6月北ア・おすすめ軽量ギア

大変申し訳ありません。

明日、ツアーは開催しますが、

店舗は6月2日(土)〜3日(日)休業させていただきます

 

明日、息子の来年入る小学校の体験運動会があり、

その後、家族旅行兼ねて、南砺ウルトラマラニックに1泊2日で行ってきます。

 

問題は走る方で、この1ヶ月、風邪、左足の腫れ、右足の痛みと厄が付いて回り、全く走ってません。

ようやく足の痛みが消えたのでテーピングで固めてスタートラインには立とうかと。

まだ喉の痛みと咳、タン、鼻水が治まらず、万全とは程遠いので行けるとこまでで、無理はしませんが。

100km何が何でも完走と言う感じではないですができるだけ走ります。

 

一応五箇山の合掌造りの集落など巡る感じで、コースは良さげで。

今回も子供いるので、途中のエイドポイントにもなっているキャンプ場のキャビンで泊ります。

 

初めて行く土地なので、家族サービスの旅行メインで!

気に入ればまた来年もいければと言う感じです。

 

※この喉の痛みと咳は厄介です。YUKIはさらにひどいですが。1ヶ月以上です。

周りでも同じ症状のかた多くて、みなさんもお気を付け下さい。

 

【6月北ア】

6月になりました。まだ北アルプスは雪が残りますが。

個人的には6月のアルプスはおすすめしています。

 

天気予報さえみれば、天気が安定していることが多く、登山者も少ない。

静かな山を楽しめるいい時期です。

 

とはいえ行く場所によりそれなりの装備は必要になります。

 

軽量系で、残雪対応のおすすめギア。

 

leo

ペツル・レオパード

詳しくはこちら

 

とにかく軽い。へたなチェーンアイゼンより軽いです。

なんせ、片足180g!!

トレランシューズや軽量系軽快登山シューズにも対応していて、前爪、後爪も付いてます。

 

この時期雪渓とか急斜面行くなら、前爪は必携!!

雪が緩む前に下るなら刃も大き目が安全です。

 

このアイゼンはほんと長いシーズン使えるので、雪の多い信州の山に行く人はあればかなり重宝しますね。

 

シューズはどんなものでも対応しますが。

個人的には今シーズンのスノーシューで使ってて、超お気に入りのこの靴

ura

スポルティバ ウラガノGTX

詳しくはこちら

 

とにかく足の包み込まれる足入れの良さが最高!

 長い時間歩いてても疲れる感じがしないです。

 

 使ってくれているお客さんの評判もかなり高いです!

 

ゲイター付きで足首にフィットして、これにロングスパッツを組み合わせれば雪の侵入はほぼ防げます。

ソールも雪に強いので、ある程度まではノーアイゼンで滑りにくく歩けます。

 

防水なので、この時期の防寒も兼ねているし、かなり蹴りこむシチュエーションでなければ剛性も問題なし!

先日紹介した、ブレードGTXや、トラバースMIDもかなりこの時期おすすめです。

 

シューズが軽いので、さっきのレオパードと組み合わせても足の重さは感じないです。

 

ゲイターなしのテンペストでもいいと思います

詳しくはこちら

 

行く場所により、ピッケルでなく、Wポールが有効な場所が多いと思います。

個人的には、下りで安全面で雪面を支えることが多くなるので、長さ調整できる方が使いやすいかも。

 

kei

ディスタンス・カーボン・FLZ

詳しくはこちら

 

 今年のモデルからスノーバスケットが付けられるようになりました。

snow

以前のモデルにはつけられませんが。

 

さすがに雪が緩むと、バスケットは欲しいところです!

 そういう意味でも長さ調整でき、軽量なBDポールはおすすめかな!

 

 この時期は落石の発生も多くなります。

雪が融けて、そこからの落石は場所により発生します。

ヘルメットも欲しいところ。

 

sio

ペツル シロッコ

詳しくはこちら

 

まあ!軽いです。170gです。

デザインも前のよりはいい感じな印象ですね。

 

いまやヘルメットは夏のアルプスでも必携になってきているので。

背負うことが多いアイテムなので、軽いにこしたことはないかな!

