MURA18 妙高山岳わくわくマラソン

久々にレースに出てきました。

MURA18 妙高山岳わくわくマラソン。

 

wakuwaku5

詳しくはこちら

 

今年が第一回で、妙高の国際アウトドア専門学校の主催。

毎年信越五岳でもお世話になっているところです。

 

全部ロードなのですが、限界集落のような山里の集落(MURA)を18回る感じみたいで。

自分が大好きな、山里の田んぼとか風景の中を走る感じかな?と思い参加してみた。

 

が!!自分の想像以上に自分が大好きな感じのコースで!

妙高の紅葉を甘く見てました。

これでもかという素晴らしい紅葉と景色の中、苦しくも楽しく走らせてもらいました。

 

今回1回目ということで参加者も少なかったですが、これはコースはほんと間違いないです。

累積標高2000m。正真正銘の山岳マラソン。

わくわく?確かにいったいどこまでこの上り坂が続くのか?いつ上り坂が出現するのか?ワクワクしました。

 

こんな感じの道がほんと多いです。

wakuwaku1

長野でも、山里行くと、こんな道多いですよね?車が一切通らないような。

今回6時間走って、スタッフ以外の車は10台も見なかった気がします。

 

これをウルトラまで伸ばしたら、さすがに恐怖のコースになりますが、55kmが程よい。

タイム競争ではなく、マラニック感覚で走ると楽しいと思いました。

 

今回、結構真面目に走る予定でした。スタートするまでは。

前の日に、ツアーの朝寒くて、風邪の引き始めになり、鼻水止まらず・・・葛根湯飲んで。

体もだるいけど走れば治るかな?と思いましたが、甘かった。

 

6時スタート。スタートと同時に全然体が思うように動かない。

最初の急な登りで、引き返してリタイアしようかと思いましたが、ゆっくりでも行けるとこまでと思い。

 

走るうちに、リタイアできないとこまで来てしまい、どこにいるのか?土地勘もないし。

ほんとヤバかったです。ちゃんと上下着込めば良かった。

レース中、ず〜〜と登り坂でも寒気が取れず、手もかじかみ感覚なく、鼻水垂らし・・・

 

なんとかエイドで元気をもらって次に進む。

筋肉的には全然問題なかったので、リタイアする理由もないし。

 

wakuwaku3

自分の携帯ヘボカメラなので、ほんとはキレイです。

 

wakuwaku2

 

ほんとはもっときれいで、幻想的でしたよ。

途中から携帯出すのも手がかじかみ面倒で、やめちゃいましたが、ちゃんとデジカメ持っていけばよかったと後悔。

 

まあそんでもどうにかこうにか、最後のエイドでうまいものいただき元気になりゴール!!

12時ごろかな?6時間ちょいだと思います。

 

もう寒いので、着替えて、早く家に帰って風呂入って生き返りたい気分で。

たこ焼きが気になるが、子供達が並んでいるので、まあいいかと思い帰路へ。

 

思えば、この時間でゴールできたなら、午後開店できるな。

 来年はそうしようかな。

 

でも息子たちとも久々にゆっくりできました。

musukotachi

 

主催いただいた皆様、エイドや誘導で寒い中頑張っていただいた、スタッフ、地元の皆さま。

自分も相当さむかったけど、スタッフの方のほうが寒かったはず。

本当にありがとうございました。

 

来年も開催されれば出たいと思います。久々に自分のなかではかなりヒットしたコースでしたね!

また宜しくお願いいたします。

 

※レース前はコースマップ真面目に見なかったけど、走ってすごいいいコースでしたので、自分でも行ってみようとコースマップをチェックしてみました。途中に遊歩道の入り口とかあったのも気になり。

 

そしたら、信越トレイルの裾野の走ってたんですね。

仏ヶ峰とか、毛無山とかの稜線が近かった。

 

100kmとれるんじゃないかな?まあ55kmで程よいと思いますが。

100kmとかになれば、わくわくマラソンレベル超えちゃうかな?

