ストックシェルター・バージョンアップ

トランスジャパンアルプスレースでも

多くの方に使っていただいている。

「ストックシェルター・PRO」

詳しくはこちら

 

2020年本体生地がバージョンアップして入荷しました。

 

shelter

 

2020年モデルは、10dnの高強度極薄・日本製素材を本体に新採用。

パネル素材は特殊な防水透湿PUコーティングを国内加工し、

耐水圧は2019年モデルの約1.5倍、透湿性は約1.9倍と大幅に性能アップしています。

さらにパネル自体に通気性能を持たせることでより結露を軽減しています。

この高強度極薄素材は、織糸に特殊な強力糸を使用することで、引裂強度を上げながらも、さらなる軽量化を可能にしています。

 

重量も軽量になり本体で約210gぐらいです。

 

2020年は本来ならトランスジャパンアルプスレース開催の年でしたが。

コロナで早々に延期が決まり。

例年よりは売れないかな?と思い、正直あまり数量は多くは作りませんでした。

欲しい方はお早目がおすすめです。

 

TJARは延期となりましたが、今年はおそらくアルプスも1DAY日帰りの方が増えると思います。

自己責任の要素が例年以上に求められていくと思います。

 

万が一のエマージェンシー用としても、ストックがあれば簡単設営できるし、軽くて荷物になりません。

今年の夏山の備えにいかがでしょうか?

 

【アルプス】

ちょっと自分もあんまりチェックしていないので、いい加減なことも言えないのですが。

山小屋での宿泊制限や、山小屋休業もあり

今年の夏のアルプスは山行スタイルを変えるかたも多くなるのかなと思います。

 

これから色んなスタイルのご提案ができればと思います。

 

ツアーの団体の登山のかたは減るのかな?

逆にマイカー登山者が増えて駐車場が混むのかな?

もしかしたらアルプスは今年は行かないでおこうという人が増えるのかな?

全て推測で正直どうなるのかわかりません。

 

ツアーの次のステップで夏のアルプスツアーをどういう形にするか悩ましい状況です。

どちらにしても山小屋が開くまでは、アルプスは自重しますが。

 

皆さんはどんな感じで計画していますか?

Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

mask

face

buff

トレランシューズ

トレランザック

ドライレイヤー

ドライレイヤークール

スポルティバ

マグマ

itoitex

ULポール



trailmountain

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.