 

軽いから実際被ると、被ってる感がないです。

ただ自分みたいに頭が大きいとM/Lサイズでもちょっとキツイ。

普通の男性ならM/Lでジャストだと思いますが。

 

自分はどのメーカーでも頭がきついんですよね・・・

 

完全な夏山ではないので、それなりの装備は必要ですが。

 6月の北アルプスほんと、おすすめですよ!できれば泊りが最高です。

静かな山でテントで、お酒飲みながら、日常を離れるのは贅沢です。

進化したカプセルホテル

昨日の定休日。ちょっとした飲み会があり、東京へ。

ほんとは、最終の高速バスで帰る予定でしたが、トイレ行ったり、チケットの購入につまずき・・・逃す・・・

 

仕方ないので、新宿のバスタの近くで泊まれるとこ探してヒットしたとこ

cap

 

値段は¥4980(税込)とカプセルにしては高い気がしたけど、探すのも面倒だし。

ここに入る。

 

以前横浜のカプセルに泊って、ほんと狭いし、息苦しいし、寝るだけとはいえ、カプセルにはいいイメージがなく。

少し高くてもビジネスホテルに泊るようになりました。

 

が!!かなり感動しました!!

カプセルホテルって!!こんなに進化しているんだ!!

 

まず靴箱のカギを渡して、鍵を預かります。

フロアはこんな感じ

cap

 

セキュリティはほんとしっかりしていて、キーがないとカプセルルームに入れない。

cap1

ずら〜〜と並んだカプセル。

まず!!カプセルなのに広いし、高さもある。

 

一人用のテントで過ごすより広い感じの空間で、普通に中で過ごせる。

空調もついてて、息苦しさも皆無。

寝たまま見れる可動式テレビもあるし!

 

あと感動したのが、枕も自由に選べて、マットレスの寝心地が最高!

自分はビジネスホテルの柔らかいベッドと柔らかい枕が苦手で、枕を持参するほどなんですが。

硬さがちょうどよく、気持ちいい寝心地でした。

 

今や当たり前なのかもしれないが、大浴場とサウナがある。

cap3

これも嬉しいけど、アメニティというのかな?

自由に使えるものが種類豊富!ボディタオルの個装パッケージなんて初めて見た。

もちろんタオルも自由に使えるし、シャンプーとか選べるし!

へたなスーパー銭湯よりはるかに充実してて、これがカプセルホテル??ってかんじ。

 

ホテルのユニットバスに入るよりはるかに疲れも取れるし、気持ちいい。

 

cap2

 

とにかく無料のものが多くて、マッサージ器も無料。

 自販機のドリンクも全部無料。朝ご飯はパンだけでしたが。

 

とにかくキレイで、トイレもこまめに掃除しているみたいで。

 

ただ寝るだけでなく、ふつうにくつろげる空間があり、とにかく細かいところまでサービスが付いてくる。

※キンキンに冷えたビールジョッキまであるんですよ!

 

全部宿泊料に含まれているので、自分は全然高いと思いませんでした。

ビジネスホテルより、こっちのほうが好きかも。

 

どうでもいいかもしれないけど、あまりにカプセルホテルが進化してて感動しました。

田舎者に思われるかもしれないけど、東京ってすごいな。

 

自分とこだと、電車でうっかり寝てしまうと妙高高原まで連れてかれちゃうし、しかも泊るとこないし。

まあ東京で泊まることはほとんどないけど、最悪帰れないときまた使うかも。

軽快登山シューズ

基本・ローカットのトレランシューズでどこにでも行けると思いますが。

テントなど荷物がある時や、足首に不安がありどうしても足首が欲しい方に!

 

おすすめの軽量系・軽快登山シューズのおすすめ。

 

スポルティバより

blade

「ブレード・ゴアテックス」

詳しくはこちら

 

 微妙に違いは当然あるんですが、軽快登山おすすめガッチリ系トレイルランシューズ

「アキラ」

akyra

詳しくはこちら

 

ソール耐久性も高くて、アッパーも岩場で使用しても破れにくいです。

ぬかるみ系も、岩場もかなりグリップが効きます。

akyra

 

ブレードGTXも足型のベースはアキラになると思います。

去年のアルプス系のツアーは全て自分はアキラで歩き、走りました。

レースではこのまえの彩の国でも使ったし、ツアーはアキラが一番しっくりきて安心感があり好きですね。

 

ブレードGTXもソールパターンは同じです。

blade

 

クッション性能が高いのに、シューズサイドの下部についた左右のスタビライザー(硬質のサポートパーツ)で左右のブレが最小限に抑えられています。

 

アルプスなどの岩場でも足裏への衝撃が少なく、筋肉ダメージも少ない。

それでいて安定感も十分あります。

 

ブレードはアキラをアッパーの耐久性をUPさせて、ゴアテックスの防水仕様にしています。

軽くて、歩きやすいので、軽快登山にはおすすめです!!