ツールド長野情報

この3連休は、くびきのウルトラや、ハセツネ、KOUMIなどみなさんの活躍がすごかったです。

自分もどれか出たかったのですが、おとなしくしてました。

 

結構聞かれるのが、ツールド長野でどれぐらい時間かかりますか?とか暗くなるのはどのあたりですか?とか。

一応去年と100%同じコースなので。

リザルトを参考にしてみてください。

 

http://trailmountain.jp/tour_nagano/result_tour_du_nagano2015%20.html

 

1Aが太郎山下山口

2Aが尼巌山下山口

3Aが茶臼山下山口

4Aが富士ノ塔山

5Aが大峰山

6Aが髻山下山口

7Aが雁田山登山口

8Aが明覚山下山口

です。

 

地図は10月下旬〜11月上旬ごろお送りします。

そろそろ限界人数が近づいていますが、あと15名ぐらいはまだお申込みは大丈夫です。

それで締切させていただきますのでご了承ください。

 

クライマックス(忘年会)もHPのアップはもう少しお待ちください。

10月、11月のツアーももう少しお待ちください。

 

3連休レースで頑張られた皆さん!お疲れ様でした。

FBとか見てて、刺激があり、なんか11月はちょっと頑張ってみたい気がしました。

10月は家族優先の生活をしたいと思います。

ツールド長野・募集開始

tag3

詳しくはこちら

 

tag2

 

本日HP更新しました。今日から「ツールド長野2016」募集いたします。

すぐにはいっぱいになりませんが。

 

締切は10月31日まで、もしくは定員80名になり次第となります。

 

今年は諸事情により、コース、エイド箇所、地図など去年と全く同じにすると思います。

たまにコース変更しているのですが、今年は準備に時間が取れそうにないので。

まあ去年からどれぐらい成長したかはわかりやすいと思います。

 

去年も寒い中ボランティアの方にはご協力いただき、非常に助かりました。

完全お任せでしたが、選手の皆さまには好評いただき、嬉しく思います。

 

今年もボランティアのみなさんを大募集です。

かなり過酷で、交通費と食費、ささやかなモノしか出せないのですが・・・

ぜひできる方いればご連絡ください。

 

詳しくはこちら

 

参加費は¥5000です。

足は出ませんが、結構ギリギリな予算なので参加賞は未定とさせてください。

 

ついこの間まで、夏かとおもえば、もうツールドが近づいていて。

短い秋が終われば、すぐ冬ですね。

 

正直この時期は長野市が雪の降り始めぐらいになることが多いです。

スノーランになるとまた楽しめるかもしれないですね!!

戸隠・スイーパー緊急募集

※ボランティア満員で揃ったそうです。ありがとうございました。

 

今週9月25日(日)に

「信州戸隠トレイルランレース」が開催されます。

スイーパー大募集です。

 

自分はさすがに信越五岳出たので出ないのですが。

ミドル、ロングともに、スイーパーがいなくて、緊急大募集とのことです。

 

取り急ぎ、できる方は。

info@fields-co.jp 

のメールにお名前、連絡先と、「信州トレマン・ブログ見てスイーパー希望」みたいに書いてもらえれば連絡くれると思います。

電話0475-47-3017 でもいいと思います。

 

直前すぎるので、予定があるかたが多いと思います。

できれば地元なので、予定開いているかたいればご協力いただければと思います。

 

9月はレースが多すぎて、戸隠に出れない年が自分は続いています。

前みたいに10月開催してもらえれば参加できるのですが。

 

志賀エクストリームも長野マラソンのエントリー日と重なり出るのは無理だしね。

10月はレースも出ませんので。

 

戸隠は余裕があれば開店前に応援行くかもしれないけど、未定。。ツアーやるかも。

信越五岳トレイルランレース 2016

昨日は信越五岳トレイルランレースに参戦してきました。

 

まず最初に、大雨の中、寒い中、コース誘導、エイド運営、レース運営いただいた全ての皆さまに!

ありがとうございました!

 

選手は動いているので、寒くないし、楽なもんです。

本当に大変だったのは、スタッフの皆さまだと思います。

選手が事故なく、無事に終了できたのはスタッフのみなさんのおかげだと思います。

感謝いたします。

 

【レース】

当日は4時起き、4時半過ぎに家出て、YUKIと息子に送ってもらう。

5時過ぎ現地着。バタバタ・・・朝食食べてすぐゲートへ。

ほとんど誰にも会えなかったな。

 

雨予報。100%雨でかなり強く降る時間帯もある予報。

かなり走る区間が多いので、雨具着ると暑いし、脱げば濡れる感じが嫌だし。悩む。

 

雨具上下、ドライレイヤー、Tシャツを完全防水パックにしてザックへ。

これは使わない前提で、ほんとヤバイときのための保険で安心を詰め込んだ。

重くなるけど、昨日はそういう危険性があるような気がしたので。

 

実際はハーフタイツにインナー。

昔ニンジャのコスプレで自作した前面だけ防水のニンジャ服。

これが最高に使いやすくて、全然寒くなく、蒸れないし、途中脱いだけどこれでALL行けました。

あとゴアテックスのださいハット。手のひらサイズで見た目悪いけど便利!!

プラスでアームカバー&グローブ。

 

基本かなり雨降りましたが、全然寒くなく、快適そのものでした。

晴れより、走るにはコンディションは良かったかと思います。

 

【スタート】

上州武尊から中5日。スーパー銭湯に行って疲労抜きしてきたけど、どうかな??

