災害支援

今回の豪雨災害・・・

もうここ数年異常気象が続いていて、いつどこで何があってもおかしくないかと。

 

何ができるのか?

まだ受け入れ態勢が整っていないようですので。

 

台風19号災害の被災経験より。

一番は支援金が間違いなく一番だと思います。

ただこれは今スグ必要な部分と、落ち着いてから必要部分に分かれるのかもしれない。

 

被災直後は、やっぱり人の力(マンパワー)かと。

長野や岐阜なら行けるのですが、熊本はコロナのこともあり、県外の人までは受け入れできない感じです。

もどかしさはあるけど現地の方にお任せするしかないのかな。

 

かたずけや、ごみの運搬、泥だし、掃除などマンパワーはいくらあっても助かると思います。

軽トラやトラックがあれば作業もはかどると思いました。

あと専門的な電気関係の工事ができるかたの支援や、水害経験者のアドバイスなどは助かりました。

 

物資は必要なものをタイムリーに必要な人に自分で直接届けられればいいけど。

単に送るとかは逆に現地の負担増になりかねないので保留事項かな。

 

全ての商店が稼働していないわけでないので、必要物資は購入可能?

※19号でも被災していないお店は開いていたし。

 

やはり一番必要なのは、支援する団体が現地で使える資金や

のちのち配分される被災者への支援金かな。

 

自分個人のお金では限界あるので、プラスアルファで何かできればいいのですが。

ちょっと考えます。

 

【余談】

個人的に水害を経験し便利に感じたものに

高圧洗浄機&延長ケーブル&延長ホース

電気が通じない場合発電機も。

 

泥を洗浄するのに絶対便利でした。効率が全然違いました。

 

絶対的に店頭在庫数が少ないので、もし現地から要望があれば、長野で購入して送ってもいいかなと。

※19号災害でも店頭は完売してました。

 

あとタオル関係はいくらあっても困ることはないかな。

泥はいくら拭いても拭いてもキリがないぐらい泥を吸います。

洗っても限界あるので廃棄します。

とはいえ個人で送付すれば迷惑になる可能性もあるので、受け入れているところを確認したほうがいいかと。

 

あと業務用送風機。

これは床下を乾燥させるのにかなり有効でした。

自分は点検口を真反対に別に開けて、点検口を2個(店は3個)作り片方から業務用送風機で風を送ると手でわかるぐらい風が送られてくるのが感じます。

 

市販の家庭用だとパワーが弱すぎて全然風が通りませんでした。

 

これを24時間続けると、1週間ぐらいで、ドロドロの泥が、泥の部分だけパリパリに乾き始めます。

※泥の厚みにもよりますが、泥がそれほど深くなければ有効かと。

 

床下は風通しが悪く、乾燥しにくく、そのままにすると、カビが発生しやすくなります。

完全に床下を乾燥させてから、床下に潜れば、大変だけど泥んこまみれにならずに泥が乾燥したパリパリをかなり綺麗に除去できました。※状況で変わると思いますが。

 

床を簡単にはがせるお家なら剥がすのが一番ですが、うちは2×4で下地を剥がすとすごいコストがかかりこういう感じでやりました。

業務用扇風機もそうそうホームセンターですら置いていないので、要望があればムサシあたりで購入してお送りできるかも。

 

水害で、表側もそうですが、一番大事なのは床下の乾燥でした。

床下浸水してなくても点検はしてほうがいいかもしれないです。

 

高圧洗浄機、業務用送風機は普段はそんなに必要としないかと思いますので。

貸し出せる人はものすごいいると思うのですが。

もしそういう拠点があれば教えてもらえればなと思います。

 

長野でもセブンで、高圧洗浄機貸し出しますとか、D2で無料で貸しますとかやっていたし。

 

どちらにしても、現地での要望、受け入れ態勢が整うのを待ちます。

 

とにかくあの泥の厄介さはもう大変です。もうあんな経験はしたくない。

あと助けてくれる人の力は、単純なマンパワーだけでなく、被災者の心も助けてあげていると思います。

自分も心の部分でかなり力をいただき、それは間違いないと思います。

Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

mask

face

buff

トレランシューズ

トレランザック

ドライレイヤー

ドライレイヤークール

スポルティバ

マグマ

itoitex

ULポール



trailmountain

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.