 

blade

女性用です。 詳しくはこちら

 

【OBOS】

 ブレードよりもさらにガッチリしつつ、十分軽量なシューズ。

obos

オボス 「トラバースMID」 メンズ詳しくはこちら レディスはこちら

 

オボスって聞いたことないかもしれません。

最近のブランドで、ソールからアッパー、インソールまで全部自分たちで企画して作ってます。

ある意味シューズマニアの立ち上げたこだわりのブランドかと思います。

 

obos

たかだかテープが付いているだけですが、実際足を入れると、足首のホールド感が抜群で

足首に不安な方でも安心できる感じです。

 

ソールもかなりゴツイです。

obos

実際に使用しないと、何とも言えないけど、効きそうなソールですね。

 

アッパーの重量に

対して、ソールの重量が重いからかな?かなり地にしっかり足がつく感じがします。

かといって重さは感じないですね。

 

これから人気が出てきそうな注目ブランドです!

NATHAN/ネイサン

久しぶりにネイサンの商品を紹介します。

今日は、高社山でトレイルランレースがありました。

また来週にも戸隠でトレイルランレースがあります。

 

最近は20km前後の距離が長くないレースも増えていますね。

 自分は40km以下のレースは出ることはないのですが、さほどの荷物はレースは不要になります。

 

必要最小限ながら、それなりに40km以上のレースでも使えるザック。

 

zak

「ベイパーザック」 詳しくはこちら

 

基本ハイドレーションは使わず、前面のストロー付きのソフトボトルで対応します。

補給が簡単で、多くの水分を必要としないレースでは便利です。

zach

 

zak

自分の個人見解ですが、フロントポケットに片方500mlは重すぎてバランスが悪く感じます。

その意味で、この片方で355ml 両方で710mlのボトルはバランスはいいと思います。

 

ボトルは標準装備ですが、別売でボトルだけでも販売しています。

igso

詳しくはこちら

 

このボトルですが内側に硬い芯材が入っていて、ふにゃふにゃしません。

普通のソフトボトルだとふにゃふニャして入れにくい時があります。

 

そういう意味でもこのボトルは使いやすいと思います。

 

ストロー無しのノーマルボトルもあります。

igso

詳しくはこちら

 

ベイパーザックは軽いし!ピッタリフィットするのでレースや練習など使いやすいと思います。

女性用もあります。

mag

「ベイパーマグ」 詳しくはこちら

 

女性の体形に合わせているので、女性にはフィットすると思います。

mag

 

あと個人的に、結構おすすめできるのが。

コストパフォーマンスに優れた「クイックスタート」 !!

quick

 正直、かっこいいとは思えませんが、、、

究極にシンプルです。

 

quick

ハイドレーションがセットになっていて

なんと価格は ¥7500 ハイドレーション単体で¥4860するので、差し引くと本体¥2640!!って

 

詳しくはこちら

 

前面のジップポケットには大き目のスマホも楽に入ります。

 メッシュポケットにもスマホ収納でき、フラスクも入ります。

 

かといって自分は値段が安いからおすすめしているわけでなく。

 個人的にこの究極のシンプルな感じは、好きです。

最近いろいろポケットが付いていて、その分どこ何入れたかわからなくなりそうだし。

 

このザックは本体&ポケット2個のみ!わかりやすいです。その分軽い!!

 

しかも体にジャストフィットさせるための、サイドベルト2本、高さ調整できるチェストバンド2本もちゃんと付いてます。

どんな体型のひとでもジャストフィットさせることが可能!

背負うとほんといい感じでフィットしますよ!

ハイドレーションのホースを止めるパーツも付いてます。

 

決してカッコイイとはいえないけど、ここまでシンプルなトレランザックはほんと無いです。

容量もちょうど使いやすいサイズです。

 

今日はネイサン紹介しました。

いかがでしょうか?

飯綱山・初級トレイルラン

今朝は久々の飯綱山。

お天気も良く、もう里山に行くには暑いので、少し標高の高い飯綱山は快適です。

 

家から30分ぐらいで登山口に着けるのは最高の環境ですね。

 

さすがに今日は登山者も多く、戻ると駐車場はいっぱい!