50kmから先に不安を感じながらとりあえずスタートしてみた。

 

去年の信越五岳から中2日のUTMFは全く体に力が入らず、論外でしたが、プラス3日の休養があったので。

とりあえず途中から歩き倒してでも、完走は絶対しようと誓う。

 

じっくり、じっくり、じっくり、確実に乳酸溜まらないペースで歩き&走る。

ゆっくり走りすぎると逆に足使うので、程よいペース感で1Aまで。

 

今年も前出の選手がかなりハチに刺された模様・・・

去年もそうでしたので、スタートはちょっと後ろよりがいいのかもしれない。

 

U敷さんとスタート後から抜きつ、抜かれつで黒姫林道まで行くことが多かった。

基本U敷さんとペースの作り方が全く違うので、並走することはないのですが。

 

1Aまではゆっくり気味で予定どうり。

パワーバーがチョコだったので(唯一食べれるパワーバー)5個ぐらいもらい、水も前半は多めに摂取心がける。

 

斑尾山の登りもまあ疲れない程度に。

が・・・下りが相当の泥の滑り台でした。

志賀エクストリーム以来久々に、ドロドロになった。アカシャでもここは無理でした。

 

2A。ここも水とパワーバーだけ補給して他はスルー。

先でK林さんと合流して袴岳の登りは前後する。

 

袴岳山頂直前で前方一気にパスして下りへ。

下りのぬかるみは一気に行ったほうが転ばないくて楽なので、なるべく前方に人がいないほうがいいかと思い。

おかげで割と楽に下れました。

 

長い林道下りを終え、3Aへ。

ここも次に宴会隊エイドがあるので、水補給せず、パワーバーだけ持って走りながら食べる。

4Aの笹寿司のために、腹を空けておく。

 

関川沿いの砂利道。長いけど、雨も止み、涼しいので、例年の灼熱より全然楽でした。

宴会隊エイドは楽しみ!いつも麦茶いただく。お茶が飲みたくなるんです。

あと梨をいただく!ごちそうさまでした!!

 

宴会隊エイドから4Aまでは疲労抜き区間と決めていた。

長い砂利道ランで使った走る足を休ませて、走れるとこも飛ばさないでLSDペースで。

御巣鷹林道を全部走り切るために!

 

いい感じで疲れがほぐれて気持ちよく、4Aへ。

水補給(補給が多すぎて・・・結局ゴールまでハイドレが持ちました・・)手早くして笹寿司。

おじさんに「一人1個ですか?」と一応聞く。

「いや何個でもいいよ〜10個でも20個でも!!」

安心して5個ぐらいいただく。やっぱ最高に美味しい!米はうまい!我慢してパワーバーでしのいで良かった。

 

さあ御巣鷹林道。ここは全部走り切ると決めてた。

足元だけみて、前は一切見ない。見ると歩きたくなる。ず〜と足元だけ見てると不思議と平坦に見えてくる。

ほんと、牛歩ですが、それでも歩くと走りでは全然タイムが変わるので。

 

発電所の下り&登り。登りが嫌い。その先は好き。

まあ5Aまで頑張る。

デポの荷物受け取る時、カレー食べているひといて気になっていたんだけど、デポ品整理してエイドステーション行くと!

 

おおおおおお〜〜〜カレー!!!食べたい!

お姉さんが「ご飯どのくらい入れますか?」自分「たっぷり入れてください!!」

別のお姉さんが「お肉入れますか?」自分「たっぷり入れてください!!」

もう最高に美味しかった!!!このカレー食べただけでこのレースは成功と言っていいかなと思う。

 

おかわりしたいけど、カレーの量が人数分あるとは思えず、言い出せず。

空の器もって、カレーエイドの前で「おかわりどうですか?」って言ってくれないかな?と6秒ぐらいうろうろしたけど・・

おかわりしなかったのが心残りでした。

 

元気になり、ゆっくり、ゆっくり着実に走る。

あと黒姫山麓ぬければ庭だ。

 

黒姫登山口までの林道も走り切ると決め、U敷さんに凄いスピードで抜かされても無視。自分のペース守る。

なんとか走り切り登山口。

ここまでくればあとは楽。が、ほぼ一人旅となる。

 

すごいエクストリームが待っていた!

登山道が沢に変わって、沢登りじゃないかとおもうぐらい!

泥と濁流で、水の中バシャバシャ進んでいく。

 

すごい楽しかった!!こんな登山道、プライベートじゃ絶対行かない!

