います。

 

きちんと油断せず、コロナ感染再拡大を防ぐため、3密を避け、うがい、手洗い、マスク着用などやるべきことはやるべきだと思いますね。

特に信州は観光、山岳県です。人の出入りは多いし、多くの方に来てもらわなくては経済が回りません。

多くの地域から不特定多数のかたが来られるので、夏こそ注意すべきです。

 

とりあえず自分のできることとして。

登山、トレラン、ランニング、ウォーキングなど運動時でも快適に使えるマスクの作成をやってみた。

人のいないとこならいいけど、人の多い、すれ違いの多い山ではマスクは必ず着用がマナーになるでしょう。

かといって、やっぱ暑苦しいし。

 

sportsmask1

スポーツ専用マスクを試行錯誤して、作成しました。

ラインアップはこちらより

 

正直ゼロから自分で作成するので、かなりこだわり、10回ぐらい作り直し、この形にしました。

sportsmask3

一番こだわったのが、鼻と口が生地に付かないようにすること。

生地がくっつくと暑い上に、呼吸しにくい。

スポーツ専用という以上呼吸のしやすさはこだわりました。

 

これがテロテロの柔らかい生地を立体にしつつ、立体が崩れないようにするのは難しい。

 

sportsmask

ただゴム入れるだけでは、ここまで立体にできず、テントを張るように、上部縫製時にテンションをかけて縫いました。

 

裏側もテープを巻いて、さらにゴムを入れることで、完全立体を維持できるようにしました。

地面にそのまま置いても、立体構造は崩れることはありません。

sportsmask2

 

2つ目にこだわったのが、顔への接触面積を最小にすること。

同時にしっかりガードすること。

 

横の広がりを最小限に抑えて、通常マスクの半分ぐらいの大きさに!

さらに完全立体にすることで、マスク生地の面は触れることなく、最小限の線部分だけ顔に触れるようにしました。

 

sportsmask

 

フェイスラインに合わせたパターン裁断しているので、

マスクを付けるのではなく、顔の上に乗せるだけで大丈夫です。

 

しっかり覆いたいときだけ顎にちゃんと引っ掛けられますが、乗せるだけでしっかり覆えているので大丈夫かな。

 

sportsmask

 

カラーもクールマックスの生地で5色

sportsmask

 

あとツールド長野の時に、復興祈願Tシャツを作成したのですが

その売れ残りなどを使いました。

sportsmask

この同じ生地で5色

sportsmask

 

正直裁断も、縫製も全て、ガーゼのような生地で普通のマスクの形の3倍以上時間がかかります。

小さい上に、小さい曲線はホント大変で、しかもガーゼより柔らかく、伸びる生地は縫製が大変ですね。

 

それでも現時点では、スポーツをするのに、安全面も考慮しつつ、一番快適に使えるマスクのはずです。

もちろん少しでも覆う時点で、暑いんですがね。

 

あと電車や、スーパーなど、人の密集するところでは、市販の不織布3層構造マスクを使ってください。

あくまで、屋外でスポーツをするシチュエーションを想定していますので、外部からの飛沫には強くないです。

 

今は店頭は少し通販よりは安くして、全カラーは置いております。

昨日から販売始めましたが、何個か買っていただき、それなりに反応があり、うれしく思います。

 

また紹介しますが、スポーツ専用フェイスカバーとかBUFFの改造版とかも店頭販売中です。

 

Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

mask

face

buff

トレランシューズ

トレランザック

ドライレイヤー

ドライレイヤークール

スポルティバ

マグマ

itoitex

ULポール



trailmountain

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.