手軽に登れるけど、景色も雰囲気も最高なので、やっぱ飯綱山は大人気です。

 

526iiduna

さすがにアルプスは雪が付いていますが、戸隠の山はすっかり雪も消え、夏に向けていいシーズン。

この3週間体調不良で、まだ調子が全然戻らない状況ですが、気分的にリフレッシュできました。

 

526iiduna2

ご参加のみなさまも、ありがとうございました。

 

 帰りは西登山道でくだり、戸隠古道で一の鳥居へ

15kmぐらいだったみたい。

 

程よい感じののんびりツアーとなりました。

 

【が・・・】

本当にこの5月は厄年でもないのに、常に厄がついて回っている感じ。

今日も下りで今まで痛めたことのないとこに痛みが・・・

毎週毎週、体がどこか壊れていく感じです。

 

気長にのんびり、体と体調を整えていくしかないですね。

皆さんも、暑くなったり、寒くなったりで、体調にはお気を付け下さい!!!

ストックシェルター

ヘリテイジの人気モデル2種類入荷してます。

 

NEW・ストックシェルター

stock

詳しくはこちら

 

 従来のモデルに、ベンチレーターが付きました。

結露の軽減と、換気の向上が実現してます。

 

当店のオリジナルのストックシェルターですが、現在欠品にて申し訳ありません。

6月中旬ぐらいまでには入荷すると思います。

pro

 

詳しくはこちら

 

軽さを取るか、汎用性を取るかになると思います。

280g と 200g(ペグ2本込)の差です。

 

ユニバーサルモデルのほうはストックの長さが選べます。

長いストックの方はユニーバーサルタイプがいいですね。

 

どちらもあくまで寝るスペースしかありません。

これで生活するという感じでないので、あくまでビバークの緊急時的な使い方になると思います。

 

快適性求めるなら

croos

 

クロスオーバードームがいいですね。

詳しくはこちら

 

雨に強く、一人用テントの居住空間が広がります。

700gという軽さで、この快適度ならかなりおすすめです!!

 

ストックシェルターは例えば1DAYのロング山行で、暗くなる可能性が高いとか、ギリギリまで行動して寝るだけとかならいいと思います。軽いので行動重視になるかと。

保険として携行するには荷物にならなく、いざというときの安心感はあります。

とにかく設営は超簡単なので!

 

出来るだけ軽く!テント生活も楽しみたい!

こういう時はクロスオーバードーム!

 

現実的に、使用することが多いのはクロスオーバードームじゃないかな!

 

これから山シーズン入るので、いかがでしょうか?

彩の国

DNSの予定だった彩の国トレイルに参戦してきました。

風邪が治らず、足の激痛もありましたが、なんとか痛みは消えたので、当日朝3時に起きて痛くなければ行こうと。

 

しかし、2週間の走行距離0mで、病み上がりのリハビリにはきつ過ぎました。

ゆっくりゆっくり走って、51kmで大人しくやめました。

おかげさまで風邪をぶり返しました・・・

 

気候は、涼しく、さわやかな涼しい風が木陰から吹いてきて、走るには最高でした。

そしてエイドが素晴らしかった!!

 

この大会、リタイアしても自力で交通機関使って戻らないといけないので。

とにかくエイドだけを楽しみに進み続けるしかない。

 

写真を撮らなかったのが残念ですが、ほんとエイドは手作り感満載の美味しいエイドばかりでした。

クラッカーにキウイとか乗ってたり。

パンもクリームとフルーツサンドしてあった。

パスタやスープもおいしかった。

正直、補給食は全く持って行く必要がありませんでした。(全く使いませんでした)

 

スタートから、体も足も最高に重くて、全く動かず、たぶん最後尾に近いところでうろうろ走ってました。

誘導員とかはほとんどいないので、マーキングと読図で進むんですが。

想像以上にマーキングがしっかり付いていて、地図は現在地確認程度で見るぐらいで迷うことはないです。

 

夕方にスタート地点に戻るとほんと寒い。

長野も寒かったです。

お風呂入っても悪寒がひどく、夜間の選手は寒かったんじゃないかな。

 

速報でハチマキさんが33時間半ぐらいで100マイル完走されてました。

スタート前しか会えませんでしたが、これ完走するって!!!!!

自分に完走できるイメージは全く湧きません!素晴らしいですね!

おめでとうございます!

 

野辺山をパスして臨んだ大会でしたが、途中棄権を除けばコースが初めてということもあり楽しかったかも。

 

早めに体調戻して、次に向け修行しなおします・・・

CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag

stock

cross

leo

ura

shiro

itoitex

skin

power

skytrail



trailmountain

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.