大人の水遊びみたいで、すごい新鮮で、こんな風に変わるんだと驚きいっぱいで地元に住んでいながらこんな黒姫山麓は初めてでした!

今まで信越五岳は晴ればかりだったので、今回は初めてのコースみたいで面白かったですね。

スタッフのT田さんとか大変そうでしたが・・

 

水水ドロドロを抜けて、我が庭戸隠・6Aへ。

とりあえず、味噌汁にシャリ玉ぶち込んで食べた。

 

ここからはもう完走が見えたので、無理せずのんびり楽しんで走ることにした。

なんか普通に楽しく走れた。前後ほとんど選手がいないし、夕暮れの戸隠の参道とか走るのがいい感じで。

 

あっという間に7Aへ。さすがにジェルも食べているのでお腹空かず。

あんこの入った最中??とかいただいた。普通に美味しかったです。

 

ここからも無理せず、100%確実に完走できるペースで。

少しルートが変更になりましたね。

ここも割とすぐに、ラストエイド8Aへ。まあここは蕎麦でしょう。

 

瑪瑙山がカットになったので、無理して食べる必要もなく、ジェルも余ってて、1杯だけ。

 

ここからゲレンデトラバースして林道スタート。

長いのは知っているので、特に飛ばさず、じっくりじっくり。

途中間伐作業が入ったのか?かなり荒れてた・・・

 

飯綱山登山口。ここまでくればあとちょい!

明るい光がみえて、最後ゲレンデ下りゴ~~~ル!

 

shinetu2

 

今回も時計せず、時間を聞くこともなく、マイペースでした。

今年からリアルタイムで時間見れるんですね。リザルト見た。自分はこんな感じ。

shinetu1

わかりやすいですね。

5Aからはほとんど一人旅だったので、たまに抜いたり抜かれたりで順位変わらないですね。

自分が感じるより、スタートから意外と前方で入っているのがわかる。

たぶん最初の林道でちゃんと走っていればこのぐらいになるんだなと。

 

まあ今回は完走目標でしたので、予定どうり完走できて良かった。

余力はあったので、瑪瑙カットでなくても完走はできただろうし。

 

が、走っている間はアドレナリンが出ていたのでOKでしたが、終わって家帰り、上州武尊とのWパンチからか疲労が。

しばらくレースは入れていないのでお休みしてのんびりツアー再開します。

 

最後にやっぱり、今回は特に選手より、スタッフ、主催者の皆さまがほんと大変だったと思います。

ほんとうに、ありがとうございました!

上州武尊スカイビュー129km・・

日曜日〜月曜日にかけて

「上州武尊スカイビューウルトラトレイル」に参戦してきました。

 

総距離129km、累積標高9200m。

 

第一回(完走)第二回(リタイア)で今回第3回

正直毎年コース変更しているのですが、今年のコースは最凶なエグさでした。

 

それでも、気候は走るには最高で涼しく、走りやすかったので、気持ちよかったです。

 

【前日】

前日受付なので、午後から移動して受付。即宿へ。

早く寝て、睡眠時間をちゃんととらないと、自分は寝ないとダメなので。

が・・・宿泊した宿が、90分飲み放題&食べ放題の伊藤園グループ。

 

ビール2杯ぐらいで済まそうと思いましたが、1回飲み出すと・・・

ビール7杯、ワイングラス2杯と・・・(焼酎と日本酒はさすがに自重しました)

食べるほうはいくら食べてもOKなので、食べまくりました。

 

19時半就寝。2時起床。睡眠時間はバッチリでしたが。

 

【当日】

雨予報が22時までは曇り予報に変わり。

念入りに準備して、スタートを待つ。

 

今回は前日の飲みすぎを抜かせば、真面目に走ろうと思ってました!!

129km 9200mは野沢温泉65kmを2周してさらに標高1000UPするようなもの。

 

作戦はスタートからゴールまでイーブンペース!!

これが自分のスタイルなので、129km最後までイーブンが目標!

完走はするのが前提で、完走目標ではなく、最後までイーブンで行けることが目標でした。

 

スタート。みんな速い。

剣ヶ峰の下り渋滞があるので、突っ込みたいが、自重自重で。

こんなペースで突っ込んだら、絶対129kmの途中で潰れるはず。

 

真ん中よりかなり後ろよりかな?でもこの位置が心地よかった。

速すぎず、遅すぎないペースの中で走り、歩けた。

前のほうだと速いペースに飲まれてオーバーペースになるはず。

 

1Aから剣ヶ峰へ。

キツそうに見えるが、大きな登りの中では一番ここが楽でした。

下りも渋滞なので、ゆっくり休み休み下れたので、不安の膝にも優しく、足も温存できた。

 

展望はガスでしたが。

剣ヶ峰のすぐ下で、トップとはすでに2時間差とのこと。気にしない。

 

2Aまでは楽でした。

でも腹減って、トン汁に小さなおにぎり4個入れたのを2杯食べる。うまい!!

 

が宝台樹山のゲレンデの鬼登り。知っていたから覚悟してたけど、きつかった。

 

宝台樹山を超えて、武尊山の登り。

ゲレンデの登りを考えると、急でも登山道はやっぱ楽です。

ゲレンデは足を温存して登りたくても、いやでも足を浪費させられてしまう。

 

途中レースのために作った道。

上州武尊のレースがすごいのは、ここに限らず、いろんなとこでレースのためだけに道を作っていること。

よくこんなとこ道作ったな!!と何度も感じました。

 

特にこの武尊山の道は根曲がり竹だし、しかも結構きれいに刈ってました。

 

武尊山からの下りは快適!が左手にゲレンデの見える高い山。

地図見ると間違いなく今回新しく行くコース。

A3。残り82kmぐらい。まだまだ足は疲れもなく、元気そのもの。

 

が・・・ここからのゲレンデのアップダウン2発がきつかった。

ここでかなり足を消耗してしまう・・・

ゲレンデは登りも下りも、どんなに慎重に歩いて走っても、足を支えるとこがないので消耗する。

 

2発目の壁を見たときは10秒間心の整理をするのに立ち尽くしました。

 

A4。残り70km。まだ半分も来てないのか。

このレース1kmごとに残り何キロか表示されていて親切!!

地図にも距離が記載されているので、現在地が一発でわかる!これで心の準備ができた。

 

今回A4で一度気持ちを切り替えて、ここからスタートと考え走る。

ここからA5までは比較的、楽に楽しく走れたかもしれない。

まだ明るく、夜も遅くないので。

 

A5では着替えや、補給食などデポしておきましたが、長居せず、着替えもせず、座りもせず再スタート。

今回もコーラは飲んでない。

エイドもここには、ウインナーとか食べたいものあったけど、炭水化物系とスポドリ以外はレース中は摂取しなかった。

 

他の大会なら迷わず、ウインナー食べてコーラがぶ飲みしていたはず。

ちょっとした補給ミスが体のコンディションをこういう長距離では狂わすので。

 

A6まではロードと林道中心。

ここは自分の中で疲労抜き区間で、LSDペースで疲れを抜いていくつもりで、無理せず。

がなんか夜だからか、体がだるくなってきた。

 

A6で初めて時間聞いた。今回時計は当然していないので、時間を気にせずきたが、丁度いい感じに眠くなってきたので念のため、聞いてみた。

21時半だった。

まさに毎日息子を寝かしつけるために自分が寝る時間だった。

体は正直!体が眠る時間を覚えているんだな。

 

ここから足も疲れているが、体が睡眠を求めだして、体が休みたがってしまい、それとの戦いが始まった。

ほんとここから朝4時までがほんとキツくてキツくて。

 

A6からA7まで22km。

走れるとこも走る気力がなくなり、走っても足がどうのというより体が走るのを拒否する感じで。

体全体が疲れ切った状態で、全くペース上がらず。

 

キャンプ場に仮眠できるポイントがあり、5秒悩んで却下。寝るぐらいなら進む。

が何度もザック降ろして、腰かけて地べたで座り込み。

軽いはずのザックも背負っているのがダルイ。

 

何とかWP通過し、ひと山越えて、A7へ。

オアシスでした。

寒くないけど、ストーブの前に陣取って、熱々のコーヒーとうどんいただく。

 

A6出るころから、ジェルを見たくなくなり、体から拒否反応が出ていた。

普通のうどんとか、持っていった羊羹とか固形物はいくらでも食べれるけど、ジェルだけはもう体がこんなもの食べたくないよ〜〜と訴えてきた。

 

あまりに暖かく心地いいので、A7オアシス(最後の食べ物とかあるエイド)を離れるのをためらうが出る。

 

ここから睡魔地獄でした。

単調な林道。ここを走れなかったのが悔しい。

何度も何度も立ったまま寝た。

 

WSが近づくにつれて、急に体が動き出す。たぶん4時ぐらいかな?

アルプスツアーの始動時間だ。体が反応しているのがわかる。

 

体は正直だ。夜明け近くになるにつれて段々走れるようになるのだから。

明るくなる。もう普通に歩いて走れる。体は疲れて限界近いが、飛ばせないけど動いた。

 

夜間時間は自分の走り&歩きができなかった。これは来年への課題。

それでも最後まで、自分のペースで頑張ろうと、あがいた自分は褒めてあげたい。

 

ゴール!!!!

 

jyoushuu

時間も、順位もゴールしてわかったけど、これはあくまで結果。

良くも悪くもないけど、自分が苦しんで、頑張ったのだから、これでOKです!!

 

レース途中は、コース設定したひとに、「おい!俺を殺す気か?」と独り言ブツブツ言っていたけど。

あくまで終わったしまえばですが。

これは本気で、最強最凶コースで、おそろしくキツイけど、おそろしく終われば充実感100%のコースでした。

自分の精根使い果たしました。

 

レースは一生涯このレースは出ないと決めていたはずなのに。

帰りの車の中で、来年の作戦を考えている、おかしな自分がいるのが怖い。

 

来年はゲレンデ練習しないとこのレースは攻略できない。使う筋肉が違う。

 

レースの主催者の皆さま!スタッフの皆さま!ボランティアの皆さま!

本当に最高最強最凶の楽しいレースをありがとうございました。

とても楽しませて(苦しませて??)いただきました!!!

表銀座トレイルマウンテン

昨日は北アルプス表銀座トレイルマウンテンでした。

ロングは朝4時にしゃくなげ荘よりタクシー移動にて三股へ。

ミドルは三股集合。

 

かなりの雨。この天気のためか。駐車場はかなり空いてました。

 

準備して4時44分ごろスタート。

 

ミドルは三股〜蝶ヶ岳〜常念岳〜三股

 

到着時間(苗字だけで、敬称は略させていただきます)

原田 10時35分

田尻 12時25分

堀川 13時18分

 

ロングは三股〜蝶ヶ岳〜常念岳〜大天井岳〜燕山荘(燕岳ピストン)〜中房温泉

中田 12時15分

小林 13時32分

片桐 13時33分

塚田 13時35分

松本 13時45分

宮下 15時02分(燕岳カット)

久保 15時22分

森  15時34分

伊藤 15時48分

後藤 15時48分

荒井 16時00分

 

悪天候で展望ゼロの悪条件でしたが、無事全員下山となりました。

写真が全くなく、(集合写真も雨で撮り忘れました・・・)

 

ご参加のみなさん!!お疲れ様でした!!

白馬唐松トレイルマウンテン

昨日は白馬唐松トレイルマウンテンでした。

 

トレイルマウンテン・スタイル!

 

こんな地図お渡しして、完全自己責任のフリースタイルです。

11

 

タクシーで猿倉移動で、4時半スタート!!

 

1

 

2

 

3

 

4

 

6

 

7

 

8

 

9

 

10

 

最高の天気、最高の景色!

ご参加の皆さん、お疲れ様でした!!

 

【結果】

タイムレースではありませんが、ご参考までに。

(苗字のみで、敬称は略させていただきます)

 

4時半スタート。ミドルコース猿倉ゴール。

小林 10時59分 猿倉ゴール

相良 10時59分 猿倉ゴール

田尻 12時22分 猿倉ゴール

 

ロングコース

松本 12時9分  八方池山荘ゴール

片桐 12時11分 八方池山荘ゴール ロードプラス

伊藤 12時25分 八方池山荘ゴール

宮下 12時59分 八方池山荘ゴール

廣木 14時41分 八方第五駐車場到着(ゴンドラ)

山田 14時41分 八方第五駐車場到着(ゴンドラ)

坂詰 14時58分 八方第五駐車場到着(ゴンドラ)

宇敷 15時17分 八方第五駐車場到着(ロードランプラス)

松本 14時05分 八方池山荘ゴール

森  14時07分 八方池山荘ゴール

中沢 14時07分 八方池山荘ゴール

滝澤 15時10分 八方池山荘ゴール

 

※自分は12時半ぐらいに八方池山荘に着きました。

びんずるは楽に間に合い良かった。

不帰のキレットはすれ違いが少なく、今回のコースでは登りが危険個所でしたので、全然問題なしでした。

やっぱこのコースは1DAYで行けるし、縦走できるので楽しいコースですね!

 

 

野沢温泉トレイルレース2016

ちょっと時間が経過してしまいましたが、この前の日曜日!野沢温泉でレース参戦してきました。

 

朝4時起床。息子も風邪明け。YUKIも息子の風邪移され、自分は大丈夫かと。

一応雨予報だし、応援は来なくていいよと伝え、野沢温泉へ。

 

この3連休は山に行く人も多いし、小布施やおんたけなんかもあり、野沢参戦者は少ない。

500人はロングでいないんじゃないかな?

 

【スタート】

今回はマジメに走ろうと思ってました。

滝のハシゴと風ごうろの渋滞だけは避けたいと思い!

 

レポート依頼されているエプソンのGPSウォッチもテストするため久々に時計した。

腕にすると邪魔だからポッケに入れとくかと思うも、失くしたらヤバイと思い腕に。

 

epson

感想としては、さすがに距離は正確かな。標高も山頂でチェックしましたが、5mぐらいの差でした。

看板の距離が正しいのか?不明ですが、おおよそ100〜500mの差ぐらいでした。

 

自分はこの手はしないので、ものすごく重く、邪魔で、バランスが悪かったですが。

一般的にかなり軽いんじゃないかな?(実測66g)

 

自分にテスト依頼するのが、間違いな気がするが、レース中においては距離も時間も標高も情報として必要性を感じないかな。

やっぱ自分の体調とかコンディションを体から聞いていくのが大事かと思いました。

 

今回は、いつもの自分のペースより速すぎた気がする。

渋滞が嫌で意識的に上げた感もあり、もっと今日の体調を見極めてペースを作るべきでした。

 

最初の温泉街で、すでに調子が悪いのは感じていたのですが、朝だからかな?とか安易でした。

いくら水分や、ジェルを摂取しても、全く体がいうこと聞かなくなり。

登山道入り、早々に、足が張ってしまい、ほんと体が動かず、抜いてもらう感じでした。

 

そんでも最初頑張ったからかハシゴも渋滞なく。

が・・・毛無山で完全に終わってました。

とぼとぼ下り、エイドへ。腹が減っているのかな?とおにぎり食べたりしたけど調子戻らず。

 

なんとなく風ごうろのガレガレ地帯へ。

まあ下りなのでまあ普通に下れますが、その後のゲレンデでもうダメでした。

第一セクションでやめるか、這い歩いてでも完走目指すか悩む・・・

 

【第一セクション終了】

もう半分ここでリタイアのつもりで長い休憩を。

体調悪いのになんか食べたくなるので、おにぎりなどムシャムシャと。

 

YUKIからメールないので、応援は来ないだろうと、一度第二セクションへスタートして、車まで戻り電話してみようと。

車で頭拭いたり休んで、電話。

どうやら予定どうり応援に来るらしい。第二セクションの通過に合わせて待っているとのこと。

息子も来るので、仕方ないからできる範囲で頑張ることに。

 

多少は調子も戻ってきた気がするが。ペースが上がらず。

そんでも息子が待っていると思い、できるだけ早く着けるように頑張ってみた。

 

第二セクション終了!!!

nozawa2

「ガンバレー」と応援してくれた。

折角なので大休止。

nozawa1

リクエストの冷やし中華と冷たいドリンクを!、息子は冷凍パイン。

ここまでくると完走だけは絶対しようと。

 

来るかわかんないけど、スタカ湖にいければ行くとのこと。

予定より1時間以上遅れていたので、暗くなるかもしれないから無理しないでと言い、息子の応援で第三セクション突入。

 

まあ暑いけど、第一、第二で温存したので、気にはならない。

標高上げれば涼しい風も通る。

だんだん調子が出てきたぞ!!

 

ほぼ歩き倒して、スタカ湖へ。

nozawa3

息子は車で爆睡中zzz。冷えたコーラとパインをYUKIにもらい!うまい!!!

元気が出た。

 

ここからは一気に調子が戻り、かなりいい感じ!!調子出るのが遅すぎでしたが・・・

エイド通過して下りへ。

 

が!!!!!ガスでメガネが曇り、地面が見えにくく・・・

なんてことないトレイルの下りで、ゴキッって、足捻る。

あたたたたと思うが、まあテーピングもしているし、まあすぐ痛くなくなるだろうと。

 

実際アドレナリンが相当出ているからか、ゴールまでもゴール後も痛みは全然微痛程度で大丈夫で。

まあなんとかどうにかゴ〜〜ル。

 

nozawa4

予定より30分ぐらい遅かったけど、なんとか完走できました。

まああの調子なら完走できただけOKかと思います。

 

知り合いの皆さんは速かったですね。

自分も久々の野沢温泉のレースでしたが、まあ苦しみながらも楽しめました。

 

長時間の間、主催者のみなさん、スタッフのみなさん、応援のみなさん、お疲れ様でした!&ありがとうございました!

選手のみなさん、雨と暑さと涼しさの山の全てを味わえて楽しかったですね!!

 

【が・・・・】

昨日はYUKIがお店に出てくれるとのことで、久々に息子と2人で一日お出かけしたりした。

公園や、買い物や、また公園へ。

なんか足首ちょっと痛いなとは思っていたけど、まあすぐ良くなるだろうと。

 

が・・・今朝。足が地面に着けない激痛・・・

ベッドから立ち上がれない。

う〜んあれだけ走れたので折れてはいないはずだけど、しばらく安静かな。

 

今年は怪我多いな。小指もまだリハビリ中だというのに。

幸いもうしばらくレースはないので、のんびり静養しようと思います。

 

 

明日・野沢温泉へ

明日は県内でもレースが多いですね。

小布施マラソン、おんたけウルトラ、野沢温泉、野尻湖とかもあるし。

 

自分は明日、3年ぶりに野沢温泉トレイルレース出てきます。

結構久しぶりですが、印象がかなり強烈なレースですね。

 

とにかく暑いイメージしかないです。

とにかくコースうんぬん以前に、暑いのがキツイ。

 

でも明日は曇りぐらいで、暑いとは思いますが、直射日光がきつくない分多少楽かも。

それでも30℃ぐらいはいくんだろうな。

 

【作戦は?】

特に何も作戦は考えていません。

ここ2週間、病院だの出張だので朝走れてなくて、調子は上がりません。

 

小指は、手術は回避して、リハビリ中です。

ガンガン、使って、曲げて、可動するようにしているので、普通に走れます。

まあそれだけは美ヶ原よりかなり気分的にも楽ですね。

痛みも日に日に良くなってきているし!

 

まあ熱中症に気を付けるぐらいです。

オーバーペースで、体がオーバーヒートしないようにすること。

ミネラルと水分をきちんと摂取すること。

あんまり暑いようなら首元とか冷やしながらはしるしかないですね。

 

2回スタート地点に戻ってきて補給できるので、凍らせたドリンクとかデポする予定。

やっぱ冷たいもの飲むと元気になります。

 

あとスタカ湖で自販機と売店あるので、前回はジュースとポテチ食べながら走ったかな。

第三セクションは小銭いるかな。

 

ゲレンデ上のエイドも充実していた記憶があります。

まあ食べるものは、おにぎりとかフルーツとかあったかな。

 

【コース】

第一セクションは攻め方が難しいです。

最初突っ込んだほうが、タイム的には有利です。

野沢温泉の街中と、林道である程度の位置にいると、滝の渋滞と、風ごうろ周辺でストッパーにつかまる確率が低くなります。

 

前回はかなりゆっくり入って、滝のとこはまあちょっとだけでしたが、

風ごうろの下りで、もう、ストッパーにつかまって、下りなのにトボトボ歩き状態で、かなりロスしました。

 

あとはゲレンデ走り中心で、ひたすら足の温存ですね。

 

第二セクションはある意味一番しんどいかも。

暑い時間になってきて、とにかく、ムワ〜〜〜と蒸し暑い。

あんまり風が抜けないんでひたすら蒸し暑い。

 

距離も高低差も大したことないんですが、なんかキツイセクションです。

小菅神社からの階段下りは温存しないと痛い目にあうかな。

 

第三セクションはひたすらゲレンデ内のロードとゲレンデ登り。

スタカ湖までは我慢。

直射日光が当たると地獄です。水浴びしながら行かないとやられます。

 

でもスタカ湖まで行くと涼しいです。(暑いけど比較すると)

自分のペースだとスタカ湖で15時ぐらいなので、ここからは結構気持ちよく走れます。

 

が・・・・かなりアスファルトの長い下りです。

 

野沢温泉は第三セクションが特に舗装路が多くなります。

テクニカルなトレイルがないので、シューズ交換してもいいかもしれないけど、自分は面倒なのでそのままで。

 

まあ第一、第二、第三とありますが、またそれぞれ違う雰囲気があるので、飽きないと思います。

 

まあ10時間半ぐらいでゴールできれば理想的ですが、まだそこまで体力が戻ってない気がするな。

まあまだ指も万全じゃないし、じっくりじっくり頑張ってきます。

 

あと今回はテスト依頼されている、エプソンの時計をテストするので、何年ぶりかな?レースで時計するの。

まあ腕にするのは嫌いなのでポッケに入れて走ろうかと思います。

 

【日焼け】

自分は肌が弱くて、すぐ真っ赤になります。

以前はVテープしてたんですが、Vテープの日焼け跡が残るのが嫌で使わなくなったんですが。

ちょっと最近膝に違和感感じることがたまにあり、使うかも。

 

ノースリーブは自分は論外です。

もう恐ろしいことになります。半袖です。

 

ちなみに息子は、地黒ですぐ真っ黒になります。

半日外にいるだけでクッキリと。自分より黒い。

息子は自分の血統ではなく、YUKIの体質みたいです。

自分の家系はみんな色白なので。まあ男の子は地黒がいいですよね。

 

明日いろんなレースに参加される方エンジョイしましょう!!

CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ENTRY(latest 5)
COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
qrcode
LINK
tag1

tag2

fbtag



trailmountain

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.